10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

晩秋の茸、ムラサキシメジ 

秋の終わりにもなると見かける虫の姿はめっきり減りますDSCN0610.jpg夜は何の鳴き声もしなくなってしまいました。春に蛙が鳴き出して以来ずっとあった生き物の声が聴こえなくなるというのは、なんと寂しいこと。日中、草むらを歩いていても、飛び出してくるのは成虫で冬を越すツチイナゴだけ。他のバッタ類はすでに息絶えてしまったのでしょう。オオカマキリの♀を見つけたのですが、これから産卵するにも関わらず、餌が十分には確保できておらず空腹のようです。彼女は果たしてお腹を満たして、大仕事を果たすことができるのでしょうか。


茸も同じで、数がグッと減り、特に、大きかったり派手なのは木から生えるものだけになりました。地面から出て来るのは、よく目を凝らして初めて見つかる小さく地味なものばかり。


そんな中、淡い紫色をした美しい色の茸が、針葉樹とシラカシの木が混ざった林の、積もった落ち葉の中から生えていました。DSCN0603.jpgDSCN0604.jpg種類が少なくなる季節というのは見分けるのは楽になっていいです。これはムラサキシメジ、という茸。上品、としか言い様のない美しい色、そしてキシメジの仲間らしい愛らしい形ですねぇ。僕は去年は気にもとめていなかったのですが、今年、例によってショーゴにこういう茸があると教えてもらいました。


晩秋から初冬にかけて群生する食べられる茸というので今月に入ってずっと狙っているのですが、DSCN0511.jpgう~ん、なぜか群れてくれず。右の写真は今月上旬に同じ場所で見つけたもの。ここに通えばたくさん採れると思ったのですが、その後3週間で生えて来たのは上の1本だけ。「去年もここに生えてたけど、たくさんはなかった」とはショーゴ。他の林も当たっているのですが発見には至っていません。ほんと、茸って気まぐれなようで難しい。


お味の方はというと、DSCN0607.jpg図鑑にはおしなべて「歯ごたえあっておいしい、ただし少し粉っぽさや埃っぽさを感じることも」と。我が家では全部ショーゴが「うまい、うまい」と食べてしまい、僕は味見をできていません。キシメジ科らしい締まった食感が「歯ごたえ」となるんだろうとは想像できますが、「埃っぽい」ってどんなだろう。どこか菌輪を描いているのを見つけたいものです。









blogram投票ボタン
記事が面白かったら、上のランキング投票ボタンか、下の「拍手」を(両方でも♪)クリックして下さい!



関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/76-d93fb833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)