08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ドングリからなる森 

我が家の庭は毎年10月初めから今ぐらいにかけて、ドングリだらけになります。IMG_2380.jpg雑木林の風景に憧れて、庭に計11本のクヌギとコナラを植えているからなのですが、カタンコトンと落ちてくる音がわかるほど、沢山の実がなります。11本のうちの1本のクヌギはそれこそドングリから育てて6年という若い木にもかかわらず、もういっちょ前に沢山の実をつけるようになりました。


これをそのままにしておくと、食べてくれる野生動物がいないために、やがて芽が出てきてしまって大変なことになります。なので秋には落ち葉とともにかき集めて処分していたのですが、もったいないなぁと。何か有効に活用する術はないのか探したところ、「どんぐり銀行」なる緑を育てる活動があることを知りました。


IMG_2189.jpgどんぐり銀行は、ドングリを預けて一定の量になると苗木で払い戻してくれるのだそう。全国にいくつか似た団体があるようですが、僕は、スタジオジブリのキャラクターグッズ店「どんぐり共和国」を窓口とできる高知県大川村のどんぐり銀行に参加することに。この「どんぐり銀行」では、苗木をもらっても植えるところがない人は、大川村の山に植えてもらうことができるのだとか。つまり、我が家のドングリが、大好きな四国の森に生まれ変わる、というわけで、なんとも素敵ではないですか!もちろんドングリ全てが森になるわけではなく、工作や肥料に利用されたり、あるいは家畜の餌になるものもあるようですが、手元ではゴミとしてしか処理できなかった木の実が、こんな風に活かされるのならとても嬉しい。


IMG_2382.jpgで、カンタと庭で拾い集めたドングリはバケツにいっぱいになるほどでした。が、それから大きくて重い良質なものを選別してみると、ゾウムシの幼虫が巣食っていたり割れていたりするのがほとんどで、8割は捨てねばなりませんでした。写真の左側のドングリには小さい穴が空いていますが、こういうのは植えても芽がでてこないのでダメ。


IMG_2390.jpgIMG_2389.jpgしかもそれだけ吟味したはずのドングリも、すぐには預け入れに行けなかったので保管していたら、中からゾウムシの幼虫が出てきていたりしたので、結局コナラは全て廃棄することにして、クヌギのドングリだけを、蘇我にあるアリオ蘇我の「ドングリ共和国」に。


手数料108円で通帳を作ってもらい、これで晴れて一員に。預けたのは120D(ドングリ)。100Dで苗木1本の払い戻しだそうで、来年の払い戻しの時には、早くも1本いただけるのだそう。もちろん、それは大川村に託したい。


これから毎年ドングリを送って、豊かな森づくりに貢献したいなぁと。そして、大川村は今治からもそう遠くはないところなので、いつか子供達とその緑を浴びに訪れてみたいです。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4   

コメント

素敵なお話ですね。凄く夢があって、心が洗われるようです。私も、良いドングリを見つけることができれば蘇我に持っていってみようかな。
大川村の森が、トトロが住んでる森みたいな素晴らしい森になるといいですね!

のりお #- | URL | 2015/11/04 12:17 [edit]

クヌギは虫食いでもほぼ発芽しますよ。

ムギ #- | URL | 2015/11/04 16:10 [edit]

>のりおさん

房総半島でそういう活動があればいうことないんですけれどね。

成田も緑が多いように見えて、谷津田は荒れているところばかりです。

J.A.ガビー #- | URL | 2015/11/06 22:52 [edit]

>ムギさん

そうなんですか。が、虫食いは受け取ってもらえないので、選別しました。

クヌギは虫が入っている率がコナラよりずっと少なかったです。コナラは
ほとんど入ってます。これが春になると我が家の新緑を荒らしてしまうん
だな、と。

J.A.ガビー #- | URL | 2015/11/06 22:54 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/274-c4299364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)