10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2015 今治の夏 〜夜のクワガタ採り、再び〜 

今治にいる間にもう1回行きたい...。夜の伯方島のカブトムシ、クワガタムシの凄さをもう1度見たかった僕達親子は、1日置いて6日の夜に再訪してみました。とりわけ僕には、2日前に5匹採集したヒラタクワガタは再びみつかるはず、それも、大きな個体も潜んでいるはず、という思いがありました。


ヒラタクワガタは「賃貸マンション暮らし」のような性質があり、住処となっている樹洞や樹皮のめくれから1匹取り除くと、数日内に別の個体が入ります。奇しくも僕が海釣りで一番好きなカサゴに似ています。大型で強い♂ほど良い場所を確保しているものなので、後から入る♂の方が小さいことが普通ですが、逆パターンがないわけではありません。5匹を捕まえたところにはまたヒラタが入るはずだし、もっと大物がいても不思議ではない。久々にヒラタクワガタ採集熱が再燃した僕は、まだあまり採集経験のない息子達にその面白さを伝えたく思いました。


P1200424.jpgそれにしても滞在している今治湯ノ浦から夜思い立って伯方島へ行けるなんて、僕が子供の頃には考えられませんでした。しまなみ海道のちょうど真ん中にある伯方島へは、昔は今治港からでさえ船で1時間かかったのではないかと思います。もちろん夜に往復なんてできませんでした。そもそも、隣の大三島には上陸したことも昼間ながら虫採りをしたこともありましたが、伯方島は訪れたことがありませんでした。今治から橋でつながったのは1999年、さらに高速道路で結ばれたのは2006年のことですが、それ以前に虫採りをしていたらどんなことになっていたのでしょう。


DSCN4068.jpgIMG_1585.jpgそんなことを思いながら、片道25kmを車で飛ばすこと40分、狙いのクヌギ林についてみたら、まずは驚きのネブトクワガタの♂!今回25年以上ぶりに採集したクワガタを再び見ることになるとは。ネブトクワガタはほとんど飛ばないようなので、生息は局地的、裏を返せば僕達が見つけた場所は、ネブトクワガタの確実な発生地なのかもしれません。その後さらに2匹の♂を捕まえ、今回の滞在でのネブトクワガタは計♂4匹となりました。う〜ん、どうせなら♀を採って繁殖させたかったけれど、それはまた来年以降の楽しみに。


RSCN4104 (1)そしてヒラタクワガタはというと、2日前に♂を捕まえた「マンションの一室」で予想通りに小さな♂を1匹捉えた後、斜面をよじ登り前回見落とした木々を見回ってみたら、やっぱりいました!それもすごく立派な♂!こんな大きなヒラタクワガタを見つけたのは、6年ぶり。その時の様子はこちら。もっとも、手にしてみればごっつい体の割に顎の小さい個体で55mm程度、そんなに大物ではなかったのですが、夜の樹液場のクワガタムシはバイアスがかかるもので。そして♂を捕まえてみたらその下から♀も。


IMG_1581.jpgここ数年、日中の海釣りに夢中で、クワガタ採りはほとんどやらなかった四国での夏休みですが、今年は、釣りの方が潮回り悪くさっぱりだったせいもあり、久々に逆転、虫採りの記憶が刻まれそうな1週間でした。来年の夏はどうしようかな、どうなるかな...、遠いなぁ。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/268-6463c5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)