06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

桃栗三年柿八年、プラム十一年 

IMG_3609.jpgIMG_3603.jpg我が家の庭に、深紅に染まったプラムが10個、実りました。植えてから実に11年目、ようやく、です。一昨年初収穫はできていたのですが、僕は海外出張中で目にすることはできず。しかもそれはわずか1粒だけだったので、今年が事実上初めての成功と言っていいと思います。


このプラムは「大石早生」という品種。早生、という名前がついているくらいなので、もっと簡単に実が獲れるものだと思っていました。初めて花を咲かせたのは植えて3年目の2009年。IMG_4027.jpgIMG_4007.jpgその時の記事はこちら。その後、年を追うごとに花の数は増えていくものの、右の写真のように結実する率が極めて悪く、花の後黄色く萎れてしまうのが半分以上。うまくいったように見えてもサクランボくらいの大きさになると落ちてしまうものばかり。そこそこの大きさまで育ったのが6年目、ですがこの時も、最後は熟す前に吹き荒れた5月の嵐に耐えられませんでした。


DSCN2270.jpg毎年失敗を重ねながら見つけてきた課題は主に3点。まずは受粉。花が咲くのはほぼ桜と同じ。でもその時には隣にある受粉樹の白梅は散ってしまっており、家の周囲でまだ咲いている遅咲きの梅かあるいは早咲きの桃の花を見つけてきては人工受粉させないといけません。が、花の時期がとても短い上、相性がいい花粉になかなか出会えていないようで、受粉の成功率は、20%くらい。隣の白梅は鈴なりに成るのに。



IMG_4007.jpg次に、夏場の虫対策。できれば薬は使いたくないものですが、非常に虫がつきやすく、いつのまにか毛虫やアブラムシが湧いて、葉が丸裸にされてしまいます。夏場に葉がなくなってしまえば、当然翌年の成果は望めません。アブラムシは、天敵のテントウムシを繰り返し放した結果住み着いてくれ、ある程度コントロールできているのですが。剪定して日当たりを良くし風を通すことで虫が発生しにくくするのを第一に、薬に頼ることもあります。


IMG_3570.jpg最後に真冬の剪定と施肥。プラムは、伸びて2年目以降の枝につく短果枝の花でないと結実しない、というのは頭では理解しているものの、実践となるとどう切ったら良いのか判断が難しいのです。まして、真冬だと庭に出る機会もなかなかなく、剪定はおろか、肥料を施すことさえ忘れてしまいがちになります。寒い時の手入れなど簡単な話ではないかと、外に出るのが気持ちいい今の季節には思うのですが。


IMG_3617.jpg冷蔵庫でしっかり冷やし、皮ごと味わってみました。噛んだ瞬間弾けて出てきた果肉は、酸味、甘味ともに申し分なく、本当においしかったです。来年からはもっと数を獲れるようにしたい。まだまだこれから!










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

コメント

こんにちは!

桃栗三年、柿八年。

プラムの11年は、きついですね。

確かに、プラムは病気になりやすく、全滅しやすいですよね。

我が家にもありましたが、以前住んでいた人が植えたもので、
夫が全部、切ってしまいました。

アプリコットも然り。

今年は、4月に霜がおりたので、花が凍り、リンゴや洋ナシも
実がなっていません。

日当たりのいいところは、すぐに解けたのか、いくつかは実っています。

自然界に負けないように、知恵だけでなく、手入れをしてやったり、
守ってやる事って、本当に時間がないとできないですよね。

ガビーさん、偉い!

私は、今年は、全然ダメでした。。。
なんか言い訳になっちゃった。



ポンセ #- | URL | 2017/07/02 15:14 [edit]

>ポンセさん

こんにちは、コメントありがとうございます!

今年はポンセさん色々あったから仕方ないです、来年はまた見事な
リンゴを!

果物はもともと自然界にあったありのままの姿でないから、本当に
手がかかりますよね。僕は今年、プラムはなんとか成功させたとは
いえ、ブルーベリーとぶどうは手を抜いてしまったため、収穫少な
い見込みです。ちょっと目を離しただけで、このざま。

果物農家の人ってすごいなと思います。

J.A.ガビー #- | URL | 2017/07/03 18:06 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/312-5af197d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)