08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2015 今治の夏 〜夜の伯方島〜 

今治での夜のクワガタ採りは、近年は滞在している今治湯ノ浦ハイツの周辺で散歩がてらにするくらい。以前は結構な広範囲を車で探したものですが、結局一番確率が高いのは宿舎の周りと気づき、遠出をしなくなりました。それも日中の魚釣りで燃え尽き、省略してしまうことが多くなっていたのが最近。成田でもできるアクティビティは当然ながら後回しになります。が、しかし、ネブトクワガタが採集でき、ヒラタクワガタを取り逃したことで、あの林は夜はどうなっているんだろうと僕も息子達も興味を抑え込むことができず、行ってみることに。最近お子さんがカブト・クワガタに目覚めたという友人のよろず体験事務所をかしやのインタープリターまろさん親子もお誘いして、4日夜、しまなみ海道を渡り、伯方島へ。


DSCN4000.jpg街灯のない真っ暗な山の斜面をバックに目の前に広がったのは...。夜の樹液採集は何度やっても胸躍るものですが、散々見ているので驚く、ということはなくなりました。そしてまろさんは自然案内のプロであり達人でもあるので、彼も多少のことでは驚かないに違いありません。あくまで子供達に素敵な経験をさせてあげたいというのが先にあったはず。その大人の2人が声を出してたまげ、興奮してしまった、そんな凄い光景!


DSCN3999.jpg先日カブトムシの♂の頭がたくさん落ちていた前のシラカシには、まるで実が成るようにカブトムシが群がっていました。低い所にいるのはショーゴとカンタが片っ端から手にしていきますが、その上の方では、♂同士激しく喧嘩中。敗れて投げ飛ばされた個体が周りをブンブン飛び、漆黒の闇の中に騒々しい音が響きます。そして、手の届く範囲の虫は全部剥がしたショーゴが木を揺すれば、カブトムシとクワガタが降ってきて、思わずみんなが頭を抱えてしゃがみ込む程。恐怖ですらありました。たぶん半分は逃したのではないかと思うのですが、それでもまろさんのお子さんこまろ君の持ってきた飼育ケースは一瞬にして一杯に。


DSCN4004.jpgそしてその奥、クヌギの木々へ。1度しか訪れていない道、フクロウが不気味に鳴き、蝉が警戒音を発する中、手元の懐中電灯だけを頼りに歩くのは本来かなり怖いはずですが、一同たいして気にせずどんどん進みます。目標を少し見誤ったり砂地の崖にちょっと足をとられながら、樹液の出ている木に近づきライトで照らしてみると、いました、こないだ取り逃したヒラタクワガタの♂!いや、待て、こっちもいるぞ、あっ、こないだ採れなかったのこの木じゃなくて、あっちの木じゃん!


DSCN4008.jpgDSCN4012 (1)そんな歓声をあげながら僕とショーゴは、樹皮の捲れた隙間にいる黒いクワガタを引きずり出しては、紛らわしいコクワガタは闇に放り投げ、ヒラタクワガタだけをケースに。♂4匹、♀1匹を同時に捕まえましたが、そこまでたくさんのヒラタを同時に採集したのは、流石の僕も初めて。もちろん樹液には他の虫もたくさんいて、カブトムシ、ノコギリクワガタと共に、まろさん&こまろ君はミヤマクワガタも発見。これらが同時に見つかる場所って、関東では恐らく伊豆半島だけ。さらにほとんど棲み分けらしい棲み分けをしていないようなのは、しまなみ海道ならではの特徴です。


IMG_1535.jpg翌朝も早くから遊ばなければならないために、30分程度で切り上げましたが、それでも虫かごに納まったのは、ヒラタ5、ミヤマ2、ノコ5、コクワ8、カブトムシ9の計29匹。もし全部を採っていたら50匹は下らなかったと思います。


小学2年か3年の頃、今治の山の方の街灯でカブトムシを沢山拾わせてもらった記憶が微かにあるのですが、子供達にもそういう思い出になるようなシーンだったかな?いや、たぶん、僕ら大人も忘れないだろうな…。もう1回行きたいなぁ!











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/267-899b53af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)