10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ミヤマクワガタはやはり遠くへ? 

ミヤマクワガタが少し近くに、と書いて3週間。クワガタムシにも夏の茸にもそろそろ絶好のシーズンということで、昨日、再び那珂川流域の雑木林へ。「同業の採り子」も多いはずの日曜日なので頑張っていつもよりずっと早く動き出し、7時半には家を出て、9時過ぎにはフィールドイン。梅雨の真っ只中、終日小雨の予報で道中もずっと降っていましたが、栃木県益子町の最初のポイントに着いた時には幸先よく止んでくれました。


IMG_151115.jpg益子町の知っているポイントでは、クワガタはすでに採られた後らしく全く姿を見ませんでしたが、これは想定内。むしろ、セップ/ポルチーニのヤマドリタケモドキが4本、計500g以上採れたので万々歳。さらに、イグチの仲間でおいしい茸としてなんとなく頭に入れていたアケボノアワタケも初めて見ることができました。IMG_151120.jpgDSCN3764.jpg見つけた瞬間にたぶんそうではないかな、と閃き、その通りだった食菌は久しぶり。こういう風に感動を伴って出会う茸は、人と同じで忘れることがありません。



その後、山がより深くなる茂木町へ移動、いくつか小さなポイントを周って空振りだった後、一番のお気に入りのクヌギ林へ。ここまで来ると、仮に先行者がいたとしても全く採れないということはなくなります。ゴム槌で背の高い木々をトントンしていくと、何本かに1本、上の方でガサっと何かが枝葉に当たる気配。その瞬間3人で息を止め耳を研ぎ澄ますと、今度はボトッという音が地面に響きます。瞬時にそこへ駆けつけ下草をかき分けるとクワガタが。この面白さ、やめられない。


IMG_151124.jpg初めてこの林に子供達を連れてきたのは6年前、当時は地面に落ちたのを拾うのさえほとんどできなかったショーゴも、今では、1人で木を揺らし、1人でクワガタを見つけ出すように。逆に、あと何年、こんな遊びにつきあってくれるのかなぁ、なんて思うくらい。カンタもまだ多少下草が高いと毛虫を恐れて入れなかったり、午後になると息切れする部分はあるものの、だいぶ逞しくなってきました。虫捕りシーンで気づく、子の成長。


IMG_151125.jpgが、雨が続き、気温も低かったこともあってか、7月にしては落ちてくる頻度が少なく、しかもお目当てのミヤマクワガタではなく、ノコギリクワガタばかり。ほとんどが♂なのは発生初期だからいいとして、大顎の湾曲した結構大きなのまで見つかります。しまいには68mm程もある立派な個体まで。こういうのがいるということは、ノコが優勢になっている証左です。もともとこの林にはノコは全然おらず、ミヤマクワガタ、そしてスジクワガタの天下だったのですが、年々、ノコが目立つように。この2、3年、そう書いてる気がしますが、今年ほどノコが多いのは初めて。山だけ見れば、特に緑が削られたわけでもないのですが、もう少し広い視野でこの地域を眺めると、う〜ん、ミヤマが住むための森の豊かさが失われてきているのかなぁ。


他のミヤマポイントも♀1を採集したのみでダメで、夕方お気に入りの林に戻って再チャレンジするも、ノコを追加したのみ。いつもより1時間遅い17時まで粘るも、ミヤマはその♀だけで、あとはノコが20数匹(うち♀3匹)、スジクワガタ♂2匹でした。そういえばカブトムシも見ていませんが、こちらはあと数日で一気に出てくるでしょう。


IMG_151135.jpg一方、茸はその後、手にしたのはムラサキヤマドリ1本だけも、実に美しいタマゴタケが見られました。美味しいと言われてはいるものの、我が家ではその味は人気がなく、採取することもあまりなくなりましたが、何度目にしてもこの朱鮮やかな茸が突如茶色の地面から顔を出すその姿は神秘的で不思議。見つける度に心が揺さぶられるようです。


あとはいつもの通り「ホロルの湯」でさっぱりし、晩御飯を食べて21時半帰宅。翌日は学校なのに、だいぶ遅くまで遊びに行けるようになったものです。車を降りてからの片付けも手伝ってくれ、早い。


ヤマドリタケモドキとムラサキヤマドリは状態がとてもいい半分はさっと汚れを落として冷蔵庫へ。明くる今日、バターでソテーしたら醤油のような芳しい香りがふわっと広がり、去年採ったドライの戻し汁を加えたら、飛び切り美味しいクリームパスタになりました。残りの半分はスライスしてオーブンで表面の水分を飛ばすと共に殺虫、その後ザルに並べて乾かしています。そうだ、この辺の処理の仕方も記事にしたら喜んで読んでくださる方がいらっしゃるかな?


IMG_151150.jpg今年は2回の採集でまだ1ペアのミヤマクワガタ。どこかでもう1回行きたいねと、ポルチーニのクリームパスタの食卓を囲みながら話しました。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

男の子は自然や昆虫などと触れ合うのは良い体験ですよね!
うちの長男はカブトムシやクワガタに付着するダニのアレルギーが
酷いので、幼稚園でそれが発症して以来、我が家では昆虫…特に
カブトやクワガタが飼えなくなりました。おかげで、三兄弟、昆虫苦手で
困ってます。(汗)

キノコにクワガタに…、初夏を満喫ですね!
パスタも美味しそう~!
万が一、今度引っ越す場合は、ガビー家のご近所に
お引越ししたいですっ!

息子さん、二人、大きくなりましたね~(*^_^*)
食事の食べる量も増えて、ガビーさん、作り甲斐、ありますね~♪

ふっきゃん #- | URL | 2015/07/06 22:47 [edit]

>ふっきゃんさん

あらぁ、ダニのアレルギーですか、それじゃあしょうがないですねぇ。
好きになれないのも当然かも。

もし僕、娘もってたとしてもたぶん同じように自然や虫と触れ合わせて
いたと思います。基本、生きとし生けるものが好きな女性がいいですか
ら。

茸は、年々、少しずつコツをつかんでいくと共に、収穫量が増えている
感じです。ポルチーニはもう完全にマスターしたので、見分けも付きま
すし。舞茸とか本しめじといった古来日本で親しまれている茸には、ま
だ巡り会わないのですが。

長男はもう間もなく、僕の身長を抜きそうです。玄関にある靴、自分の
がどちらかわからなくなる時があります、

J.A.ガビー #- | URL | 2015/07/08 23:16 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/262-4bca464d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)