08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

美味しい毒茸、アンズタケ 

夏恒例の茂木町近辺でのミヤマクワガタ&茸採り、今年3回目はショーゴもカンタも揃っての3人での日帰り旅でした。IMG_4899.jpg去年のようにキャンプをしたかったけれど、ショーゴは県大会を控えしかも受験生、前後のスケジュールから厳しく、泊まりはなしに。その分朝早起きして、9時過ぎには現地入り。今度こそミヤマクワガタを、と意気込み、あちこちの林に入りクヌギやコナラを片っ端から揺らしましたが、落ちてくるのはやはりノコギリクワガタばかり。ノコを50匹くらい見た合間に、かろうじて大型の♂1を含む8匹を確保という結果でした。


DSCN4532.jpgDSCN4533.jpgゴム槌を振り続けること4時間余り、自分が知っている好ポイントをあらかた周り、今日もミヤマは少ないなぁと、雑木林の端に腰を下ろして休憩していた時、すぐ脇の斜面に蜜柑色した派手な茸が点々と。もしやこれは、とすぐにピンと来て、持ち歩いている図鑑で確信したのは、アンズタケ。フランスではジロールGirolleとかシャントレルChanterelleと呼ばれ広く親しまれている茸です。前々から日本にも生えるとは知識としてあり、フレンチ好きな僕は、セップCepe、モリーユMorilleに親しんだ次はこの茸を、と思っていましたが、一度もお目にかかったことがありませんでした。それをここでこんな風に見つけるとは。


IMG_4905.jpg最初の1本を手にすると次から次へと見つかるのが茸の面白いところで、よく見ると下草に隠れてあちこちに。小さいのはそのままにしてそれなりに育ったものだけを収穫しましたがご覧の通りの量になりました。見慣れない茸はやはり何かの毒茸ではないかという不安感がありますが、まとめて匂いを嗅ぐとほのかに杏の香りがするのでもう間違いありません。


...が、日本ではアンズタケはそもそも毒茸扱いと。知らなかった。いわく、ヨーロッパでは食べられているけれども、微量ながら毒をもっているので注意が必要だとか。もしかしたら日本のだけが毒をもっている亜種なのかと調べましたが、そういう記載は見当たらず。じゃあ量に気をつければいいのだと思いきや、今度はまた別の怖い記述が。チェルノブイリ原発事故の後に輸出されようとしていたこの茸にセシウムが蓄積されているのが判明、大量に廃棄処分になったというニュースがあったことから、放射線物質を取り込む特性があると見られる、と。が、これはどうやら地面に生える菌根菌の茸共通の性質であってアンズタケに特異的なものではないようです。採取した茂木町は福島の原発から100キロ程で、そこで採れる野生茸は未だに出荷制限がされてはいますが、一方で、セシウムが検出されなくもなってきているようです。そもそも去年もここで採れた夏の茸、食べちゃってるし。


IMG_4933.jpgなので、やはり食卓へ。IMG_4942.jpg茸は本当は水洗いしない方がいいのですが、できるだけ土を落としたく流水で掃除してみたところ、実に鮮やかな山吹色になりました。沢山食べたら消化に悪いだろうと、半分を使ってチキンクリームパスタにしたら、いやぁ、美味しい。歯ごたえも旨味もあり、彩りが美しいヒラタケのような感じでした。


アンズタケは他の菌根菌の茸以上に、同じ所に繰り返し生えるようなので、今後への楽しみがまた1つ増えました。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 1   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/10/03 23:19 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/292-0809e4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)