06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

旅が向こうからやってきた! 

新天地で、気の抜けない日々を送る僕は、しばらくは遠出をする余裕がありません。できない、となると、余計にしたくなるものですが、ここは歯の食いしばりどころ…と頑張っていたら、旅の方から僕を訪ねてきてくれたような嬉しい出来事がふたつ。


一つは、大雪。僕は雪が大好きで、IMG_0040_201402111518460ac.jpg降り出すと、たとえスケジュール上被害を被る可能性があっても降り積もれと願い、いざ積もりだしたら庭駆け回る衝動に駆られるのですが、こないだの土曜日の雪は凄かった。生憎の仕事で、朝の出勤時に、白く化粧を施した本佐倉城址を京成の車内から撮影(右写真)した後は雪の状況を直接目にする機会がなく、ようやく外に出たのは夜の10時半過ぎでしたが、まさか20cmを越えるとは。


DSCN2014.jpg翌朝も早くから仕事ゆえ成田に帰らなかったのは正解で、翌日は成田と東京のアクセスは全滅だったとか。大変だったんだなぁと人ごとのように思いながら日曜の夕方に退勤するも、まだJRの総武快速線も京成本線も動いておらず、思いもかけず影響を受けました。が、なんとか家に帰れば、いやあ、実に美しい雪景色!そしてそして、公休だった今日、朝寝坊して起きてみれば、なんとなんとまた雪が降っている!IMG_0048.jpg雪は普段見ている風景を一変させてくれますし、光を反射して明るくもしてくれるし、本当に胸が躍りますが、大人になってまでそんな気分の僕はおかしいのかなぁ?子供達は、僕の作ったことのないかまくらをこしらえていました。まるで雪国が向こうから訪ねて来てくれたようでした。


なんでも首都圏で20cm超えの積雪は1994年以来とか。覚えてますとも、20年前の大雪!当時横浜で一人暮らしをしていたアパートに、仲間を呼びつけ、家の前の神社で壮絶な雪合戦をしたのが懐かしい。あれから20年。そして、この先20年すると、僕はもう還暦を越えてしまう。人生はかくも短い。


もう一つは、イノシシの肉。友人のよろず体験事務所をかしやのまろさんから届いた、愛媛県大三島産の野生のイノシシ。大三島にはもともといなかったのですが、近年、広島県側から橋を伝ってきて居着いたとかで、柑橘類を荒らし農家の死活問題となっているのだそうです。それを、ただ害獣として駆除するだけでなく、おいしく食べてあげるのが野生の掟ではないか、と考えた人達が「しまなみイノシシ活用隊」を結成。命を無駄にしない、そして、ボランティア活動から脱し地域の活性化に繋がる仕組み作りに、試行錯誤されているのだとか。しまなみ海道の自然をインタープリートするのが仕事のまろさんは、先月、その「しまなみイノシシ活用隊」の猟師、渡邉秀典さんを講師にお招きして「狩猟合宿 in 大三島」というなんともうらやましいイベントを開催したのですが、その際の収穫の一部を、参加することのできない僕に送ってくれたのでした。


IMG_20140067.jpgいただいたのは、肩からバラにかけてと思しき部位1.5kgとロース0.5kg。そのままさっと火を通せばおいしいロースは冷凍庫に置いておくことにして、肩からバラはフレンチスタイルで煮込むに限ると、4日前に赤ワインに漬け込み、昨日の朝煮込み、一晩置いて、今日、ビストロの王道スタイル『イノシシの赤ワイン煮、カシス風味』 Civet de Sanglier au Cassis として仕上げました。いつもながら市販のソースの素やコンソメパウダーの類いを一切使わず作りましたが、仕留められたイノシシ君もきっと納得してくれるであろう出来に家族揃って舌鼓!大好きなしまなみ海道とフランスが、束になってやってきてくれた、そんな感じでした。


さて、僕も人にしていただいた分は、僕なりのスタイルでまたどなたかに還元したいので、次回はその調理プロセスを書くことにしましょう。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

コメント

すばらしい感性

「旅が向こうからやってきた!」とても面白い表現ですね。
こちらは今年、雪が降らなくてとてもさびしいです。降ったら降ったでわずらわしい事も多いのですが、白銀の世界は美しいですよね。

雪かきも大好きですし、かまくらも子供をそそのかして、作らせますよ。自分で作ったりもします。。。楽しいですよね。

ガビーさんの「楽しく生きる」って、自然を楽しみながら共存する(ちょっと大げさかもしれないけど)そこに、テーマがありそうですね。


いのししの赤ワイン、羊でもやってみようと思います。
スパイスの秘訣はありますか??タイムとバジルと赤ワインが合うってことに最近になって気がつきました。

おいしいレシピがありましたら、紹介してくださいね~!

Samansaさん #- | URL | 2014/02/12 18:01 [edit]

>Samansaさん

コメントありがとうございます!素晴らしい感性、だなんて...ありがとうございます。

今日も雪。これから出勤なので、深夜の退勤時にはどうなっているんだろうという気持ちはなく
はないのですが、どちらかというと楽しみにしてしまっている自分がいます。もちろん、人前で
それをオープンにはしませんが。

自然を相手に、一喜はしてもいいけれど、一憂して不機嫌になっても仕方がない、と思うんです。
憂いたところで結果は変わらないのだし。楽しむ、の反対を、嫌がる、ではなく、ゼロに思う、
そんなことを心がけています。それができる豊かな時代に生まれたのですから。

さて、羊肉ですが、もちろん、赤ワイン煮にできますが、まずは部位が大事です。よくある鞍下
肉はロースなので、そのまま焼いた方がよく、煮たらもったいないです。煮るのであれば、腿か
ら脛にかけてがいいです。あと、多少臭いが気になるかもしれません。タイム、ローリエ等の、
汎用性の高いハーブをたっぷりと使うのがいいと思います。他、セージやローズマリーのような
癖のあるハーブもとてもあいますが、使い過ぎると気持ち悪くなるのでご注意を。バジルは、加
熱すると香りが飛んで行ってしまうので、煮込みには不向きとうかもったいないです。使うので
したら仕上げに(皿に盛る段階で)、散らしたり、ペーストにして添えるのがいいと思います!

J.A.ガビー #- | URL | 2014/02/14 08:54 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/230-f1390446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)