10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2016 今治の夏 〜いつもの夏でもいつもと違う〜 

今年も今治での夏休みはあっという間に終わりました。炎天続きの1週間、真夏の太陽が大好きな僕には申し分なく、しまなみ海道と石鎚山を眺めつつ、思う存分汗をかいて楽しみました。


DSCN4596.jpgただ、暑い夏をより一層暑く感じさせるクマゼミの合唱の声がとても少なく残念でした。鳴いているのは最近今治に多くなったミンミンゼミばかり。過去調べてみると、2009年もクマゼミが鳴かなかったと書いてます。クマゼミの幼虫期間は、6、7年と言われていますから、その影響でしょうか。


同時に、カブトムシも非常に少なく、例えば伯方島はミヤマクワガタの天下になっていました。そこでピンときました。6月下旬から7月中旬にかけての豪雨です。いつもは梅雨時でさえ雨が少なく、盛夏に水不足に陥ることも多い愛媛県の瀬戸内地域ですが、今年は大雨に何度も遭い、あちこちで土砂崩れも起きた程だと。それはちょうど、クマゼミが羽化しようと地表近くまで上ってきている時期や、カブトムシが前蛹あるいは蛹になり、身動きがとれない時期と重なります。クマゼミの幼虫は乾燥している平地を好むのに対し、ミンミンゼミの幼虫は水分があってかつ水はけの良い場所にいるようですから、雨水に対する耐性に違いがあるのではないかと。カブトムシは腐葉土のすぐ下の浅い所に蛹室を作るので、大量の水が流れ込みやすいのに対し、ミヤマクワガタは前年の晩夏以降に温度・湿度の変化の少ない地中深くで羽化後休眠しているので、カブトムシほどの影響は受けにくいはず。


DSCN4628.jpgDSCN4629.jpg海の方でも、変わった現象が。いつも海水浴をしていると見かける砂浜に這うようについているションベゴチ(ネズッポ)が見当たらず、キス釣りの針にもかかりませんでした。岩場では瀬戸内の旨い煮魚を食べたい一心で、根魚釣りするも、これでもかと釣れるのは、毒のある小さなカラコギ(ハオコゼ)ばかり。一番好きなホゴ(カサゴ)はついに1匹も姿を見せてくれませんでした。代わりに上がったのは、珍しいヨロイメバル、それも3度も。釣れた時は、ホゴだ、いや違う、ムラソイか?でも模様がなんか変、と感じたのですが、後でヨロイメバルとわかった次第。胸鰭の縁だけが赤っぽいのが特徴です。


IMG_5266.jpgさらに真鯛とカマスの幼魚がよく針にかかりましたが、こちらも初めて見たことです。一体どうしちゃったのか。もっとも、海の中のこれらの事象の理由はさっぱりわからず、ただ事実としてそうだったとしか。DSCN4652.jpgDSCN4625.jpgちなみに5日もやってたのに釣果は悲惨なもので、最終日にショーゴが釣ったササノハベラ26cmが唯一の大ヒット。宿泊している今治湯ノ浦ハイツで煮つけにしていただきましたが、とてつもなく旨かった、とショーゴ。


IMG_0021.jpg特にこれといって変わったことをしない、いつも通りの夏休みを満喫してきた中、唯一ちょっと違ったのは、こんな自然の中の出来事でした。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/08/26 05:38 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/08/31 05:45 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/294-f35d421b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)