FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2018 今治の夏 〜クワガタ博 in 伯方島〜 

恋い焦がれ、待ちに待った愛媛今治での夏休み!ショーゴもカンタもそれぞれ、硬式テニス部に剣道部にと忙しく、もう家族揃って帰省することは難しいのかもなぁと思うこともありましたが、彼らにとってもこの四国での時間はとても大事なよう。それぞれ違う世界は持ちつつも、志向している方向が同じだとなんとかなるものですね。ちなみに義弟こそ後からの合流ですが、両親も妹達も同じ飛行機での愛媛入り。


IMG_8032.jpg早朝5時前に成田の家を出たので、松山には9時には到着。昼は妹が今治の料理屋さんを予約してくれていますが、まっすぐ行くと早すぎるので、カンタが好きな済美高校に立ち寄って記念写真。翌日の甲子園1回戦に向けて、チアガール達が熱心に練習をしていました。ちなみに僕は松山商贔屓。松山に来ると♪石鎚の山、伊予の海、とその校歌を口ずさむほど。今年は復活の兆しを見せてくれたので来年に期待。


で、昼ご飯をご馳走になった後は、いつも通り3人で伯方島へのクワガタムシ採集に。部活が忙しかったショーゴは今年初めての虫採り、気合が入って着替えての参戦。


IMG_8065.jpg7月の豪雨は、普段災害の少ないしまなみ海道の島々にも大きな被害をもたらしたそうです。電気、水道が止まり、道路も寸断された場所が多数。最悪、伯方島のポイントも入れなくなったり、崩れてしまっているかも、と思っていました。同時に、その頃はカブトムシが蛹の時期でかなりやられたはず、恐らくカブトムシは少なく、その分クワガタが多いのでは、と予想。果たして行ってみると…。


IMG_8049.jpgIMG_8050.jpg島の所々に豪雨の爪痕は見られましたが、僕らのご神木周辺は無事。そして去年はカラカラに乾いていた樹液場はそれなりに潤っており、ミヤマクワガタノコギリクワガタがあちらにもこちらにも。そして、樹皮の隙間には僕らは採らないコクワガタに混ざってヒラタクワガタネブトクワガタも。加えて去年に倣って根元の落ち葉をかき分けてみれば、そこからもミヤマとノコが。3ヶ所わずか1時間余りで、この辺りで見られる全種類の計18匹を捕まえました。IMG_8070.jpg日中のクワガタムシ限定では、恐らく時間あたり過去最高の数。まるでクワガタの博覧会のようで、大興奮の男子3人。栃木茨城では1日中ミヤマを探してやっと15匹なのと比較すれば、この凄さがわかるというものです。


IMG_8057.jpg一番はギリギリ60mmには届かなかったけれども頭が大きくかっこいいヒラタの♂。このサイズは5年、いや10年に1度くらいしかお目にかからなくなったなぁ。IMG_8059.jpgそしてこの場所を見つけてから4年連続となるネブトの♂。♀を採集してなんとか繁殖飼育をしてたいのですが、このクワガタはヒラタと同じで、♀は木の穴の奥の方に潜んでいるようでなかなか姿を現しません。他にも、息絶える寸前ながら70mm級の特大のミヤマ♂や、木の割れ目からどうしても出てこないヒラタ♂も。一方でカブトムシはやはり僕の読み通り少なく、生きているのは♀を1匹見ただけでした。


息子達はもう体力に不安なく、宿の「今治湯ノ浦ハイツ」に到着してからもテニスに虫採りのトラップ仕掛けにと元気一杯。朝4時半には起きていたのに、信じられない。僕1人が電池切れのように先に休みました。社会人になって最長の夏休み、今治で過ごす夢の8日間が始まりました。

*愛媛県内、災害からの復旧途上のところもまだあり、心苦しいですが、しまなみ海道そして東予は平常モードです。夏を楽しむ場所をお探しの方は是非!









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/338-60dba456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)