06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

グチに愚痴をこぼす 

ゴールデンウィーク中盤の3連休では、家族3人揃って、僕の親友達と船釣りをすることに。場所は三浦半島の金沢八景。我が家からは100キロ程離れているのが僕には少々高いハードルで、早朝に目指すのにはそれなりの覚悟がいるのですが、朝4時半までに全員起床、同50分に出発したら、流石に早い時間だからか渋滞には捕まらず、6時過ぎ無事到着。ここでまずはホッと。


あとは気心の知れた仲間でのライトアジ釣りだし、ショーゴもカンタもそれなりに経験あってある程度放っておけるしで、よ〜し、東京湾のマアジを沢山釣って、沢山食べるぞ、と。初夏の東京湾口の居つきのマアジ=黄アジは「金アジ」というブランド名を持っている程、黄金色にキラキラ輝く身に脂がのって最高なのです。大きければ言うことないですが、小さくても素晴らしく美味しいのが特徴。ちなみに外房で採れるアジは同じマアジですが、回遊性のため、筋肉質で脂分があまりありません。一般に売られているのが多いのはこちらの黒っぽいタイプのアジ。アジってちょっとパサついた安いだけの魚、という印象をお持ちの方もおられるかと思いますが、多分この東京湾の「金アジ」はじめ黄アジを食べたらもう、ひれ伏すこと間違いなし、それほど美味な魚です。


去年も6月にライトアジ釣りをしていますが、その釣果が30匹ちょっとだったので、今年は倍の60匹釣るぞと目標を定め、いざ出発。初夏の陽気ながら適度に雲も出ていて絶好の釣り日和。が、中潮で干潮が7時半という条件が悪いのか、アタリすらありません。ようやくかかったしかも大きい、と思ったら、イシモチでした。イシモチも美味しい魚、しかも30cm近くある良型ですが、僕が欲しいのは違うんだよねぇ。


IMG_3945.jpgIMG_3930.jpgその後もイシモチが釣れただけで船は移動、次のポイントでポツポツ小型のアジが釣れだし、一時は入れ食い状態になるも、隣のカンタとおまつりしている間にそのフィーバータイムも終了してしまいました。で、船はまた最初のポイントに。と、ショーゴとカンタ、ほぼ同時に大きな魚が、すわ大アジか、しかもよりによって同時に、と嬉しい悲鳴をあげつつ、両サイドの2人のサポートに回って引き上げるのを手伝ってみたら、あらら、大きいことは大きいけれどまたまたイシモチIMG_3953.jpgショーゴのが30cm、カンタのが28cm。ちなみに僕が最初に釣ったのは29cm。その後もまたアタリは遠のき、結局4時間余りで、アジ10匹、イシモチ6匹の大惨敗。でもまぁ船中オデコの方もいた程渋かったので、よしとするしかないか。


IMG_3954.jpgイシモチは身がすぐに水っぽく柔らかくなってしまうため、移動中に締めて鱗と内臓を処理して持ち帰り刺身にしたところ、なかなか上品な味でした。が、やはり小さくてもアジの刺身の方が旨い。船宿の船長さん、多分何も釣れないよりは、とイシモチを釣らせてくれたのでしょうが、アジの大群を見つけて欲しかったなぁ。


せっかくなので日本さかな検定「ととけん」1級保持者らしく豆知識を。P1010023.jpgイシモチという魚、実は大きく2種類が混同されています。東日本大震災前は、僕はたまに外房のヘッドランドでイシモチ釣りをしていましたが、その外房で釣れるイシモチは、少し黒っぽくて頭が小さいニベ(ホンニベ)という魚(写真上)。今回釣った東京湾のは、白っぽくておでこが大きく丸い、標準和名シログチという魚(写真下)。IMG_3948.jpgどちらもニベ科の近縁種であり、揃って耳石という石を持っているからイシモチと呼ばれています。見た目が似ていて、同じように近海の砂地に群れており、味もそっくりなので、明確に分けてこなかったのではないかと思います。そうそう、シログチの方だけでなく、ニベもまたグチとも呼ばれます。由来は、手に取るとグーグー鳴くのが愚痴をこぼしているようだから、だそう。


IMG_3967.jpg愚痴をこぼしたいのは僕の方なんだよな、と思いながら家に帰り、留守番していた未々乃介にアジの頭を上げたら、文句も言わずに大喜びで食いついたものの、骨が多いからかやがて訴えるような眼差しに。ごめんな、次はちゃんと身を食べさせてあげるからな。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/286-041d435a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)