FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

幸せの黄色いタマゴタケ 

15日、IMG_1521.jpgカンタと2人、那珂川流域で遊んできました。剣道の部活に燃える中2の彼は、次週の中学総体県予選を控え、ここのところの週末は稽古三昧。ただ、夏恒例のミヤマクワガタと茸採りをしたい気持ちは捨てていません。身体の疲労をとるためにピンポイントで休みとなった3連休最終日、体は大丈夫、それより心を休めよう、緑と清流を浴びようと遠出することに。


車中はひたすら剣道の話となったのは流石で、僕も楽しく聞けたので、現地までの運転が楽。日照時間の記録的に少ない雨続きの空も、なんとか持ちそうという感じに。今日が彼にとって今年最初で最後、僕にとっても最後となる北関東での夏遊び、10時過ぎにキックオフ。


IMG_1539.jpgただ、連休最終日だけあり、先行者やライバルの影がチラホラと。特に入りやすく手入れされた美しい雑木林は、ことごとく空振りに。たまに採り残しを見つけますが、ほとんどがノコギリクワガタ。お目当てのミヤマクワガタは、♀より先に出てくる小型の♂を4匹捕まえただけでした。もっとも、ノコギリクワガタも♂ばかりでしたし、カブトムシは姿を見なかったし、いつもならすでにこの時期賑やかなニイニイゼミもヒグラシも、ほとんど鳴いていなかったことから、夏の到来自体が半月くらい遅れているようにも思えました。この仮説が正しければ、今年はカブトもクワガタも梅雨が明ける頃一斉に出現、子供達にはいつも以上に捕まえやすい夏休みになるはずです。


IMG_1523.jpgなかなか採集に至らないけれど、こうして緑溢れるフィールドで目一杯汗をかくことそのものが楽しい、今日は採れるか否かは問題じゃないね、と色々な場所を巡りました。大きなミヤマクワガタの実績がないため最近は足が遠のいていた林にも、久々に寄ってみることに。と、車窓からもはっきりとわかる実に鮮やかな黄色の大きな茸が!


IMG_1527.jpg毎年記事にしているタマゴタケがそのまま黄色くなった姿のキタマゴタケです。このブログ初めての登場、そもそも見つけたのも2回目で、前回は13年前のことです。まだ歩くのも覚束なかった赤ん坊のカンタを家に置いての、長男ショーゴと初めての2人での遠足の折のことでした(右写真)。当時、すでに茸マニアとなっていたショーゴに対して、僕は全く興味がなく、P1030759.jpgタマゴタケだ!初めて見たっ!、と大興奮の幼稚園児に、へー良かったね、としか言えませんでした。茸に興味を持ち、このブログを始めたのはその2年後のこと。赤いタマゴタケを目にする度に僕も感激するようになりましたが、そういえばあの最初に出会った黄色い奴を見たいなぁと探しても、全くでした。なんでもキタマゴタケはタマゴタケに比べかなりレアで局所的に生える茸のようで、ハンディな図鑑にはあまり載っていないし、千葉県では発生例がないのでは、とも言われているようです。


IMG_1529 (1)IMG_1522.jpg同行しないで大学受験の勉強をしているショーゴに写真を送り、感動を共有。前の写真と見比べると、今回の方が大小様々な形があるし、ちょうどその時は晴れ間も見えて、より艶やかな感じ。1時間ほど前に撮影した普通のタマゴタケと並べてみれば、どちらもその輝きはさらにアップ。こんな鮮やかな色が何もないように見える地面から卵を介して生えているというのが、なんとも神秘的。


タマゴタケは食べてもあまり美味しいとは思えないというのが我が家の見解なので、採取はせず。代わりの茸の収穫もなく、虫の方も前述した通りでしたが、これは幸せの吉兆に違いない、そう感じさせるようなキタマゴタケとの遭遇でした。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!






Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ひとりで夏遊び 〜その2 野いちごと木耳〜 

クサイチゴの収穫に向かうと、IMG_1324.jpgIMG_1323.jpgありました、赤い果実がこれでもかと。うわぁこんなに、と喜ぶと同時に、果たしてどれだけ採れるのかと不安にすらなる、すごい群生。状態の良いものだけを片っ端から選んで採っていくこと1時間、とてもとても全部は無理、と諦めたのは、持ってきたタッパーがいっぱいに埋まったから。これだけあれば結構な量のジャムができるはずです。


ただ、なぜここにはこんなに群生していて、しかも実が採れ易く上を向いているのだろう、他の林では足下、それも隠れるように生えているのに、と思った時、IMG_1331_20190702215359ce0.jpg実自体も少し違うのに気がつき調べてみたら、三又に割れかかっている葉の感じや、背丈以上までしかも藪のように生えていることから、クサイチゴではなくニガイチゴ、という別の野いちごと判明。去年のブログでクサイチゴと書いたのもこのニガイチゴでした。ニガイチゴ、といっても食べてみたら苦くなくて一安心。何年も同じように通い続けたフィールドで、またひとつ賢くなった、とささやかな喜び。ただ、少年は老い易く...。


クワガタと野いちごが採れたので、あとは茸。ただ、ここまでの林ではベニタケの仲間が少し生えていた程度で、IMG_1348.jpgIMG_1344.jpg明らかに時期尚早。なので難しいかなと思いつつ、夏の初めに多いムラサキヤマドリタケがよく見つかるところへ行ってみたら、やはりまだでした。が、ここでは以前キクラゲを見つけたなと思い出してあたりを見てみると、なんとなんと、見事なキクラゲが2本の枯れ木にいっぱいに。状態のいいところだけを切り取って採りましたが、帰宅後測ったら400g以上もありました。


IMG_1357.jpgIMG_1365.jpgクサイチゴとニガイチゴ、そして1粒のモミジイチゴも、同じく400gありました。その日のうちに塩水につけて虫出ししてからよく洗い、重量の45%のグラニュー糖を加えて冷蔵、翌日煮立て、レモンを種ごと加えて火にかけ、15分程弱火で煮込んでジャムに。甘酸っぱい綺麗な紅色のジャムが、中型のジャム瓶1つできました。IMG_1366.jpgキクラゲの方は、丁寧に石づきや汚れを削り取った後、水洗い。すぐに食べない分はそのまま冷凍庫へ。当分持ちそうです。









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!



Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ひとりで夏遊び 〜その1 ミヤマクワガタ〜 

夏至の先週末。今までだったら、すわ夏が来た!とクワガタと茸を採りに一緒に家を飛び出した息子達も、片や受験を控えた高校生、片や剣道部に忙しい中学生。僕も彼ら、特にカンタの部活アテンドに忙しく、今年はなかなか都合がつきそうにありません。そんな中、金曜日に代休が取れたので、ひとりじゃなぁとは思いながらも行ってみることに。息子達を学校へ送り出し彼らの夕飯の支度をした後、9時前に出発。場所はもちろん、いつもの那珂川流域。狙いももちろん、ミヤマクワガタ


栃木県茂木町に着いた時にはもう昼近くになっていました。例年だとミヤマクワガタにはやや早く期待は薄いし、息子達もいないので、あまり深入りしたり丹念に探ることなく、主だったポイントをざっくり周ることに。ただ新緑の中で気持ちよく汗をかければそれで良かったのですが、時おり霧雨も吹く肌寒い天気で、歩き回るのにちょうど良い具合でした。


IMG_1297.jpgいきなり期待の木々が切り株になってしまったのを見、出鼻を挫かれるスタート。でも、過去実績のある木を中心にゴム鎚で叩いていくと、たまに虫が落ちてきます。が、息子達という相棒がいないので、下草の中に落としっぱなしでなかなか捕まえるには至りません。IMG_1303.jpg彼らが生まれる前や幼かった頃もこんな具合に非効率だったよなぁというノスタルジックな気持ちに。30分程かけてようやく拾えたのはこの一帯ではミヤマよりも早く出てくるノコギリクワガタでした。また、コクワガタも何匹か目撃。


IMG_1319.jpg一昨年の夏、クサイチゴという野いちごを見つけ、去年にはたくさん採れる場所を見つけたので、今回はそれもしっかり狙います。最初の林では地べたを這うようにして生えるクサイチゴがちょうどいい時期らしく、ポツリポツリと。後で群生している所に行くのが楽しみに。


IMG_1316.jpgIMG_1339.jpg次のポイントを探ると、予想外にミヤマクワガタの♂が採集できました。しかも5cm半ばながらエゾ型と基本型の中間のような長く立派な大顎を持ったかっこいい個体。シーズン初めは小型の♂が多く、このサイズは珍しい。


この林にもクサイチゴが生えるので期待したものの、こちらは空振り。IMG_1322.jpgただ、黄色い野いちごを見つけました。調べてみたら葉が紅葉の形をしているモミジイチゴのようです。日本のワイルドベリー類で最も美味とあったので、周りをさらに探しましたが、生っていたのはわずかこの1粒だけでした。


さらに那珂川沿いに数十メートル山を上ったところ、ここは僕のポイントの中では今なおミヤマクワガタが優占種となっている貴重な場所ですが、木を揺すっても無反応、樹液にも姿を見ませんでした。たぶんちょっとの差ながら、標高がある分涼しいからだと思います。それも予想内、すぐにターゲットを野いちごに切り替え、去年たくさん収穫した場所に行ってみると...。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!





Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

Tag: ミヤマクワガタ 
tb 0 : cm 0   

最強のテニス同好会 

高3の長男ショーゴ、硬式テニス部を引退しました。入学入部したのはつい先日のように感じるのですが。最後の高校総体は、個人ダブルスで地区大会優勝、シングルスは同3位、そして団体でも3位となり、晴れて千葉県大会へ。が、県大会ともなると、成田界隈で屈指の力でも、プロの卵達を擁する都会の私立高校には全く歯が立たないそうで、一番期待のダブルスは初戦、シングルスと団体は2回戦敗退でした。


父は、次男カンタの剣道とは対照的に、彼のテニス部の活動は全く知りません。兄弟を公平に扱いたく見たいなぁという思いもありましたが、見ないで欲しいというのが本人の希望。そもそも僕自身テニスに興味がないのもあって、最後の最後、引退試合となる団体戦が入学直後以来の観戦となりました。


IMG_1102.jpg会場の千葉県総合スポーツセンターに着くや否や人混みからすぐにショーゴ発見、弁当と水筒を渡そうとしましたが、人違いでした。で、よく見ると、体型、髪型、歩き方がそっくりの選手があちこちに。中学時代にはやや太めでがっちりとしたショーゴでしたが、最近食べる量が減ってスリムな筋肉質、とりわけ下半身が細身に。髪型は今風のマッシュ、歩き方もなんか独特。まぁお年頃だから放っておこうと思っていましたが、これが男子硬式テニス部ならではの仕様だったのかと理解しました。結局息子を見つけるまで30分を要しました。


IMG_1113.jpg彼らの側に行ったら嫌がるはずなのでひとり木陰で待機しますが、試合どころかコートも決まらず待ちぼうけになること2時間。やっと始まった1回戦。相手も公立の強豪校だけれど勝てる、と聞いていましたが、赤いシャツ着た30人くらいが固まって大きな声援を送る対戦校に対し、こちらは選手までもがどこかみんなダラダラとした雰囲気。剣道を見慣れている僕は、あ〜これはダメなんじゃないかと。案の定、ショーゴは、相手エースとのシングルスで得意のサービスエースがたまに決まる以外、あまりいいところなく敗退。沸き立つ相手陣を遠目に、こんなものなのかと思ったのですが、そこからが不思議で、ダブルスで接戦をものにし同点に、そしてショーゴのチーム内ライバルでダブルスではペアを組むK君が、キレキレのテニスを見せ、シングルスで圧倒、なんと2回戦に。敗れた相手校が試合後、ザ・青春というキラキラした引退式をしていたのが申し訳なく感じる程の、熱意や緊張感、そして結束力はあまり感じない、独特の軽い空気感の息子達。


IMG_1134.jpgIMG_1120.jpgさらに2時間以上経った2回戦の相手はシードの私立強豪校。淡々とした息子達も自分達で一応勝つ道は探ったらしく、絶好調のK君をシングルス1番手に回し、ショーゴはダブルスへ。ところが向こうのエースがダブルスに回ってきて、息子達はほとんどなすすべなく惨敗、K君は前半大きくリードも後半崩れてしまい、そこまで。3年生はこれで引退、涙、涙の...ということには全くならず、かといってやりきったような笑顔でもなく、なんなんだ、これは?


夜、打ち上げをしながらショーゴが説明してくれたのは、中学時代にソフトテニスで実績あった凄い選手が揃い、最初は強いチームになるぞという期待やレギュラーになれるかという不安があったそうなのですが、良くも悪くも個人プレーヤーの集まりで学校ではあまり練習することなく、段々と緩い雰囲気になってしまったそうな。しかも、必死に練習している近隣の学校には申し訳ないことに、それでも勝ってしまうので、そのムードが強まりこそすれ修正されることなくここまできてしまったのだと。いうなれば「最強のテニス同好会」、なんだとか。


そんなこともあって僕にも見に来るなということだったようです。普段の生活でだらしないところがあり、しばし僕が怒鳴り声を上げることになるのは、テニス部の活動に原因あるなぁとわかったのですが、ただまぁ、本人はむしろこういう緩い部活で助かったと振り返っているし、個人としては非常に熱心に取り組み、最高成績で千葉県ベスト64、順位でいうと6000人くらいいる中で100位くらいになれ、楽しかったそうなので、それで良かったのかな、とも。


さ、この先は、テニスにぶつけた熱意や負けん気、学んだプロセスを大学受験にしっかり活かして。そして家族生活にももう少しきちんと向き合って欲しいなぁ。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!




Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

悠々自適な大型連休 

10連休は野球観戦、自分の剣道稽古、船釣り、海遊び...。日頃なかなかできないことを一通り楽しめました。

 
IMG_0844.jpg野球は10年以上ぶりに神宮球場のカープ戦に。大奮発して6000円のチケットで観戦も、ピッチャー陣がセットポジションなのに10個も四球を出すという醜態を晒したのはガッカリでしたが、屋外で生で見る野球はやはり良いものです。特にホームランのボールの軌道を追えるのは、スタジアム観戦ならでは。チケットの入手の難しさ、今の価格、それにもかかわらずの超満員にはとても驚きました。
 

剣道の稽古は2カ月ぶり。例によって左足裏と右足の親指に血豆ができ、痛い思いをしましたが、いい汗をかけました。もう1回行くつもりが、息子の方の錬成会が長引き、断念。次行けるのはいつだろう。

 
IMG_0886_20190512150041e2e.jpg船釣りは1年ぶりに船宿「内木丸」のホゴ釣りに。息子達はもうついてきてはくれず、友人と2人で、IMG_0931.jpg夕方から4時間程、羽田沖で飛行機を見ながら釣り糸を垂れました。天気もよく、中潮の海は凪ぎ、絶好の釣り日和でしたが、釣果はリリース含めても20匹とあまり数伸びず。型も20cmちょっとまでで大物は上がりませんでした。ただ、味は流石カサゴ、美味しかったぁ。

 
IMG_0903.jpgIMG_0909_2019051215004453c.jpg鹿嶋の海にも行きました。カサゴの内臓と、釣り餌を作る時に出た秋刀魚のあらを使ってヒラツメガニ釣り。久しぶりだったのでコツを掴むのに少し時間がかかりましたが、岸辺の横へ流れる潮の向こう側に落とすようにしてからは、コンスタントに水揚げ、3時間程で計14匹を採りました。IMG_0949.jpg何より人がいない大きな渚で、潮風に吹かれ、波の音を聴くのは気持ち良かった!カニは潰して味噌汁とトマトクリームパスタに。濃厚な蟹の旨味と香りが最高。ヒラツメガニは小さいので、このように砕いてソース状にしていただくのが一番だと思います。

 
IMG_0921.jpg他にはカンタの剣道錬成会見学、庭作業、普段手が届かないところの大掃除、と有意義に平和に過ごしましたが、その穏やかな休日に風穴を開けるような事件を起こしたのが三男坊の未々乃介。騒々しく、何か咥えて帰ってきたと思ったら、なんと赤ちゃん兎。彼に噛まれたのが致命傷となり、ほぼ息絶えた状態。IMG_0925.jpg生温かい身体にごめんねと声かけるしかなく...。息子達も動揺、哺乳類の死を間近で見たのは初めてだとか。庭に穴を掘って葬ってあげました。未々乃介は、自分には休暇なんて関係ない、毎日が戦いだ、とでも言いたげなドヤ顔でした。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!




Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0