10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

まさかじゃない!〜そしてカープは強くなった〜 

息子達が生まれたのは、そんな暗黒期。ずっとBクラス、いつも5位。たまに大金叩いて球場へ向かってもたいていが負け。僕1人なら良かったけれど、自然と行き辛くもなりました。2006 CARP 日南&神宮 - 26P1070322.jpgそれでも最後の年の旧市民球場には家族で訪れ、2軍戦では廣瀬選手にボールを投げてもらったりいい思い出はできたものの、1軍の試合は目も当てられない内容で...。子供達が僕ほどのカープ熱は持っていないのは無理もなく、むしろ続いたのが不思議なくらい。彼らは、勝ちたい、でも勝てなくも仕方がない、というスタンス。


そんな弱いあの広島東洋カープが、こんな風に強くペナントレースを突っ走るなんて。息子達に、もう何年も優勝できるはずと言い続けてはいたけれど、それが現実になる時が本当に来るとは。


その理由は、コアなカープファンの誰もが言っていることですが...。


マーティーブラウン監督の、全員が得意技を持ち寄って結集してポジティヴに戦うという意識改革が始まりでした。それまでのカープが、個々の根性論や精神論に依存し過ぎていたのを、彼は気づかせてくれました。日本の緻密な野球には適応し切れきず、チーム成績を上げることはできませんでしたが、球団のカルチャーに新しい風を吹き込み、目覚めるきっかけを与えてくれたのは間違いないでしょう。


P1060094_2016091909324941d.jpg続いて野村謙二郎監督が、投手陣とセンターラインを時間はかかったけれど、なんとか整備してくれました。特に二遊間二遊間がしっかりしているのに弱かったプロ野球チームを、僕は見たことがありません。その逆もまた然り。足が速くて肩が強く守備範囲が広い菊池、田中の両選手がセンター丸選手と共に素晴らしい守りをしてくれたことで、ピッチャーが育ちました。中でもキク。今年のMVPは世界一の守備を見せてくれた彼にあげたい。加えて、この3人が攻撃では1〜3番で機動力を発揮したことで、ポイントゲッターのバッターも成長しつつあります。右の写真は、まだ高校生だったキャンプで、前田智徳選手の打撃に見入る丸選手。先輩が凄すぎて溜息が漏れていたけれど、今やかなり近づいた域に。


そしてマーティーの叩き込んだ意識の持ち主でありかつ外の世界を見てきた黒田選手と新井選手が、志はそのままに、誰からも認められる人間性を身につけて帰ってきてくれた、これは本当に大きかった。


とかく純血主義に走りやすかったオーナーも、他球団が優秀な人材を手放すと速攻で引き込むのを厭わず、そうしてやってきた石井琢朗、新井宏昌、河田雄祐の名コーチ3人はチームに新しい考えや技術をもたらしました。オーナーもたまには褒めてやらにゃ。


2006 CARP 日南&神宮 - 02もともと眼力に定評のあったスカウト陣は、逆指名制度がなくなると共に花形選手へのアプローチもするように。甲子園で活躍した等全国の注目を浴びた選手に対しては、どうせ来てくれないと最初から及び腰なところがありましたが、彼らならではの力、というのがあるのは、福井、野村、今村、大瀬良といった投手達で明らかに。そしてアメリカからはシュールストロム駐米スカウト達が、広島への深い愛の下、日本にフィットする選手を送り込みまくってくれました。この10数年の助っ人、特に投手の成功率は驚異的です。以前はピッチャーはアメリカから連れてきてもダメ、というのが半ば常識ではなかったかなと。


その間にできた美しく楽しい新広島市民球場マツダスタジアム。ファンは自分達で作ったその球場に吸い寄せられるように、新しいユニフォームを身に纏って集い、いつの頃からかスタンドは毎日赤く染まるように。旧市民球場は廃止が決まるちょっと前まで、スタンドの一部以外空席なのが当たり前、広島の商圏を考えたらこれが精一杯なんて分析までされていたのが嘘みたい。


そして、緒方監督が大きく変わった、今年はこれがすべて。去年は優勝できる戦力と思っていたので、1年目とはいえ監督の采配、発信する言葉にがっかりしたものです。その象徴が、CS進出がかかっていたのに手も足も出ずに負けた最終戦。試合内容も酷かったけれど、その後ファンへの挨拶さえ拒否した姿に、ああこれはまた指揮官が交代するまで優勝はないなと失望したのは僕だけではないはず。ところが変身した、それも本当に驚くほど。柔和な表情で選手をよく褒め、失敗した選手には一方的に悪く言うことなく適切にフォロー、ファンへもきちんと向き合い、周りに常に感謝の気持ちを表するようになるとは、去年とは180度違います。シーズンオフに猛反省と共に猛勉強をしたのではないでしょうか。ここは讃えられるべきです。本当に見直しました。まだまだ疑問符のつく隙はあるけれど、もしかしたらとんでもない優秀な指揮官となるかも。過去、外野手出身に監督業は厳しいデータがあり、外野育ちで日本一になった監督はわずか3人、若松、西村、秋山の各氏しかいません。ただしみんなセンターで、うち2人は内野経験者でもあります。緒方監督は、セカンドで鍛えられた後センターに定着した人、日本一になる資格は十分。


とすると、これから再び黄金期を迎える予感さえ!


まずはこの秋、日本シリーズに出よう!経験を積み上げよう!


P1060151 (1)P1060155_20160919093250d00.jpg最後に、思い出の写真を2枚。今年、主力となって優勝に貢献した丸君と安部君が、入団1年目の高校卒業式前のキャンプで居残り練習していた時と、その時にいただいたぎこちない筆跡の初々しいサイン。伸びた坊主頭が印象的な爽やかな好青年でしたが、立派になったなぁ。もう気安く声をかけられる存在ではなくなってしまった。あ、でも、彼らのFA権はこの時に剥奪しといたので、大丈夫。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト

Category: 広島東洋カープ

Thread: 広島東洋カープ

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 1   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/09/29 05:42 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/296-8d873746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)