03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

干しちゃえ! 

あけましておめでとうございます。今年も月に2回程度の細々とした更新になりますが、当ブログを是非ご贔屓に、よろしくお願いします。


今年は正月から香港出張でした。そこで大好きな香港料理にまつわる話を。IMG_5001.jpg香港料理は異文化と交わることで磨かれてきた、見た目も味ももっとも洗練された中華ですが、根本は広東料理、つまり広州の料理と同じ。医食同源の考えに基づき、滋養によい素材を煮出したスープを最初にいただくところに最大の特徴があります。その核となるのが乾物類。香港島の西側、上環から少し歩くと、驚くほど沢山の干した食材が売られている街があります。


IMG_2223_20170111200407850.jpg日本で干した食材といったら、昆布、鰹、鰯、椎茸といった旨味の素か、おつまみやお茶うけになるナッツやフルーツを思い浮かべるかと思います。香港にももちろんどちらもありますが、とりわけ前者の出汁になる素材がいっぱい、店頭はちょっと息を止めたいくらいに匂うほど。写真はクリックすると大きくなるので、是非拡大してご覧下さい。


CBD49401-15BD-41DD-ACF2-0B4488570C77.jpgまずは茸類。椎茸は日本のものと変わりありません。それもそのはず、日本の種菌が持ち出されて栽培されているのだそうですから。また、キクラゲ(写真左下)、フクロタケ、キヌガサタケといった中華料理でお馴染みのもの以外に、ショウロも並んでいました(写真の椎茸の左側)。干して旨いのかは知りませんが。凄いのはマンネンタケ(写真右下)。霊芝(レイシ)と呼ばれる堅い茸で、漢方薬として使うのだと思います。そういえば冬虫夏草が見当たらなかったなあ。


43825A03-72BA-4B72-914D-BAEAD784219A.jpgBD6AE745-F475-48FC-85E5-CD9E5C0BA29C.jpg海産物はより種類豊富で、日本でも馴染みのあるシラス(左写真上中央)、烏賊(同写真左下)、海老(同写真右下)だけでなく、帆立の貝柱(右写真中央上)、鮑(同写真左下)に牡蠣(同写真右下)といった貝類も沢山。この、牡蠣の干物というのが素晴らしく、以前プレゼントにいただいたもので炊き込みご飯を作ったのですが、いやぁ、旨かった。店内に目を転じると、お馴染みの高級食材フカヒレやナマコが、容器に守られて陳列されています。すごい種類と量で、乾物屋の看板商品のようです。フカヒレはともかく、ナマコっていまいち中華圏以外には支持されてないし、そんなに美味しいとも思えないのですが...。


97FA770D-3409-4320-949B-F8E26C0069CD.jpgもあります。目を引いたのが日本産のキビナゴ(左写真上中央)。キビナゴは鹿児島で獲れる魚なので、交易上取り引きしやすかったのでしょう。日本みたいに鯵や鯖の開き干しはないものの、小型の鮃の干物は発見(同写真左下)。IMG_2217.jpgさらに、魚の骨(同写真右下)や皮だけも。レストランでは、揚げておつまみにしたり、煮込んで白湯スープにしたりというのをよく見かけます。そしてよくわからないのが右の写真、ヒトデ。何に、どうやって使うの?美味しいの?


E6F2A197-0326-4F75-BD36-12B6F900F94C.jpgナッツ類やフルーツはというと、クルミ(写真上中央)、カシューナッツ、そして杏仁豆腐に使うアーモンド(写真左下)、デーツことナツメヤシ(写真右下)はどこの店にもありますが、アプリコットやベリー類、レーズンは棚の端の方に追いやられ、故に、カラフルではなく地味な印象。洋梨やココナッツも見つけましたが、これらは干したらどんな味になるのでしょうか。かわったところではラカンカという果物。のどにいいということで、日本ではのど飴の添加物として使われているようです。漢方薬の材料はバクモンドウ(リュウノヒゲの根)なんかもありましたが、ナッツ類と並べられていたので、あるいは薬としてだけではなく食材としても使われるのかもしれません。


IMG_2219.jpgこんな具合に実にバラエティー豊富。流石「四つ足はテーブル以外、飛んでるものは飛行機以外、泳ぐものは潜水艦以外なんでも食べる」というだけのことはあると感嘆するのですが、それでもなお驚いたのは右の写真。うちの猫の未々乃介がたまに咥えてもってくるやつです。最初コウモリかと思ったら、ヤモリだそう。それをこの形に開き、オスメスのペアに重ね合わせて売られていました。いくらなんでもここまで干さなくたって...。いったいどうやって食べるんだろう?









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

年忘れに釣り上げタイ 

年末恒例となっている友人との釣り納め。今年は子連れではなく、釣り慣れた二人だけなので船に乗ることに。せっかくなのでいつものアジより上のレベルに挑戦、と調べてみると、鹿島灘のヒラメは魅力なものの、集合時間が軒並み朝の5時。この寒さの中、成田の自宅を4時までに出る自信がない。一方、東京湾で釣れているタチウオは対応できるクーラーボックスがなく、カワハギはレベルが高すぎる。ならば浦賀水道のマダイをと横浜の金沢八景に。


IMG_2075.jpg船宿は「弁天屋」さん。この時期もコマセマダイをやっている中で使ったことのあるのがここだったので。釣果を見ると、0〜3匹という日が多い。ビギナーの僕達は十分ボウズもある、ま、外道でもよしとしよう、という計算。でもやるからには釣りあげたいので事前勉強も。どうやら、棚とりがきちんとできるか、それも個人だけでなく船中みんなで、というのがほとんど全てを決するらしい。


船に乗ると、いつもと違う長い竿と重いビシに、使ったことのないロッドキーパー、そして大きなオキアミのコマセ。ちょっとビビる。さらに船長より説明があり、「海面からちゃんと棚をとること、きちんととれてない人がいたらすぐわかるから」と。えっ、底からとるのではないの、と驚くと、「ビシが底に当たる音でマダイが散ってしまうので、ダメ、絶対にダメ!」と厳しいお言葉。事前勉強にそんなことは出てこず、むしろ東京湾では底から棚をとると書いてあるサイトもあったのに。そして、マダイしか狙っていけないような気配。僕らはマダイ五目をとの目論見だったのですが、いやぁ、大変なプレッシャーだ。


IMG_2064.jpgただ、ベタ凪でしかも暖かく、出船してしまえば気分は最高、潮回りも大潮とあって絶好の釣り日和。そして「釣りビジョン」の撮影も入っていて、これだけ好条件揃えば案外すんなりいけるのではないかと思っていました。ベテランと思しき釣り客多数で、この人達が釣れ始めたら、僕達の所にも回ってくるはず、とにかく棚とりさえできれば、そう考えながらの釣りで、最初こそ8メートルもあるハリスに四苦八苦したり、船長にやっぱり棚とりで怒られたりしていましたが、それもなんとかすぐに慣れ...。


IMG_2097.jpg指示を忠実に守りつつ、繰り返し仕掛けを落とすも、全く反応がなし。それも僕らだけでなく船中全員。玉網を持つ船員さんも、「釣りビジョン」のカメラマンさんも、手持ち無沙汰。IMG_2077.jpg2時間以上経過して、ようやく年配の釣り師の竿がしなり、網もカメラも駆け寄るも、大アジだったりフグだったり。それも単発。友人もマサバを釣り上げましたが、サバがかかるということは棚が指示より浅いわけで、船長に怒られないかと小さくなってました。が、僕にはむしろ羨ましいくらい。多少上げたり下げたりしてもあたりはないし、針先のオキアミは綺麗についたまま。


10時半からの上げ潮で変わるかもと期待するも、状況は変わらず。次第に船長も、棚の指示と、反応ないので移動します、の2フレーズだけに。声の張りも心なしかなくなっていったような。


IMG_2087.jpg午後になっても変化があったのは風が強くなり波が出てきたくらい。つまりは、おまつりが多発するようになっただけ。次第にどこからともなく、これは渋いなんてもんじゃねぇ、という恨み節も出るように。船を囲む海鳥が煩くなったのと対照的に、船長は気配までしなくなる。IMG_2090.jpg僕の横では、友人がコマセの撒き方でも変えたのか、小アジを2匹釣り上げてますが、僕ももうそっちでもいいかなと、閉めていたビシを開き気味にしてこまめにコマセを出す投げやりムードへ。とすかさず、おまつりなのかあたりなのかわからない重さを感じ、巻き上げてみると、40cm程の太ったマサバが、友人の仕掛けと絡み合って上がってきました。いやぁ、さすが浦賀水道の寒鯖、お腹が白くパンパンに張っていて、旨そうなんてものじゃない!とりあえずどっちにかかったのかは脇へ置き、友人が魚を引っこ抜き絡んだ仕掛けに対処してくれている間に、僕はそのサバを締め、血抜き。そして記念撮影。いやぁ、嬉しい、最初からサバにしとけばよかった、というくらい。


結局、8時間でそれだけ。マダイはなんと船中ゼロ。後でサイトで釣果を確認しても「型を見られませんでした」という珍しい書き込みが。船宿曰く、腕利き揃いの面々に恐れをなして逃げてしまった、とか。あるいは休みに入って帰省したとも。でも晴れた暖かい日に海面を眺めながら釣りをするのはそれだけで気持ちよく、たぶん友が釣ったサバも譲ってもらい、ベテランさんから大アジもいただいて、一応手ぶらで帰らずにすみました。弁天屋さんも、流石老舗という肌理の細かさで、特におばちゃん達の応対が良く、釣れなかったけれどまた来たいと思わせる船宿でした。是非またチャレンジしたい。


IMG_2120.jpgIMG_2118.jpg正月用のマダイ確保とはならなかったけれど、実りのないところにさえ喜びを感じてしまう僕らしくていい、とも思えた2016年の遊び納めでした。〆鯖と鯵のたたき、そしてあら汁、とても美味しかった!









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 3   

サンタの後を、ペダルを漕いで 

カンタももう11歳。サンタクロースがいないのは知っている前提で、今年のクリスマスには何が欲しいか尋ねたら、自転車、と。今使っているのはショーゴのお下がりの26インチ。近所の自転車好きの腕利きのお兄さんに何度も直してもらいながら使い続けてきましたが、全体的に錆つき、サドルはデコボコ、ペダルは曲がり、限界だなという状態です。そこでサイクリングがてら一緒に買いに行きました。


IMG_2012.jpg同じような少年向けの大きな自転車をと探し出したら、お店の人に、あと1年で中学生なら大人用の26インチの方が良いと薦められ、もっともだと。そうして古いのと引き換えに得た黒いシティサイクルに颯爽と乗って二人並んで帰ってきたのですが、そうか、もう子供ではないのだ、という気持ちにも


P1030004.jpg思えば僕は、子供達へのプレゼントに自転車を選ぶことが多かったと思います。最初はショーゴが3歳だった11年前のクリスマスでした。生まれたばかりのカンタの面倒を実によく見てくれる頼もしい兄貴だった坊やが、朝起きて枕元に立派な自転車が置いてあるのに大喜びだったのを昨日のことのように覚えています。その自転車は、結構長く補助輪付きで活躍してくれたはず。


P1060666.jpgカンタに最初に与えた自転車、こちらははっきりとした記憶がないのですが、ご覧の通りサドルに跨りおどけるカンタは2歳半の頃。P1060043.jpgその後、弟はお下がりで済ませることが多く、ショーゴの最初の自転車は3年後にはカンタのものとなり、ショーゴには新しく赤いマウンテンバイクタイプの自転車を。それが確か2009年のクリスマスプレゼント。う~ん、なぜかその時の写真がなく、半年以上たったのが右の写真。


DSCN0437.jpg
一方、カンタにはもちろん外していた補助輪をもう一度つけて渡したのですが、彼が乗っている姿を見ていると、補助輪が地面に接していない時間が長い。ひょっとしてと外してみたら、その瞬間から乗れるようになったことに、とてつもない運動神経の持ち主ではと驚いたものです。僕自身、小学生になってから結構苦労して乗れるようになったんだけどなぁ。左はその2009年の晩秋、わずか4歳。


Image769.jpgそしてそんなカンタに専用の青い自転車を買ってあげたのが翌2010年、5歳の誕生日。IMG_2002.jpg初めて手にする新品に大興奮。ショーゴのレッド、カンタのブルー。よく似た自転車を並んで走らせ、虫やきのこを見つけに林に入っていったものです。ところが子供達の成長は思いのほか早く、二人にとってその2台はすぐに小さくなってしまい、2年後、2012年のショーゴの10歳の誕生日には、赤い自転車はカンタに下ろし、ショーゴには新しく少し大人っぽい自転車を。その赤い26インチが右の写真で、今回、カンタが乗り潰したもの。


今ショーゴが乗っているシティサイクルは僕の母からのプレゼントですが、それを除いてもこの10余年のクリスマスや誕生日のプレゼントに、計7台の自転車を買ってあげたことになります。そしてついに、僕と変わらない大人の自転車になってしまいました。嬉しいような淋しいような。


ところでカンタに、サンタクロースはいないっていつ頃知った?と尋ねてみたら、予想外の答えが。「幼稚園の年中組の頃から知ってたよ、いないんじゃないかと思ってショーゴに聞いた、でもお父さん毎年楽しそうにしていたから、知らないふりしてた」だそうです。子供は親の知らないうちに、知らないところで成長していく...。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

25年ぶりの三田祭 

先週末は、母校の学園祭「三田祭」に息子達と行ってきました。毎年、覗いてみたいと思ってはいたものの、深いつながりの所属もなければこれといった目的もないため、疎遠なまま。在校時でさえ積極的には参加しておらず記憶にあるのは大学1年生の時なので、25年ぶりではないかと思います。高校受験まであと3ヶ月を切ったショーゴに何か刺激を、という思いがきっかけでしたが、一番はしゃいだのは僕かも。


IMG_1669.jpg学園祭どころか、大学に足を運ぶのも20年近くぶり。今の職場は三田キャンパスからそう遠くはなく、三田駅も通勤経路上にあるのですが...。そんな愛校精神の希薄な僕も、駅を降りると自然と胸が高鳴りました。界隈の変容に驚きつつ、足取りも軽やかに正門である南門へ。と、そこには僕の知らない、ガラス張りの大きな建物が。そうか、南校舎建て替えられたんだ、と驚きはしたものの、それ以外は以前のままの面構えなので、割とあっさりと受け入れられ、いざ、中へ。


IMG_1671.jpg日本中の大学祭で1日あたりの入場者数がもっとも多いと言われる人混みをかき分け、階段を上ると、そこに広がっていたのは、僕の学生時代となんら変わらない風景。懐かしい!しかも不思議なことにそこに漂う匂いまでが昔と同じ。一気にノスタルジックな気分に浸りました。


祭を盛り上げている皆さんは、僕よりも20歳以上若い学生達。彼らには僕は、少年2人を連れたずっと歳上のお父さん。が、僕には彼らが、ほんの少ししか歳の離れていない後輩達にしか思えません。まるでつい最近までここに来ていたように錯覚します。もっとも、僕らの頃に比べて、皆さん揃って清潔感に溢れ賢そうに見えます。薄汚れた上着をだらしなく着たおじさん臭いっぱいの男や、ド派手な化粧をして髪をソバージュにまとめたイケイケ姉さん、なんてのはいません。今年世間を賑わせた事件を起こしましたが、少なくとも僕の目には、僕の頃よりずっとまともに映る学生さんばかりでした。そうそう、カンタがカープ帽を被っていたので、声をかけてくれる学生さんも多かったです。なんたって、この秋の我が広島東洋カープのドラフト1位加藤拓也投手は、今、このキャンパスに在籍中なのですから。カープに入る後輩が出るとは、本当に嬉しい。頑張れ、加藤君。


IMG_1672.jpgキャンパスの中を一通り回った後、OBの強力な母校ならではのお得な福引きをしたり、屋台のたこ焼きやハンバーガーを食べ歩いたりしながら、気の向くままに色んな教室を覗きました。写真展、似顔絵、性格診断、マジック、落語、芝居...。みんな僕らの頃にもあったものだけれど、やっぱり僕らよりもうまいような。さらには、当時はなかったものもありました。世界大会レベルのペン回し、すごいものがあるものだ。


IMG_1675.jpgあるいはずっと机の上の勉強だけをして来て、今も勉強しかしていない学生もいるのかもしれない。でも、そうじゃない面白い学生もたくさんいる。むしろ色んなことに興味を持ち、好きなことと真剣に向き合っているからこそ、頭が柔らかく、キラキラ眩しい。きっと、息子達はそれを肌で感じてくれたことでしょう。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

香港の「の」 

10数年前、前職でその魅力に目覚めたものの、行く機会が年に1度あるかないかになっていた香港。再び縁あって今年、香港に2ヶ月に1度の割合で訪れるように。いつ行っても刺激的で、楽しく、香港担当は、本当に嬉しい。今日はその香港の話、香港の「の」の話。の?


中国大陸や台湾ほどではないものの、香港の街を歩いていると結構日本語を目にする機会があります。IMG_0538.jpg日本企業にとっても一大マーケットですし、日本への関心が強い方も多いので、当然といえば当然。例えば空港に降り立ってすぐ飛び込んでくる日本語が右のこのお店、「優の良品/AJI ICHIBAN」ではないかと。日本人には少し不自然に感じるこの店名は、狭い香港に100店以上あるというだけあって、至る所で目に入ります。香港企業のお店なのにあえて日本語を使ったのは、もちろんそれが香港人に魅力に映るからですが、その中でキーとなっているのは、間違いなくひらがなの「の」。


IMG_5032.jpg日本が好きな香港の友達によると、漢字の中に混ざり込む、日本独自のひらがながまずとても良く見えるのだとか。とりわけ漢字にはない丸みの部分が良いらしく、文字全体が丸い「の」が一番可愛く素敵なのだそう。となると、当然マーケットではその「の」を活用しているシーンが多く見られます。例えば左の写真。IMG_4153.jpg高級感漂わせたレストランの店頭ポスターは、ひたすら漢字が並ぶ中、たった1文字だけ入っているひらがなの「の」。これを入れたくてつけたタイトルという匂いがプンプン。こちらの「〜の選」という言い方は、僕達にはどこかおかしいもののとても便利らしく、日本の「元気寿司」もご覧の通り。言いたいことは伝わるけれど、高校生の英文和訳みたいなぎこちなさがあるのが面白い。


IMG_5033.jpgこちらは吉野家。やはり漢字を並べた中に少しだけ入れたひらがな、そしてマストアイテムの「の」。どこもおかしくない極めて真っ当な日本語になっているのは流石、グローバル企業吉野家。もっとも、「鯖の塩焼き」に「手作り鍋」、牛丼はどこへ行ったの?という話ではありますが。


IMG_0532.jpgIMG_0533_2016110321371139a.jpg日本の企業でさえ使ってしまうくらいですから、それ風に見せかけている香港企業となると使うのがもう必然で、カフェもラーメン屋もご覧の通り。どうやら4文字でタイトルをつけるのが最も注目されやすく、その内の1文字を「の」とするのが王道のようです。Homepage_News.jpg英語のofと同じ働きがあるというのは知っていて、それを念頭に言葉を作っているらしく、右のように言葉の前後を間違ってしまい(「季節限定の生姜シリーズ」ですよね、正しくは)、しかも「の」を目立たせたい余りに行替え箇所を間違えている、という例も。日本人いないんだろうなぁ、この会社。


IMG_4158.jpgそして、なんと世界のマクドナルドまでが、「の」に頼る。なお、「抹茶の旬」は一応秋とされていますが、この写真を撮ったのは真夏...。IMG_4175.jpgつまりは意味よりもまず「の」を入れることを考えた上でのコピーなのでしょう。それだけの威力を「の」は持っているとみていいようです。さらに下町の雑踏を歩いていたら右の看板も見つけました。足裏マッサージのお店のようですが、訳も分からず強調されている「の」。


DSCN4541.jpgIMG_0685.jpg香港までは成田から5時間ほど。航空チケットはANAで5万円程度で、LCCだと3万円台から入手できます。日本が寒くなるこれからがベストシーズン。皆さんも是非、愛される「の」を探しに香港へどうぞ。写真は空から写した香港中心部と、お薦めの和カフェ、「抹茶館」。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0