fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

うろ覚えの茸達 

相変わらず3日に1度くらいのペースで意識的にウォーキングをしています。以前は5-7kmが1回の目安だったのが、最近では8、9km、時に10km以上も。それでも去年の1日あたりの平均歩数に及ばないのですから、コロナ前の、東京まで出勤しながら家事をこなす日々がどれだけハードワークだったのか。よくやってたなぁと思います。


ウォーキングはいつも気が向く方、たいてい、緑の多い方を目指すのですが、自宅の周り5km四方は、田んぼの畦道も、森の中の小径も、もう全て歩き尽くしてしまった感があるのが残念。最近は行き場を思案する時間も長く、以前のワクワク感も薄く。今週の月曜日も穏やかな絶好の運動日和でしたが、家の周辺で歩くのには気が乗らなかった僕は、お気に入りのフィールド「房総のむら」へ。月曜日は休みなので人も少ないだろうし、開放されている風土記の丘エリアと隣接する坂田ヶ池公園含めれば結構な広さなので、その中を闊歩することにしました。勝手知ったる雑木林・アカマツ林ですが、4ヶ月前ハルゼミの鳴き声を聴きに行って以来なので、多少は新鮮な気持ちで歩けるのではないかと。


今は秋の茸シーズン真っ只中。IMG_5491.jpeg去年まで2年間の今の時期はカンタの剣道の出稽古や大会が目白押しだったので、すっかり忘れていました。30cm以上の長い柄の先に丸まった傘という非常に不気味なマントカラカサタケの幼菌を見つけてから、急に茸熱が蘇った僕は、馴染みがありつつも名前がちょっとあやふやになっている茸を見つけながら歩くことにしました。実を言うと、マントカラカサタケも、最初はオオシロカラカサタケだと思っていて、この記事を書くために写真と図鑑を見直して知識をアップデートした次第です。


IMG_5493.jpeg次に目に飛び込んできたのは、これは自信があるミヤマタマゴタケ。大きくて目立ち「房総のむら」ではたくさん見つかるのに、きちんと名前がついたのがこの何年かという謎めいた茸で、このブログでも何度か取り上げています。IMG_5496.jpegIMG_5494.jpeg最近やっと載っている図鑑も出てきたのが嬉しい。その先にあった鮮やかな朱色の茸は、そう、タマゴタケ。傘が開いたばかりの一番美しい状態で僕を出迎えてくれたようでした。両者は近縁だけあって、色と大きさ以外はすごく似ています。


続いて見つけたのはテングタケIMG_5495.jpegこれぞテングタケ科というシルエットであまり大きくならない、という特徴なので恐らく間違いない。もっともテングタケの仲間には似たような姿、似たような名前の茸がたくさんあって覚えにくいです。しかも人を殺すような毒茸もあるので食べない方が良いし。このテングタケも致死性はないものの強い毒のある茸。ちなみに先に取り上げたミヤマタマゴタケは、キノコに興味がない方からすればテングタケと違いを感じないかもしれませんが、公式には食毒不明なものの、どうやら食べられるらしい。というのも、僕も所属する千葉県菌類談話会の方で、これを食して報告をあげた強者がいらっしゃるのです。僕はそんなチャレンジできないけれど。


IMG_5499.jpegIMG_5507.jpeg園内の複数箇所で目立っていた茸はナラタケモドキ。昔から食べられ親しまれている茸の1種ですが、枯れ木や切り株だけでなく生きている木や根にも寄生し、枯らしてしまう厄介物。ここでもとても広範囲に酷く感染してしまっているようでした。ちなみに見つけた時はナラタケ、だと思っていたのですが、今写真で見返したらあるはずのつばがなく、図鑑で調べてナラタケモドキというのだと。知らなかったなぁ。


IMG_5501.jpegIMG_5502.jpegもう一つこれでもかと目にしたのは、シロハツの仲間。こちらはナラタケモドキよりもさらに多く、あちこちの地面から大きな姿を表していました。残念ながらシロハツ類は同定が難しく、しかも毒がなくても味はよくなく食用に適さないんだとか。これが美味しい茸だったらなぁ。そもそも、近縁の食用菌で、特に千葉県では珍重されるハツタケも、僕にはそんなに美味とは思えない...。


IMG_5504.jpeg食べて美味しい茸では、ムラサキシメジが。ただし小さいのが1本だけ、しかもここは採取禁止なので採りませんでした。ムラサキシメジは普通11月に発生する、秋の終わりを告げる茸。出てくるのがちょっと早いよ。


夏に生える僕の大好きなイグチの仲間はもう全くなかったこともあって、少しため息は混じりつつ、森の中を軽やかに歩いてきました。











にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!


関連記事
スポンサーサイト



Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/385-bfa85924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)