fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

魚も僕も、目の付けどころがシャープかも 

冷たい雨が続き、心も晴れぬ今年の9月。少しでも気分転換をしようと土曜の夕方、釣りをしに鹿島港へ出かけましたが、今までの釣り座はことごとく厳しく立ち入り禁止。どうもコロナとは関係なく、釣り公園の「魚釣園」の運営者が県から一般社団法人に変更、釣り人達をそこに集めるためにとられている処置のようです。でもって、県外からの入場はお控え下さい、という状況なのでお手上げ。


あくる日、そのまま釣り道具を片付けるのも癪だなと思い、昼間に外房に行ってみることに。釣り場となる港はどこもコロナ対策で駐車できなかったりしますが、河口なら入れるだろうと。子供が幼かった遠い昔に何度か遊んだことありますが、ハゼしか釣れず狙いたい根魚はいないので足が遠のいた場所。でも、もうハゼでもいいや、いやハゼを釣ろうと、アオイソメを200円分だけ購入して向かいました。脇にある公園に車は止められましたが、時折小雨が混じる天気にも関わらず釣り人も思っていたより多く、10m間隔くらいでいらっしゃいました。特に拘りもなく空いていた所に入り込み、天秤仕掛けの長竿と、ブラクリ仕掛けの短竿の2本を用意。


IMG_2863.jpeg上げ潮になったところで、海からの波が逆流してくる中、対岸近くをボラと思しき魚が結構頻繁に跳ねるので、スズキにでも追いかけ回されているのかな、と少し期待。長竿は、その跳ぶ魚のライン上で置き竿に。周りの方々も、餌釣りだったりルアーだったりひっかけだったりと手段は様々ながら、同じようなところを攻めていました。が、どなたのロッドも一向にしならりません。僕はブラクリで足元を狙っていきます。するとコツコツというあたり。蟹にしてはリズミカルで、ハゼにしてはやや大きく、でも巧みに餌を取っていきます。なんだろう、とやりとりすること数回、ついに引っ掛かり暴れる糸を巻いてみたら一瞬カイズにも見えたコショウダイ。IMG_2857 (2)IMG_2853 (2)幼魚とはいえ、なかなかの引きでした。ハゼが釣れれば御の字という気持ちで来ていたのに、ハゼ以外もいるというのがとても嬉しく。なおこの魚、釣り上げた直後は黒い縞模様がはっきりしていましたが、しばらくバケツに入れていたら、成魚のような色合いに変化。興奮してなのか、周りの明るさに順応してなのかはわかりませんが、1粒で2度の楽しさが。


IMG_2855 (2)小魚でも丸揚げにしたら美味しいもんね、もっと釣ろう、と気持ちも俄然ポジティブになって探っていくと、直後に本命のマハゼが釣れました。よしこのままマハゼを数釣るぞと、鼻息荒く、今さらながらよりハゼ狙いにシフトした天秤仕掛けに切り替えましたが、なぜか何も反応がないこと1時間。途中、投網をする地元の方の姿もありましたが網には何も入っていないし、隣にいた方も今日は何も釣れないとぼやいていたしで、小魚2匹で終わりというのが見えてきました。夕飯の準備をしないで出て来てしまったので、17時半がタイムリミットなので。


200円分ながらまだ残っていたアオイソメを使い切るべく、長竿にはそれまでとは違い切らずに長いままつけて投げ置き、短竿の方も、最後にもう1回、IMG_2862 (2)蟹でもなんでも良いのでついばまれる手応えを楽しもうと、ブラクリ仕掛けに戻し、やはり1匹丸々つけてみました。そして目の前に垂らしたところ、それまでの無反応が嘘のように、ゴツゴツと、しかも結構強い当たりが。なんだろう、と待っていたらギュンと竿先が曲がり、重いリールを巻くと、なんとビーチサンダルみたいなシタビラメが。正式名クロウシノシタ、25cm。どこに目を付けてるんだよ、というユーモラスな顔。ここにこんなのがいるとは知らなんだ、超嬉しい!


IMG_2868 (2)続けて同じ辺りにブラクリを垂らすとやはり反応があり、もっと釣れるな、という手応えがあったものの、ここで餌をケチって短くしたのが失敗、途端に食いついてくれなくなりました。そうか、長くないとアピールが弱いのかと気づいた時には、もう餌がなく。夕まずめで、もっと釣れそうな気持ちはありましたが、いやいや、今日はこれで満足しようと、片付けることに。で、置き竿を巻くと、ん?何か重い。ビニールでも引っかかったかと思ったら、ビクビクと揺れ、針先には、これまた同じサイズのウシノシタ。いやぁ最後の最後にこれまたラッキー。


IMG_2881 (1)なにせ期待も予想もしていなかった釣果だったので、たった3目4匹ながら、とてもご機嫌になって帰宅。翌日に丸揚げに。ウシノシタは身の厚い表側だけ観音開きにして170℃7、8分揚げたら、骨ごと堪能できました。美味しかった!片道50分の家から一番近い海でこんな釣りが楽しめるとは知らなかったなぁ、いいこと見つけたなぁ。近々、今度は最初からシタビラメ狙いで出撃しようと思っています。











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!




関連記事
スポンサーサイト



Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/399-dc480b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)