08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

突然、彼女はやってきた 

出勤前の朝、嫁さんとカンタと家の近くの林を、茸を目当てに歩いていたら、薮に捨てられたボロボロの段ボールから1匹の子猫がさっと現れ、こちらを見つめて、ニャア、と。うわ、誰も通らないこんなところに捨てられちゃってかわいそうに、とは思ったものの、見なかったことにして先を行こうとすると、鳴きながらよちよち歩きで必死についてきます。IMG_0549.jpgIMG_0533.jpg僕は犬は飼いたいな、と常々思っているのですが、それも家の外で、というイメージ。家の中で動物を飼う考えはないので、猫を迎える気持ちは全くありません。子供達に大人気で我が家に遊びにも来てくれる僕の妹は猫アレルギーだし。が、猫好きな嫁さんが思わず抱きかかえてしまい、顔を見ると、これがなんとも愛らしい♀の子猫。ニャアニャアミャアミャアとしきりに何かを訴えかけてきます。これをもとの汚い段ボールに戻すことはとてもとてもできず、とりあえず一旦我が家に連れていき、命だけはなんとかしてあげよう、里親を探してやろう、ということに。


IMG_0573.jpg嫁さんが慣れた手つきで体を丁寧に手入れしてあげると、藪の中にいた割にはとても綺麗でダニが少しついていただけ。顔も拭ってあげたらなかなかの美女。生後1ヶ月くらいではないかというので色々調べ、牛乳はダメらしい、じゃあどうするよと、水、ご飯、鮭だけ与え、簡易のトイレも設置。するとこの子猫は、食べ物もちゃんととり、トイレもすぐに覚え、全然手がかからないお利口さんです。人懐っこく、何かと話してきます。うちはねぇ、飼えないんだよ、ニャア、猫アレルギーの家族がいるからね、ニャア、それに家の中散らかしちゃうでしょ、ニャア、だから育ててくれる人探すからしばらくの間だけね、ニャア...。


IMG_0611.jpgそれから2日、嫁さんと子供達はそれぞれ、里親探しに奔走してくれたようです。近所の公園で手当り次第に尋ねたり、職場や学校でみんなに聞いてまわったり。一方、仕事をしていた僕の中では彼女のことが頭を離れません。恐らくは一緒に捨てられた兄弟がいたはずのところ、猛禽類も棲むあの林の中では、彼女が生き残っていたのは奇跡だと思います。そしてあんなところを通りがかるのは、地主さんか我が家くらいしかありえず、僕らに拾ってもらうのがラストチャンスだとわかっていたのかもしれません。その後の彼女は、まるで、僕達に気に入ってもらうために必死であるかのようです。そして仕事からグッタリ疲れて帰った時に、つぶらな瞳ですり寄って来るかわいくて温もりのあるこの子に、今まで経験したことのない癒され方もしました。


IMG_0606.jpg里親を見つけるにも、拾った猫はお医者さんに連れて行くのがマナーらしいことがわかり、もちろん心配でもあったので、今朝、動物病院へ。僕にとっては人生で初めてのこの種の病院で、拾った猫であること、その時の状況、名前はもちろんないことなどを説明し、診ていただいたところ、体重380g、体温38℃、やはり生後1ヶ月くらいの離乳期で、健康そのものであることがわかりました。こちらの情が移りつつあるのを知ってか知らずか、この後のケアの仕方や病院についても丁寧に説明してもらい、餌のサンプルまでいただきました。そして、驚いたことに、捨て猫を拾われた善意にはうちも、と診察料をとらず、名前が決まったら名前を書いてあげて下さいね、と診察券を。公津の杜動物病院さん、どうもありがとう。


当面の餌、餌皿、トイレ、と買い揃えて帰った僕の傍、僕の座布団の上で、彼女はホッとしたように、ゴロゴロ喉を鳴らしたり、スヤスヤと寝たり。たまに遊びに来てくれる妹には悪いけれど、彼女が来る時は猫を隔離して徹底的に掃除したり、あるいは空気清浄機を買えばいいかな、とか思案している一方で、名前は、ニャアニャアミャアミャア鳴いていたところの響きから、フランス語で「にゃんこ」という意味合いのミミーヌmimineがいいなぁなんてことを考えていたり...。


少しは落ち着いた?


ニャア。IMG_0561.jpg


我が家の居心地はどう?


ミャア。


行くあてもなさそうだし、いっそ、うちの娘になる?


ニャア。IMG_0552_20140917150841acb.jpg


名前はミミーヌでいいかな?


ミャア!








blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



関連記事
スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4   

コメント

いい方に連れて帰ってもらってよかったねv-10
ミミーヌちゃんv-343
公津の杜動物病院さん、ステキ~v-352

うめや珈琲 #- | URL | 2014/09/25 00:25 [edit]

>うめや珈琲さん

こんにちは、コメントありがとうございます!

うめや珈琲さんのブログに触発された部分もなくはないかと...まさか
自分が里親になるとは想像していませんでしたが。

動物病院の対応が最後の一押しになった感じです。本当に感激しました。

J.A.ガビー #- | URL | 2014/09/26 09:38 [edit]

か、かわいい!

こんなかわいい子猫を誰がなぜ捨てるのか・・・
という怒りもありますが、それはひとまず置いときますね。


か、かわいいじゃないですか!
ミミーヌちゃん!?
「飼えないんだよ」と言いつつも、「もう我が子にしちゃうぞ」オーラが出ちゃってますね。
Twitterを拝見する限り、もう完全に新しい家族として受け入れられたのかな。

早速お医者さんに連れて行くガビーさん、お世話をする家族の方、診察料をとらない獣医さん、いずれもとても素晴らしいお話で感動しました。
実は私もかつて犬を飼っていたので、ペットを飼うことの重大性というか、覚悟というか、そういうのは一応分かっているつもりです。
これがなかなか大変なんですが、でも、癒されるんですよね~。
これから長いお付き合いになると思います。
正直、大変なことも多々あると思いますが、どうか可愛がってあげてくださいね。

ミミーヌちゃんとの楽しい日々の記事も、お待ちしています(^^)

まっさ #jCQMju/w | URL | 2014/09/26 23:45 [edit]

>まっささん

コメントありがとうございます!

もうかわいくて、かわいくて。いつの間にか、元々うちに来るべきだった子、のような感じ
になっています。虫や魚、蛙、蟹など、小さいペットは常にいる我が家なんですが、この子
はペットというよりも一段上、うん、家族という感じです。家の中に動物は持ち込みたくな
い、という気持ちはまだあるのですが、ミミーヌは別だから、という全くもって矛盾したお
かしな考えが僕の中にあり...

去年から今にかけて、僕が職場を変えたことにより、大きな変化のあった我が家。まだ落ち
ついたわけではないのですが、少し前が開かれて来たところにやってきたミミーヌ。幸運の
使者、のような直感があるので、大切にしていきたいです。

J.A.ガビー #- | URL | 2014/09/28 19:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/246-864841e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)