08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

イノシシの赤ワイン煮、カシス風味 ~仕上げる~ 

さて、いよいよイノシシの赤ワイン煮、カシス風味を仕上げて、美味しくいただきましょう!


1晩置いた鍋を火にかけて温めます。急ごうとして火が強すぎると底が焦げついてしまうし、肉も固くなってしまうし、水分も蒸発して、また調整しないといけないので、そこそこの火でたまにそっと肉が崩れないようかき混ぜながら気長にゆっくりと。もし鍋からタッパー等に移して保管していたのであれば、電子レンジでの加熱もお薦めです。


DSCN2007.jpgDSCN2009.jpg温まったところでカシスジャムで甘味と酸味を。僕が使ったのは、フランスサンダルフォー社の砂糖不使用のカシスジャム。今回のレシピでこのジャムでは60gでちょうど良い感じでしたが、ジャムの甘さにもよるので、味を確かめながら入れて下さい。準備段階にも書いた通り、ラズベリーや柑橘類、あるいはイチジクのジャムも相性よいです(その場合前の記事のリキュールもそれぞれにあわせます)。しまなみ海道のイノシシなので、ミカンやレモン風味に仕立てればよかったかと今頃になって少し後悔。グッと味にメリハリと深みがつき、なるほど、と思っていただけたら、その煮込みもこの記事も大成功。さらに細かく切ったバターを溶かし込み、全体をまとめます。そうそう、肉を準備した時にとっておいた血があればそれもここで加えると少々ワイルドな味に。もちろんこちらはお好みで。これでようやく完成!時間はかかったし、文字数も多いけれど、やってみたらとても簡単、是非お試しを。


IMG_20140067.jpgDSCN20431 - バージョン 2なお、今回僕は、じゃがいものムースリーヌと、庭で栽培していた姫人参を付け合わせに添えましたが、緑黄色野菜でも根野菜でも、シチューに使うようなものならなんでもあいます。ボイルしただけの温野菜ならバターを少し絡めるとバッチリ。芋類なら、焼いたものでも蒸したものでも相性がいいです。他、もちろん茸も。お好きなものを添えてお皿を華やかに演出してみて下さい。


DSCN20511.jpgDSCN2058.jpgところで、もう1品。この煮込みの煮汁は余るはず。ただそれを無理にスープのようにすくって食べるのは、おいしいけれどもったいない。残しておいて、スケーキや焼肉のソースに使ってみて下さい。もちろんすぐに使わないのであれば冷凍で保存できます。僕はといえば、イノシシのロース肉もいただいたので、こちらを厚さ1cmほどにカットし、中がほんのりピンク色の状態にさっと焼いてこのソースを活用しました。イノシシロース肉のソテー、カシスソース Sauté de Sanglier au Cassis 。これまた、たまらない旨さでした。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





関連記事
スポンサーサイト

Category: 料理

Thread: 料理

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 8   

コメント

「イノシシは鍋で食べるもの!」
じゃなかったんですね。

ムギ #- | URL | 2014/02/26 09:36 [edit]

すごーい!

イノシシは食べたことがないのですが、すごくおいしそう!
手順も細かくて、もしも手に入ったら(そんな機会があるかはわかりませんが)
作ってみたくなりますね。
調味料も手に入りにくいものではなく、
よく見かけるジャムやワインでいいというところも素敵♪

私のほうは、どっぷりとオリンピック漬けの2月でした。
真夜中の放送は朝方の人間には辛いですが、
たくさんの感動をもらいました!(特にまおちゃん!)
冬のオリンピックを見ると、スキーやスノボに行きたくなりますね♪
もう昔の板は使えそうにないけれど・・・笑

あゆ. #5wmSjz6k | URL | 2014/02/26 10:39 [edit]

〉ムギさん

個人的には、こっちの方が好きです!

J.A.ガビー #- | URL | 2014/02/26 22:53 [edit]

〉あゆ.さん

イノシシはそう手に入るものではありませんが、例えば牛肉の赤ワイン煮なんかも同じ手順です。牛肉の時は、僕ならフルーティーにはせず、オーソドックスな赤ワイン煮にしますが。是非お試し下さい!

冬のオリンピックは、僕は断然ジャンプ競技が好きなんですが、それ含め、今回はまだ見る余裕がなく、全て結果をニュースで見る味気ないものでした。スポーツはやはり、オンタイムで観ないとダメですね!雪国育ちのあゆ.さんは、スキーもスケートもお手の物なんでしょうか?僕はスキーは数えるほど、スケートは1回しかしたことありません。

J.A.ガビー #- | URL | 2014/02/26 23:02 [edit]

美味しそう~っていうか、絶対おいしいはずなので、
食べたい、食べたい、食べたい!!
四月初めまで地域役員等の引き継ぎの準備であわただしいので、
落ち着いたら、気分転換に美味しい料理を作ってみたいです(*^^)

イノシシ肉でなくて、牛肉で作る場合も全く作り方一緒でいいですか?
カシス風味のソースがとて気になります!

うちの子供たちはカシスのジャムが好きなので、きっとソースで
活用したら、喜んでくれるだろうな~♪

ワインで煮込むときは、いっつもワインをケチっていたので、
今度は贅沢に使って作ってみたいと思います(笑)

カープキッズ #- | URL | 2014/02/27 20:08 [edit]

>カープキッズさん

料理の記事まで読んでいただいていたとは、大変うれしいです!ありがとうございます!

牛肉を使う場合でもできますよ!もっとも、個人的好みでは牛の赤ワイン煮はフルーツテイ
ストでなく王道の赤ワイン煮の方が好みで、その場合でもレシピからジャムを外してそのま
まできます。フルーツは牛より豚の方が相性がいいものが多いように思います。豚の生姜焼
きの砂糖やみりんの部分をジャムに変えるのもお薦めです。

茶色いソース系の料理で、赤ワインはけちらずたっぷりと、というのは、確かに、プロとそ
うでない方とで別れるところですねぇ。よく見かけるレシピの、100ccとかいう量、しかも
軽いクッキングワインを使ってというのなら、ほとんど意味がありません。なぜならワイン
はそのままでは旨味は薄いので、ギュッと濃縮させる必要があるので、100ccを煮詰めてで
きる旨味なんてほんのわずかだからです。

例えばミートソースを作る時にもリッチな赤ワインとトマト缶をしっかり使えば、ケチャッ
プだのチキンブイヨンだのと使わなくても大丈夫。さらに肉にベーコンを混ぜ、ローズマリ
ーとローリエを使えば、専門店の香りと品のあるミートソースになりますよ〜!

J.A.ガビー #- | URL | 2014/03/01 11:42 [edit]

実に美味しそうですね〜v-10
昔、JRに跳ねられた熊の肉をもらって調理したことを思い出しました。
毛を取るのとアク抜きに苦戦した記憶が…
もっと早く、ガビーさんのレシピに出会っていたらー。
きちんと手間をかけて野生肉を美味しく調理できただろうな^^;
サンダルフォージャムはよく買います。
今度、鹿肉が手に入ったとき、ガビーさんレシピを参考に作ってみたいと思いますv-218

くっちゃん #- | URL | 2014/03/07 22:15 [edit]

>くっちゃんさん

熊!!流石に熊は食べたことないし、ヨーロッパでも食材としては聞いたことないです。流石
北海道!どんな肉なんだろう...

鹿肉は同じように調理できます、お試し下さい!

J.A.ガビー #- | URL | 2014/03/09 06:45 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/233-b6d59866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)