fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

未々乃介の老い 

昨年秋以降、災難続きの僕の家族。母の四十九日が過ぎ、カンタの怪我も癒え、やっと日常が戻ってきたかというところで、今度は未々乃介が


IMG_3526.jpegIMG_3641 (1)1月21日の土曜日の日中、妙に近くに寄って何やら訴えるように話しかけてくるな、とは感じていました。。その夜にショーゴが、落ち着きがなくやたらとトイレに行きたがり、食欲がないとも。ただ今まで未々乃介が体調崩したことはなく、猫を飼うのも初めて故に僕の危機感は薄く、そのうち自力でなんとかするでしょ、と軽く見ていました。実際、翌日にはカンタの剣道部遠征へ。


夕方帰宅するとショーゴが、未々乃介が血尿を出しているし、体が軽い、冷たくなってきている気もするというので抱きかかえてみたら、元気なく、お腹が固く張っていて、触っても嫌がる素振りがありません。これはおかしいということで、拾った時に診てもらって以来、年に一度の予防接種でお世話になっているかかりつけの獣医さんに連絡。恐らく尿が詰まっていて緊急を要するとの見立てで、診療時間外のため他の病院をご紹介いただき、イオン近くのはやし動物病院さんへ。いつもは車に乗せると嫌だと喚く未々乃介なのに、ショーゴに抱き抱えられて静かなのが不気味。


測定したらいつも5.8kgの体重が4.8kg。血液検査、尿検査としていただいた出た結果は、尿路結石とそれからくる急性腎不全、膀胱炎でした。看護師さんが押さえつけ、カテーテルを挿入し、溜まっていた血の混ざる尿を外に出す処置をしてもらう間、僕らを見ながら最後の力を振り絞るように抵抗を見せる未々乃介を見ていたら涙が。ごめんな、お父さん、こんなになってるなんて気づかなかったよ。


IMG_3645_20230218160754ab4.jpeg詰まっていた尿と砂のような細かい結石が出きったところで、ぐったり、でも同時にホッとしたような未々乃介。そりゃ出るもの出て楽にはなったよ、けどよ〜、という表情で僕らを見つめる傍らで、先生が丁寧に説明をしてくれました。尿の量が少ないとか血が混じっているという症状が恐らく数日前からあったはずで、状態としてはかなり悪く、あと半日遅れていたら生死に関わっていたレベルだったそう。そして、特に雄猫によくある病気で、若ければすぐに健康な体に戻る、ただ、未々乃介ちゃんは、人間でいうと50歳くらいの初老、もしかしたら腎臓が元には戻らずそうなると今後の余命に影響を及ぼす可能性も残ります、とのことでした。


そのまま入院し、治療、経過観察をしていただくことに。IMG_3646 (4)4日後退院。まだ血尿は続いているものの、腎臓の数値は正常値に戻り、あとは膀胱と尿道の炎症を治していけば大丈夫、とのことで胸を撫で下ろしました。母が連れて行ってしまうのかとも思っていました。以降週に1度受診していますが徐々に回復傾向にあります。


IMG_3630.jpeg病気の原因は食べ物で、僕らの与えていた市販の煮干し入りのドライフードが良くない、とのこと。で、病院にサンプルとしていただいた病気療法食の餌を各種与えてみたのですが、全く食べてくれません。ドライフードだけでなく、ウエットタイプもダメ。大好きなチュールを混ぜ込んでみても、チュールの部分だけ綺麗に舐めて終わり。先生に報告したら、猫は好き嫌いが激しいのですが、ここまで頑固な猫ちゃんは久々に見たなぁと。飼い主に似たのだろうか、いや、でも僕は偏食ではないぞ。一旦、元の餌に戻し、体重と食欲の回復に努め、元気になったら餌に少しずつ、それこそ1粒ずつ混ぜて慣らしていくことになりました。


IMG_3644.jpegそれにしても、50歳初老って言葉のインパクトといったら。僕もこないだ50歳になったところで...。幸い僕の人間ドックの結果は特に問題ありませんでしたが、今回の未々乃介の血液検査の方が、僕のよりも項目が細かくて丁寧でした。診療代ももうすぐ10万円に届きそう。いや、お金は問題でない。未々乃介はかけがえのない大事な大事な家族、長生きをしてお父さんの側にいておくれ。






にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!

関連記事
スポンサーサイト



Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/423-d6752999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)