fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

香港滞在は北角がお薦め 

2ヶ月に1度のペースで滞在する香港。FSCN5112.jpg観光らしい観光はほとんどしたことがないのですが、街や人を観察することが大事な任務のひとつなので、商業施設の充実した地区には随分詳しくなりました。そんな僕が香港でお薦めする宿泊場所は、北角ノースポイント。上空写真の赤く塗った部分。


理由は、

1. 直通バスがあるので空港との移動が楽であること、
2. 観光名所のあちこちにアクセスしやすく、かつ移動手段によっては海からの眺めを堪能することもできること、
3. トラムを筆頭にこれぞ香港のダウンタウンという雰囲気を楽しめること、
4. 庶民向けスーパーや飲食店が充実していて滞在コストが安くつくこと、

の4つです。

まず1つ目、空港との交通の便空港からK11というバスに乗れば終点が北角なので迷いようがありません。IMG_3255.jpgIMG_5083.jpg日中は交通渋滞の影響を受けて1時間強を要しますが、香港島に至るまでの緑と海と高層ビルが一体となった景色、そして香港島内の繁華街の様子を2階建てのバスから見ていればあっという間です。それにもっと空港に近い例えば旺角辺りだと交通渋滞はより酷く、ホテルに着くまで同じくらい時間を要したりします。それならバスに乗っている方が楽。また、帰りは北角バスターミナル始発なので、2階の最前列座席を確保して眺めを楽しむことも。午前中なら空港まで1時間かかりません。なおその最前列シートは左側に座るべき、なぜなら足元が右側よりも広いから。


次に観光名所へのアクセスの良さですが、香港島を東西に走る地下鉄のMTR港島線に乗れば、香港随一の観光名所ヴィクトリアピークへの入り口中環セントラルに20分、若者の街銅鐸湾コーズウェイベイには10分で行けます。IMG_3936.jpgIMG_8703.jpgもう1路線、九龍側へ渡る将軍澳線もあり、黄大仙ワンタイシンへはこれを使えば通勤等の大混雑を避けることができます。九龍のもっと中心部、例えば尖沙咀チムサーチョイへ行きたい、という場合は、フェリーで紅磡ホンハムに渡るのも良いです。さざ波に揺られながら眺める香港島の景色は最高です。特にトワイライトタイムから夜の眺めは素晴らしいの一言。そこからMTRの紅磡駅までは1キロくらいですが、道中の遊歩道からの景色も左のような具合なので、気持ちよく歩けます。尖沙咀までも2キロ少し、徒歩でも30分程度。MTRで中環乗り換えで尖沙咀に向かうと、時間によっては通勤ラッシュで何本も電車に乗れなかったりするので、こちらの方が楽だと僕は思います。どうしても歩くのが嫌なら、紅磡からタクシーに乗れば、尖沙咀まで10分とかからず料金も$20(約300円)程度。


北角は街そのものの雰囲気も見るべきポイントです。観光客でよりも香港居住民で賑わっている地区だから。IMG_5071.jpgIMG_4179.jpg看板も店舗もこれでもかと路面に迫り出しており、雑踏、という言葉がぴったり、どこをどう切り取っても香港らしい画になります。その人混みの中をかき分けるようにして走る2階建て路面電車のトラム。スピードが遅く、移動手段としては使い勝手が良くないですが、乗れば観光気分が倍増するかと。実際夜になるとオープンデッキで大はしゃぎしている欧米人観光客をよく目にします。料金はわずか$2.3(約35円)。見て楽し、乗って楽しい。これぞ香港という写真を撮ることもできます。こんなところがお薦めする3つ目の理由。


4つ目は、お得な食事と買い物。香港市民で賑わう街なので、庶民の食堂、「茶餐廳(チャーチャンテン)」も豊富、安く美味しく食べるのに事欠きません。言葉が通じなくても大丈夫。IMG_1838.jpg同じ漢字文化圏のありがたさで、メニューには見覚えのある名前のものやたぶんこんなものだろうと推測つくものが必ずあります。それを指差しすればOK。言葉の通じない人を相手に商売するのにも慣れているので、向こうが勝手になんとかしてくれます、多少無愛想に感じるかもしれませんが、それもまた旅の醍醐味。そうそう、担担麺の名店もこの地区に集まっています。本場四川とはまた違う、辛味と旨味、甘味のバランスがとれている味は香港ならでは。食べた中では「濰京坊」というお店が一番かな。そして北角にはスーパーもあちこちにあり食料品やお土産を買うのに便利です。もし、お土産に迷ったら、この界隈に多い乾物屋さんへ行くといいです。僕はいつも自宅用にキクラゲを買います。日本でよりも遥かに安く、質も比較にならないほど良いです。他には干し牡蠣も。日本では牡蠣を干して使うのをあまり聞かないのに、良質のものは日本産の牡蠣だったりするのが面白い。中華にだけでなく、和食にも洋食にも重宝する食材です。いずれも空港等、観光客向けのお店でも買えますが、乾物屋ならその半値程度です。


これから日本は寒くなっていきますが、香港は過ごしやすい陽気の日が続き絶好の観光シーズンとなります。僕の大好きな香港、是非訪れてみて下さい。










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト



Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/343-fda43db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)