06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

再オープンの魚釣園にて五目釣り 

3連休中日の11日、今月はこの先ここしか家族3人揃って遊べなさそうなので、昨年末以来の陸っぱりの釣りに。IMG_2234.jpg東日本大震災で破壊され閉園となっていた鹿島港の海釣り施設「魚釣園」に行ってきました。成田近辺で子連れで釣りをするとなると断然鹿島港ですが、中でも使い勝手がいいのがこのスポット。去年末までは復旧させる気配は全くなく半ば諦めていたのですが、いつの間にか整備し直したようです。釣りやすいし、眺めもいいし、トイレもあるしで、入場料はかかりますがやはりここが一番です。


連休中で潮回りも大潮だから混雑しているだろうと、当初は、早朝出発して開園に並び昼過ぎまでと計画しましたが、前日になって午前中はぐづつくという予報になったので作戦変更、夕まずめ時を一番の狙いに昼前から夜の閉園までやろう、ということに。狙うのは、僕はもちろんいつものアイナメ、カサゴ、ムラソイ等根魚、息子たちはサバ、アジ中心に五目。前日から餌のサンマやコマセ、小物類を買い込み、ペットボトルも凍らせて準備万端。明くる日の食卓を豪華に飾るぞ!


IMG_2203.jpg...気合が空回りしたのかせっかく短冊に切って塩漬けにした根魚用のサンマを家に忘れるミスはありましたが、天気もなんとかもってくれ、到着した時には霧雨程度。釣り場も空いていて狙いの場所にすんなりと入れました。で、コマセをまくや否やボラメジナが湧いてきて、まずは昼食にしたいといっていた息子達、そんなことはすぐに忘れ、早速釣り上げる幸先のよいスタート。


IMG_2200.jpgIMG_2212.jpg胴付き仕掛けの僕の竿には明確な当たりこそあるもののなかなかのらず、なぜだろうと、餌をつけては落としを繰り返しているうちにやっとかかったのが小さなカワハギう〜ん、嬉しいけれど君ではないのだ、僕が釣りたいのは。が、望みの根魚は全く。子供達は、引き続き群がるメジナウミタナゴに相手にしてもらっていますが、コマセをあっという間に使っていき、夕方サバやアジが回遊してくるまでもちそうになく、追加で買いに走らねばなりませんでした。そのうち満潮時間となり、小魚達も姿を消し、ショーゴも底物狙いに。と、かかったのは手のひらサイズのカレイ。ん?ここ昔は岩場だったんだけど、もしかして砂地になった?


IMG_2223.jpgところがそんな疑問をもった矢先に、クジメ、そして小さいながらアイナメが続けてかかり、さらにロッドをカンタに渡していたら、ササノハベラが。やはり岩はあるんだな、もっと歩いて魚を追いかけるべきなんだろうけれど、子供達もいるし、まぁ、いいかここで粘ろう、なんて考え、続けていたら、今度は20cmを大きく越えるタカノハダイIMG_2238.jpg2年前にも釣った魚でしたが咄嗟には名前が出てこなかった珍客です。確か前は塩焼きにしたけれど、磯臭くてあまり美味しくなかったような。引きもあまり強くなかったし、なにか違う。で、日が傾き始め、空が美しいグラデーションを見せてくれた17時近く、ようやく狙いの1つアカメバル(たぶん)がヒット。20cmクラスのなかなかの良型です。鹿島港の波止釣りでは15cm程度までが多いメバルなので、これはとても嬉しかった!


IMG_2264.jpgそれを合図に夕まずめのピーク時スタート!…のはずが、どういうわけかその後はむしろ当たりが遠のき、小魚の魚影も現れず、完全に日が暮れてからはさっぱりで、18時半、撤収。結局10目13匹と、1日釣っていたにしては数は少ないものの種類だけはやたら豊富、しかもサバ、アジ、ムラソイ、ハゼと、そこで一番メジャーな魚達は入っていないというちょっと変わった釣果になりました。収穫的には50点だけど、満足度は90点というところ。なんとか夕飯分は賄えたし、天気も回復した中とても楽しかったし。


IMG_2259.jpg根魚は身は刺身、あらは味噌汁、磯臭いタカノハダイ、ウミタナゴ、ササノハベラは塩焼き、カレイはじめ小さい魚は丸揚げと、この辺はすんなり決まりました。メジナとボラはどうしようか迷いましたがどちらも臭さがなかったので刺身に。ボラの頭は未々乃介にあげたら小躍りして飛びかかり、バリバリと。やはり彼は生の魚が一番好きみたい。火を通すとあまり食いつかないのに、生だとしゃぶりつき、大きな骨だけ綺麗に残して平らげてしまいます。IMG_2274.jpg骨が刺さる可能性あるからこういうのはあげない方がいいのだそうけれど、流石拾われ猫、頼もしい。で、僕らはというと、それぞれが釣った魚を中心に食べました。根魚の旨さは期待通り。メジナとボラの刺身も案外いけましたが、一方でタカノハダイ、ウミタナゴの塩焼きはやはり磯臭くしかも水っぽく…。最高だったのは、僕の釣り的には外道だった小さなカワハギ。半身で1切れのサイズながら感動さえする旨さでした。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

コメント

カワハギをあのサイズの鈎で釣るなんてなんと素晴らしい!

ムギ #- | URL | 2015/10/19 16:58 [edit]

>ムギさん

ということは本当にまぐれだったんだ!w

J.A.ガビー #- | URL | 2015/10/19 21:58 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/273-1aa53623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)