08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ブルーベリーの花が咲く 

庭に植えたブルーベリーの花が咲き始めました。

ブルーベリーの花1


4年目を迎えた我が家。庭はほとんど僕がプロデュースし、管理もしています。何もすることがない晴れた休みの日には、ここの手入れをし、ここでティータイムを過ごす、お気に入りの場所です。子供が遊べるを中心に、クヌギとコナラで作った小さな雑木林、ローズマリーやタイム、ラベンダーを植えたハーブ園、夏にはバジルやミニトマトを育てるプチ畑、さらにプラムやぶどうなど食べたいフルーツの木々を配しています。和風の庭園でもなければ、英国式のガーデンでもない、ただ僕の好きなものを僕のセンスで植えただけ。でも、ご近所さんにも褒められることもある、自慢の庭です。

その庭に3本ブルーベリーがあります。1、2年目は木を育てるために花を咲かせなかったのですが、去年解禁、今年は凄い勢いで花をつけています。下向きに咲き、朝露に濡れ、5月の涼風に揺れる白い花。どうでしょう?とても愛らしいでしょう?

ブルーベリーの花2


このブルーベリーは、実るのが8月と遅く、かつ果実が大きく、藍色に熟す前にうさぎの眼のように赤くなることから、ラビットアイ系と呼ばれているものです。ラビットアイ系のブルーベリーは、何か果樹を育てたい、でも時間も手間もかけられないし、土地もない、という方に一押し。

というのも、病害虫にものすごく強く、ほとんど世話をする必要がありません。最初に植える土をきちんと作れば(専用の土も売られています)、2月の剪定、6月の摘心、冬場の肥料やりだけ、あとは放っておいて大丈夫。農薬も要りませんし、よほど乾いてしまわない限り、水やりもしなくてOK。酸性の土壌を好むので、土を石灰で中和する必要もない。広い土地でなくてもよく、鉢でも育てられます。おまけに、果樹は普通「桃栗3年、柿8年」と言われるように、実がなるまで時間がかかるものですが、ブルーベリーは売られている苗木がすでに2、3年たっているので、今年から実らせることも可能です。もっとも、今年は質も数も期待はできないでしょうが。

それでいて、とれたての果実を味わえるだけでなく、この季節にはご覧の通り可憐な花で癒されますし、秋にはこれぞ紅葉と言ってもよいほど鮮やかに赤く色づきます。つまり3シーズン違った形で楽しめるのです。

気をつけるべきは、2点。ラビットアイ系は耐寒性が弱く暖地向けです。寒冷地ではハイブッシュ系を選ぶ必要があります。また、1品種では実りません。近縁種を2本用意して近くに置いてやらないと受精してくれません。

今年は順調にいけば、8月はブルーベリー三昧になりそうな感じ。毎朝、息子に収穫させにゃ。今からすごく楽しみです。実ったらまた写真をアップします。

より詳しい育て方は、本屋さんで探してみて下さい。ちなみに僕は、色んな果物を扱っている本以外に、以下のブルーベリー専門の本を参考にしています。専門といっても、趣味用の薄い本です。

ブルーベリー (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ブルーベリー (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2002/08)
堀込 充

商品詳細を見る


自宅でブルーベリーが栽培できる!【日本花卉ガーデンセンター本店】





記事が面白かったらクリックして下さい!


関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: **暮らしを楽しむ**

Janre: ライフ

tb 0 : cm 6   

コメント

見事ですねぇ~!!
ブルーベリーのたくさんのお花もそうですが、
写真から拝見するお庭も素敵~。お花もたくさんっ(*^^)

鉢植えなのでなかなか大きくなりませんが、
ことし、「はかたのびのび」というふしぎな肥料を
あげたところ、花が昨年よりたくさん付きました。

ガビーさんのブログを拝見して、育て方、学びますっ!

カープキッズ #- | URL | 2008/05/04 20:01 [edit]

>カープキッズさん

どうもありがとうございます。写真は密かにそう思っていただけるように狙ってましたw。今日晴れてなかったのが残念でしたが。

花は、近所の嫁さんの実家が園芸農家なので、余り物を結構回してもらえるせいもあり、パンジーや日々草など1年中なんらかの形で咲いています。で、コツはなんといっても土です。これまたおいおい書いていきますが、例えば牛糞堆肥のような有機の肥料にかなうものはないです。

「博多のびのび」も調べてみたら、そういう類いの肥料ですね。ふしぎじゃないですよ~w。

なお、アミガサダケはまだ料理にしてませんのでご安心下さい。

ガビー #- | URL | 2008/05/04 20:17 [edit]

ベリー

ガビーさんプロデュースのお庭、ナチュラルな感じで良いですね。

ブルーベリーは優れものだと私も思います。スズランのような花は可憐だし、つまみ食いする実の味も野趣溢れていておいしい、深みのある紅葉も実に見事ですよね。

ガビーさんのお庭には、ミュール・ソバージュなんていうのもお似合いのような気がします。おまけとしてカミキリが付くかもしれませんし。クランベリーなんていうのも良いかもしれませんね。お手製のソースを七面鳥にかけたら絶品でしょう。

まりもん #C0xdWXe6 | URL | 2008/05/05 10:19 [edit]

>まりもんさん

園芸のお師匠さん、わざわざお越し下さいましてありがとうございます。教えられた通りにバラもやってまして、もうすぐすんごい花つけますんで、それもお楽しみに。

ミュールソバージュ、調べてみました。なるほど、我が家にあいます。クランベリーも嫌いじゃないですが、ソースにするにはものすごい量が必要になりますなぁ。アメリカ人みたいに七面鳥じゃなく、フランス人みたいに鴨で食したいです。

ガビー #- | URL | 2008/05/05 19:11 [edit]

すごい!!!
めっちゃいろんなの植えてますねぇ
ローズマリーの香り大好きで、うちも植えてます。
ほったらかし全然OKだし、花もかわいいですよね。

ところで、ブルーベリーってうちも育ててみたいと思ったことあるのですが
カラスはやってきませんか??
もし来ないなら育ててみようかなぁ。
手入れしやすい植物が、一番良いですよねv-48

緑川蘭子 #- | URL | 2008/05/06 18:32 [edit]

>緑川蘭子さん

ローズマリー、我が家も庭の隅にほったらかしにしてます。料理にも使いますが、密かに虫除けにもなっていて、周りの野菜や果樹に、アブラムシはつくものの、蝶が産卵したりはしないのはそのせいみたい。

ブルーベリーの実、カラスはそんなに食べないと思います。我が家は田舎なので、人を恐れぬハシブトガラスはほとんどいないのですが、奴らはあぶらもんが好きなので、コンビニの残り物等に行き、ブルーベリーにまで手を出すのはよほど空腹でもないとないのではないかと。

他の小鳥は来るかもしれません。我が家でもそれを警戒してたのですが、去年の例だと食べませんでした。ただこれも恐らく、周りにたくさん餌があるからかもしれないなぁ。

ガビー #- | URL | 2008/05/06 21:16 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/4-8303fd64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)