06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ギンポ釣り師 

春になると太陽の下での遊びに忙しくなる我が家。IMG_4375.jpg5月はここ数年、海釣りづいており、2週前の土曜日の午後も少し時間が出来たので、カンタと2人、鹿島港へ。カンタはいつも僕がしているブラクリ釣りをGWにやってみたのが楽しかったらしく、この日はいつものサビキでの小魚狙いではなく、僕と一緒にカサゴの類いを狙うことに。風があり、いつもの「魚釣園」は厳しそうだったので、先日大きなムラソイを釣り上げた風を避けられる岩場へ。


IMG_4259.jpgすると、次から次へとギンポが。う〜ん、後で捌くのが大変だとは思いつつも、カンタ大喜びでよかった、よかった。ところが、天気予報では晴れだったのに雨が降り出したため、3時間で退散。ムラソイは僕が1匹釣っただけながら、ギンポ10匹と、まずまずの釣果。捌くのも数をこなすうちに慣れてきました。氷水につけて大人しくさせ、背開きにするのが一番簡単。IMG_4402.jpgで、「ギンポこそが江戸前天ぷらの最高級品」という声もあるそうなので、身は天ぷらに、中骨は素揚げにしましたが、やはりこれは旨い。一見あまり美味しそうには見えない白身が、揚げるとふっくらと上品に仕上がり、カリカリの衣と絶妙にマッチングするのが不思議なところで、天ぷら屋さんが、ギンポを珍重したのがよくわかります。


ただギンポは、魚釣りとしてはやはりやや物足りない感じがするのは否めません。6月も半ばになると、ミヤマクワガタ&茸採りに精を出すことになるので、初夏の海釣りシーズンはそろそろ手仕舞い。タイミングよくカープの応援仲間達に誘われたのを機に、最後にちょっと奮発して、東京湾で船でカサゴを釣ることにしたのが先週末の土曜。これなら確実にカンタにも釣らせることができる...とカンタと2人、午後船に向けて家を出た矢先、強風のため出船中止の悲しい一報が。残念でしたが逆らっても仕方のないことなので、引き返し、道具を詰め替え、またまた鹿島港へ。DSCN4350.jpgIMG_4391.jpg当然ながら鹿島も、風強く波高く、「魚釣園」は無理なので、またもや岩場へ。釣り始めた16時は満潮の潮止まりのため全く反応がなかったものの、17時頃から当たりが出始め、ギンポ、そして僕の竿にはムラソイが。カンタにもなんとか釣らせてあげたいと願っていたら、叫び声と共に大きくしなるカンタのロッド。ついにやったかと見てみれば、なんと特大のギンポ、27cm。ん〜、惜しい。でも尺に迫る見たことのないサイズでお見事。結局その後も他の魚は釣れずムラソイ×1、ギンポ×5の釣果。夜釣りもしたかったものの、思いの外寒くなり、カンタももう満足だと言うので、20時半、納竿。


IMG_4397.jpg結局は2回ともカンタは魚はそれしか釣れないギンポ祭りで、願いは持ち越しとなりましたが、サビキ釣りの時より一気に逞しさが増したように見える彼の釣り姿を嬉しく思った次第です。秋こそ、船でカサゴを釣ろう。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/288-28b358e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)