08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

雑木林のフレンチ食材再び 

さて、最近遠ざかっていた茸のお話。

P1070525_convert_20081225203441.jpgショーゴはじめ僕の家族が見つけると大喜びする茸の大本命、タマゴタケが、9月に入って見つかるようになりました。いつも7月中旬くらいから姿を現すのですが、今年は全然出て来ないので、もしや去年採りすぎたかと心配もしましたが、ただ単に条件があわなかっただけみたいで、我が家の近くに2カ所あるタマゴタケが生える林に、同時に出現し始めました。

林の地面の茶色と緑の中に突如、目立ちすぎる程の鮮やかな赤い色で出現する茸。根元には名前の由来となった卵のような真っ白のつぼ。図鑑でも目を引いていたこの茸を、成田の家の周りで見つけた時は感動しました。

これが出現し始めた時。まさにウズラか何かの卵が埋まっているよう。





P1070528_convert_20081225205152.jpgその翌日くらいになると、「卵」を割って真っ赤な傘が姿を現す。





P1070530_convert_20081225205322.jpg開くと赤い傘、オレンジと黄色のグラデーションの柄、根元の白いつぼと、なんとも見事な美しさ。




このタマゴタケ、食べられます派手な色している茸は毒がある、なんて思われがちですがそれは実は根拠ないんです。しかもただ食べられるのではなく、たいていのガイド本には、おいしいと書いてあるくらいです。中にはフランスでは高級食材と紹介しているものもありますが、僕は使っているのを見たことないですし、周りのコックさん達も誰も知りませんでした。

幸い、見分け間違えることはない茸です。初めてこれを見つけたのは3年前ですが、早速、食べてみました。野生の茸だぁ、と感動しました。が、アミガサタケとヤマドリタケモドキも採れるのを知ってしまった今、タマゴタケにはそこまでの旨味はなく、食材としては一枚も二枚も下というのが我が家での評価です。歯ごたえがなくポソポソしているのと、炒めた時に野生のえぐみがあるのがその理由です。バターでソテーしてクリームであえるのがあっていますが、そこに何か辛味や香りのスパイスを効かせるのがいいと思います。

味の評価は落ちるとはいえ、出現の仕方があまりにも唐突でかつ美しいタマゴタケには、一家みな、不思議さや面白さを感じ、虜になっています。ショーゴが蕾を見つけてとってきては、花瓶の中に湿らせた脱脂綿を敷いてそこにそっと置き、傘が開くのを楽しんでいます。我が家のシンボル的存在とさえいえるかもしれません。あるいはショーゴの人生を決めるものになるのかも?

見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)見つけて楽しむきのこワンダーランド (森の休日)
(2004/08)
大作 晃一、吹春 俊光 他

商品詳細を見る





記事が面白かったらクリックして下さい!

関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

No title

タマゴタケが食用になるというのは、一般の方の常識からすればにわかに信じがたいことでしょう。ガビーさんのおっしゃるとおり、派手な色=有毒ということではありませんが、問題はその判別眼。バイケイソウとギボウシの芽、トリカブトとニリンソウの葉も判別できずに中毒を起こす事故が跡を絶たないわけですから、タマゴタケと有毒のベニテングタケくらいは平気で同種と間違える方もいることでしょう。判別眼さえあれば、全くの別物ですが・・・。

それにしても、キノコの判別という難しい領域に手を染めたガビー家の父と子。将来が楽しみです。

P.S.クワガタの♀の判別も苦労している方々が世間には結構いますよね。やはり、判別眼というのはある種の個性なのかもしれないと思ったりもする今日この頃です。

まりもん #C0xdWXe6 | URL | 2008/09/21 11:44 [edit]

>まりもんさん

判別眼ですか。好きなものを突き詰めていくと自然と身につくもんだと思っていました。例えば僕は熱狂的カープファンですが、100メートル離れた外野席からでも選手の立ち姿だけでそれが誰なのかわかりますが、それも気がついたらそうなっていただけですし、まわりの熱いファンも同じようなものです。練習の時にキャッチャーの倉か石原かを見抜くのになると、僕くらいのものと冷やかされたことありましたが、ところがどっこい、倉ファンの広島の友人(♀)もあっさり見分けてました。興味があるものっていつのまにか判別眼がつくはずなんですが...。あ、でも、確かにクワガタ大好きのくせに、ヒラタクワガタの♂にノコの♀を同居させて、卵採れんねん、と悩んでいた御仁もいますなぁ。

ちなみに野草の知識が全くない僕は、バイケイソウとギボウシの芽、トリカブトとニリンソウの葉は区別つかないです。ただ、トリカブトは憶えましたw。

ガビー #- | URL | 2008/09/22 10:18 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/34-e59f247d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)