06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

まず材料の準備から 

それでは、ごく一部のファンの皆様?のお声にお応えして、『若鶏のロースト、アミガサタケのクリームソース』のレシピ&工程完全公開!

最初に材料を準備しよう!

2週間以上干したアミガサタケはこんなに小さくなりました。

下の写真は比較のための、採った日のアミガサタケ。
DSCN1219.jpg

P1060672_20100430203041.jpg

半分以下の大きさです。実は、僕は家の周りでフレッシュを見るまで乾燥しか見たことなかったので、この茸はこれくらいのものだと思ってました。生を見た時は驚きました。w

この小さくなったアミガサタケを、半日くらい水に浸けて戻します。砂をかんでいるので、よく洗うべし。戻したら戻し汁は布濾しし、茸は大きさを揃えるために、大きいのは半割くらいに。ここで、もう1度悔いのないよう洗う。

他に使う材料は、だいたいこんなところ。

アミガサタケクリームソース2
(写真行方不明(>_<))

アミガサタケと同じくらいの量のマッシュルームは、4等分くらいの厚切りスライス。なんで入れるかというと、茸は2種以上を混ぜた方が相乗効果でおいしくなる(とぼかぁ思う)のと、マッシュルームは洋食の万能の旨味成分なので、これを入れておくと味に落ち着きや安心感が出るから。

アスパラガスは下の方の皮が固いところだけ薄く剥く。レストランではかなり上の方まで削ってしまうけれど、家庭では食物繊維も大事だし、そもそも最近のアスパラガスはそんなに皮が厚くないので、僕は家では下の方しか削らない。今回は盛りつけのデザインを考え、その皮を剥いたところをカットしておいた。当たり前のようだけれど、どう盛りつけるかを先に考えないとパーツの形は決まらない

あとは辛口の白ワイン。甘みが欲しくなれば足すことなら後からできるわけで、ベースには甘くないワインの方が使いやすい。我が家ではサントリーの『クリアドライ』というイオンで一番安いワインを料理用に買っている。

そして、ホワイトシチューのルゥ牛乳。市販のルゥはなんで使うのか?それを説明するために、リクエストのあった?ソースについてちょっと脱線。

フレンチのクリームソース
は、

香味野菜ワインチキンブイヨンなどのだし生クリームバター

で作る。でも、普通に売られている顆粒のブイヨンは塩気が勝っていて手を加えにくいし、自作するには時間もお金もかかる。生クリームとバターはまだ日本では馬鹿高い。そこで、チキンブイヨン+生クリーム+バターの部分を、ホワイトシチューのルゥ牛乳で代用することにしたわけ。これなら、牛乳で調節するだけで簡単に味も濃度もいい塩梅に安定するし、何より廉価だ。フレンチを家庭でお手軽に作るには是非オススメしたい手抜き。お料理本に「チキンブイヨンに生クリームをなんちゃら」と書いてあったら、こっちになさい。じゃないと家計が(そして恐らく味も)大変なことになるぞ!今回はハウスの『こくまろ』12ブロックのうち3ブロック、つまり1/4箱しか使わなかった。これに牛乳が200ccくらい。ちゃんと作ったら500円は下らないところを、100円もかかかってない。

なお、『こくまろ』にした理由はたいしてない。ハウス食品が好きなのと、チキンベースのシチュールゥであったことはあるけれど、正直言えば、似たようなものならなんでもいい。

他に材料は、胡椒(白)オリーブオイル(ピュア)、そして後で明らかにする秘密の、でもあなたの家にもきっとあるスパイス

なお、タイム、パセリ、イタリアンパセリも僕は使ったけれど、これは今の季節、我が家の庭にふんだんにあるから。あるにこしたことはないけれど、なくてもいい。わざわざ買って来るならば、苗を買ってきて植えてからにした方がいい。

奥の方に水にさらしてあるのは、トッピングの白髪ネギ。飾りなのでここは色々遊べる余地があるけれど、僕は基本的に、見た目重視で味は二の次という装飾が好きじゃない。今回は鶏の歯ごたえ、アスパラのポキッとした食感、クリームソースの組み合わせから、シャキシャキしたアクセントが欲しかった。で、鶏にはやはりネギでしょう。お皿全体をイメージして、少し黄色系の色があったらしまるな、と、黄色ピーマン人参も同じように細切りにして混ぜた。白髪ネギ3:黄色ピーマン2:人参1、くらいの割合。この辺はその人のセンス次第。トマトの薄い輪切りにオリーブオイルを塗り、オーブンでパリパリに乾かして金色の帽子みたいに添えるのでもお洒落だし、味もあうと思う。

うわ、食材の準備だけでこの字数。倉が出てなかったから仕事がはかどった。

そうそう、ネットで乾燥アミガサタケを調べてみたら、とんでもない値段でした。我が家はしめて3000円分くらい採って来たらしい。




記事が面白かったらクリックして下さい!

関連記事
スポンサーサイト

Category: 料理

Thread: 料理

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

No title

『若鶏のロースト、アミガサタケのクリームソース』
素敵なお料理
すばらしいレシピですね
美味しそう

有り難うございます

ryuji_s1 #.FTrCIao | URL | 2008/05/20 14:12 [edit]

>ryuji_s1さん

ryuji_s1さんご来訪ありがとうございます。

まだまだ材料を集めただけです、お楽しみに!

ガビー #- | URL | 2008/05/21 21:24 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/8-15491012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)