fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

1週間の出張と留守と 

3年半ぶりの海外出張として1週間、シンガポールに行ってきました。


IMG_4101.jpegシンガポールを訪れたのは、前職含めて3回目か4回目。とはいえ、前職では自由に動ける裁量なかったし、前回も9年前、今の会社1年目の研修として同僚の出張に同行させてもらったもの。つまりほとんど何も知りません。そんなシンガポールが僕の管轄になったのはコロナ禍のこの2年半。現地のスタッフ達とはかつて日本で会ったことがあり、メールでもスムーズなコミュニケーションができていましたが、再び顔を合わせてもう一歩踏み込んで話ができるようになりたいし、シンガポールの地理に疎いままでする議論は厳しく感じていたので、行かねばなあと思っていました。


一方で、かつて不在になる間は泊まりに来てくれていた母は亡くなり、さてどうしたものかという悩みも。ただどこかで思い切ってやらねば先へ進めないので、カンタが春休みに入る直前のタイミングで行くことに。息子達は1人ずつなら恐らく問題ない。心配なのは、2人である故。夜型の大学生のショーゴと、終業式まではもちろん春休みも部活で朝から学校へ行くカンタとで、果たしてお互い邪魔することなく、仲良く協力しあって家事分担できるのか、そこです。日持ちする食糧は買い込み、おかずストックも用意して、さらに1日あたり1500円を渡しました。念のため元嫁にも連絡、何かあった時の支援をお願いして、行ってきました。


IMG_4147.jpeg仕事は極めて順調。今までの海外出張歴の中でこれほど快適だったことはなかったのではないかというくらい。それというのも、解決すべき課題が見当たらなかったため。IMG_4104.jpeg仲間達は非常に優秀で、僕が言いそうなことはすでによく頭に入っているし、何を尋ねても理路整然と答えが返ってくるし、このままでも構わないよというごく些細な指摘もその日のうちに対応してしまうしで、文句なし。火消しに行ったのに、火が出そうなところさえない、そんな感じ。おかげで、プラスアルファのミッションに取り組むことができ、マーライオンまで見てきてしまいました。


IMG_4154.jpeg強いてマイナス面を言えば、シンガポール経済の強烈なインフレと円安で、日本の倍くらいの物価に、わずかな出張手当が吹き飛びそうだったこと。ペットボトル飲料は270円、コインランドリーは最少5キロの洗濯で600円。右の写真のローカルの麺、これでなんと1100円ですから。ただ、夜は彼らがご馳走してくれ、なんとか大きな痛手にはならず。いい気になって普段飲まないビールが美味しく感じ、グラス2杯はちょっと多かったのか、トイレで用を足した後失神、気づいた時には倒れていて見知らぬ方にAre you OK, Sir?と聞かれている、なんて失態も。すぐ正気になり自力で歩けるほどで酔っ払ってはいなかったんですが、あれはなんだったんだろう。脳貧血かな?右肘に今も痛みがありますが、頭を打たないで良かった。でもあのまま逝っていたら本人は幸せだったかも。


心配はやはり家の方。前半3日はまだ学校があったのだけど、大丈夫だったのか?僕からの問いへの返信もろくになく、それはきっとうまくいっている証、と思うようにしていましたが。はたして帰宅してみると、一番懸念していたカンタの毎朝の登校はクリアしていました。そして彼の遅い帰宅に合わせて2人で食事をし、兄は弟に弁当を作り、弟は洗濯と風呂掃除とゴミ出しをし、と協力しあってなんとかしたようでした。冷蔵庫はじめ台所のあちこちが手垢で汚れていたり、床は一度も掃除しなかったようですごい埃だったり、風呂や洗面所の栓が毛等で詰まりかけていたり、と次回へ向けて課題は残りましたが、まぁ最初から言うことでもないでしょう。







にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

関連記事
スポンサーサイト



Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/425-6ca5359d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)