FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2019 今治の夏 〜闇夜を照らす灯〜 

7日の夜、伯方島のご神木でクワガタを探し始め、IMG_1888.jpg左のミヤマクワガタの1ペアを見つけたちょうどその時、真っ暗闇をライトで照らしながらこちらに近づいてくる声。愛媛のフィールドで同業者に出くわしたことはかつてないし、場所が場所だけにものすごく驚くと同時に、業者だったら嫌だなぁとか、IMG_1889.jpgお子さん連れなら全部差し上げないといけなくなるなぁ、などと思いながら待っていると、いらしたのは僕よりひと回りくらいお若い男性2名、女性1名の3人組。カブトムシですか、と尋ねるとハイ、と。僕らはクワガタ狙いでカブトムシは要らないので、どうぞ、その木にたくさんついています、とお答えしてしたところ、向こうも驚くと同時にホッとした感がありありでした。この夜はたまたまカブトムシが多く、それゆえクワガタがほとんどいなかったので、僕とカンタもカブトムシを見つけてはお渡しする流れに。


ひと通り採り終わったところで、お互い、どちらからいらしたのですか、とご挨拶を交わしてみれば、この方々はなんと50キロ離れた松山からと。IMG_1886.jpgすごい、そんな遠いところにお住まいでここをご存知とは、と思ったのは、たぶんあちらも同じで、自然と言葉が弾みます。そして、さっきヒラタクワガタを取り逃しているんですが、カブトムシのお礼によかったらご案内します、という歓喜のお申し出。大事なポイントを教えていただくのは申し訳ないと躊躇したのですが、千葉からいらしている貴重な機会なんだから、さ、行きましょうというお言葉に、甘えてしまうことにしました。


到着した場所は、近くは探索していたけれども見つけ出すことができていなかった雑木林で、若い木々なのにあちらこちらで樹液が出ています。こんな好条件の林がこの島にもあるとは、と感嘆しているそばからカブトムシが飛んできます。それも当然捕獲しながら奥へと進み、ここです、と指し示された木の穴には、確かに5cmくらいのヒラタの♂が。これは引きづり出せないし、今夜は捕まえられないですねぇと笑ったら、是非滞在中に捕まえて下さい、とありがたいお言葉。千葉や北関東で場所や採り方を教えてさしあげることはあっても、していただいたことは記憶にないので、たとえ捕まえられなくてもとても嬉しい。じゃ、折角だからここの近くの僕のポイントも教えますよ、と今度は僕がガイドする側に。


そこは今年初めてミヤマクワガタのペアを見つけたものの、不思議とカブトムシが多いため僕らの中ではやや軽視している小さな林。が、カブトムシは必ずいるし、場所をお伝えしとくだけでもとお連れしたところ、やはり知らなかったと喜んで下さり、しかもちゃんとカブトムシもゲット。


IMG_1893.jpg全員がハッピーになってめでたしめでたし、と樹液の周りをひと通りチェックして帰ろうとした時、カンタが、2mを越える高さの幹の隙間にヒラタらしきクワガタが隠れている、と。5人の懐中電灯を当てると、確かにヒラタの♂で(写真、クリックすると拡大しますが、わかるでしょうか?)、眩しいのか浮いた樹皮の下を右往左往しています。よしこれはなんとかしよう、と代わる代わる手を伸ばしたり木に登ったり。その間も下からライトを照らしながら、手を伸ばしている人には見え辛いクワガタの様子をアドヴァイスしたりと、全員が協力体制。一番体重の軽いカンタにピンセットを持たせて持ち上げ、お尻を押しながら採集させようとするも、彼はクワガタをどう突けば動くのががよくわかっていないらしく駄目で、結局僕が代わり、下から支えていただいて掻き出すことに成功、45mm弱を捉えた瞬間5人で大喜び。ついさっきまで見ず知らずのライバルだったはずなのに、今じゃ喜びを分かち合う仲間になってしまった、こんなドラマチックな昆虫採集、僕は初めて。


IMG_2061.jpgが、それで終わりにはならず、カンタがすぐ右側にもいる、と!さっき大人が見渡した時には見つけられなかったヒラタが、確かにまたまた樹皮の下に見えました。期せずしてのお代わりタイムの今度は、あまり苦労せずにゲット、先ほどのより大きくかっこいい51mm。歓喜の輪がもう一度。


採集した2匹のヒラタクワガタは僕達が戴いてしまいました。最後はガッチリ握手し、それぞれの帰路に。夢を見ているような楽しい夜になりました。また是非、お会いできたら嬉しいなぁ!


ちなみに隠れているのを教えていただいたヒラタは、翌々日に再訪するも捕まえられず。どうやら先行者がいたようで、林の中はもぬけの殻状態でした、残念。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ




この記事を、上のボタン各種か、下の「拍手」で応援いただけたらありがたいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/361-517ecc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)