fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

空から見ると ~その33 空港12~  

出張先の暖かい香港より帰ってきたら、成田の自宅は枯葉が積もり、いよいよ冬の到来という感じに。IMG_5759.jpg子供の頃から夏が好きで寒いのが苦手な僕は、冬になると南国へ逃げ出したくなり、実際、高校生の時には鹿児島を旅したことがあります。南といっても同じ日本列島、そう寒さは変わらなかったものの、降り注ぐ太陽がいくらか力強く感じられたものです。今日は3年ぶりに空撮写真の記事を、その鹿児島を舞台に書きたいと思います。


さて、一般に1つの県に民間の定期便が離発着している飛行場はいくつあるでしょう?まぁ、1つですよね。ない県もあります。東京、大阪、名古屋の周辺の10府県には民間の空港がありません。狭い日本ですから、むしろないのが正解、造ったは良いが利用されず莫大な負債を抱えてしまっている自治体があるのは残念です。そんな中、北海道、沖縄に次いで3番目に多く空港を抱えているのが鹿児島県。ちょっと意外かもしれませんが、実に8個もの飛行場があるのです。というのは、鹿児島県は九州最南端から600kmも離れた与論島までを含み、その奄美群島には、奄美大島、屋久島といった大きな島々を含むから。


DSCN3299.jpgまずは鹿児島空港。市内から北へ車で1時間程離れた台地の上にあります。国際線も就航する規模を誇りながら、飛行機に乗っている時間以上に、乗るまであるいは降りてからが時間のかかるかもしれない立地は、同じ九州の阿蘇くまもと空港や、広島空港に似ています。先述した一人旅の時、搭乗機でラッキーにもコクピットに招かれ、快晴の空の中、遥か遠くに目指した先がこの空港。セキュリティが厳しい今ではもう絶対に見ることのできない景色ですが、香港出張で鹿児島空港上空を通る度に思い出すシーンです。


IMG_0489.jpg鹿児島市内の空撮は、狙いが少し南にずれてしまい、一番撮りたかった西郷さん終焉の地、城山や僕が訪れた時には西鹿児島の名前だった鹿児島中央駅は、画面左下のフレーム外です。写真中央にある人口島は、大型観光船の埠頭マリンポート鹿児島で、その左下には以前千葉ロッテマリーンズがキャンプで使っていた鴨池野球場が見えます。


DSCN4702.jpg目を遠くに転じると、錦江湾の全景を楽しむことができます。写真の下側には噴煙を上げる桜島。その名の通り、かつてはこの湾に浮かぶ島だったそうですが、大正時代の大噴火で、写真の左下角のところが地続きになったのだとか。鹿児島の最大の魅力は、大きな都市なのに目の前で活火山が絶えず噴煙を上げている、というところで、高校生の時にその面白さとスケールの大きさに感動した僕は、特に所縁もない土地ながら贔屓にしている場所の一つです。写真の上には屋久島、その右手前には三角錐のシルエットが美しい開聞岳と大きな池田湖が見えています。こちらはいずれは訪れたいと長いこと思いつつ、まだ達成できていません。


DSCN4726 (1)なかなかズバリ上空を通らないため、1つしか撮影できていませんが、最後に奄美群島の空港を。薩摩硫黄島飛行場です。ちゃんと定期便が発着しているのだそう。硫黄島は、周囲15キロ弱ながら千葉県の最高地点を遥かに凌ぐ標高700mを超える活火山の島で、海岸線が変色しているのは海底から湧く硫黄分によるものだとか。源平の動乱期に鹿ケ谷の陰謀で捕縛された俊寛の流刑地「鬼界ヶ島」はこの島と言われており、実際その人骨も見つかっているそうです。ちなみに太平洋戦争の激戦の舞台となった東京都管轄の島とは同名ながら別の島。僕も今回調べて初めて知りました。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!







関連記事
スポンサーサイト



Category: 空から写した風景

Thread: 旅先での風景

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/324-3fd7a6fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)