10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

首振りダンスは私に 

引き続き「贅沢な時間」を過ごしている僕は、一昨日、20年来の友人と、日の出から日の入りまで丸々1日の海釣りに。場所は、かつてホームグランドとしていながら、震災被害後は釣行を自重していた鹿島港IMG_0888.jpg釣り公園「魚釣園」こそ、まだ再開していないものの、周辺の復旧工事はかなり進んでいるというので、行ってきました。で、狙うのは、もちろん大好きな根魚、釣り的にいえばロックフィッシュ類。カサゴは産卵シーズンで釣り自粛のシーズンに入ったため、アイナメをメインターゲットとすることに。


といっても僕は胸を張れるサイズのアイナメを釣ったことはありません。いつも釣れても20cm程度、しかもよく見たら近縁種のクジメのことが多いかも。ただ、カサゴ釣りをきちんと教えてもらったことから、今回は、いる場所さえ抑えれば釣れるような自信があったのです。


IMG_0889.jpg道が思ったよりも混雑し、鹿島港の埠頭に着いた時にはもう日が昇り始めていました。朝のまずめ時を逃してしまったという少々の焦りを持ちつつ、6フィートのロッドにブラクリ仕掛けを結び、アオイソメをつけてテトラの際に投げてみると、いきなりコツンコツンという当たり。その後、ググッとのったと思ったら右に左に振れるので、すわ、アイナメだ、とリールを巻いてみたら、ワイン色に輝く魚体が上がりました。ん?これは色からしてもクジメかな?と思ったけれど、その時の僕には、アイナメでもクジメでもどちらでもよく、ブラクリで狙った魚をすぐに仕留めた嬉しさでいっぱい。


と、気持ちがご機嫌になれば、なんでもうまくいく、と僕が普段から信じている通り、いつもなら濁っていて見えないはずの足下の海中に、まるで今治の海のように魚影が。スズメダイやアジ、ボラ、そしてカワハギの小さいのがテトラの端にたくさん群れているのがわかり、ブラクリをやめて、サビキ釣りに。IMG_0884.jpgが、コマセには反応するも、サビキ仕掛けは見極められてしまうのか、あるいは針が小さいのか、メジナ、スズメダイ、カゴカキダイ、カワハギのそれぞれ掌サイズがポツポツとかかる程度。そこで、カサゴ用の胴突き仕掛けに変更し、針にオキアミをつけてみると、暴れる魚が!なんだなんだとあげてみるとウミタナゴでした。一瞬、クロダイの子供、チンチンかと思ったのでちょっと残念。ウミタナゴは塩焼きにするくらいしかないよなぁ、と思いつつ、その後も20cmサイズが断続的に計5匹も釣れ楽しませてくれました。


その胴突き+オキアミの仕掛けには、メバルがかかり始め、根魚好きとして嬉しい展開に。この時になってようやくです、僕がわかったのは。何かといえば、ブラクリ釣りは障害物には強いけれど、ピンポイントを攻める道具、もっと広範囲に、しかも複数の棚を攻めるには胴突き仕掛けの方が圧倒的に有利、先に胴突き仕掛けでやって、ダメな時にブラクリで厳しい所を狙っていけばいんだな、と。


IMG_0927.jpg胴突き仕掛けメインでやるべきとやっと気づいた僕は、その針先に、オキアミとアオイソメを代わる代わるつけて垂らし、トントンと底を叩いてみると、メバル以外にもムラソイ、クジメがかかるかかる。大潮の潮周りもあって、関東ではかつて経験したことのない入れ食い状態にも。根に潜られてしまって断念したり、余りにも小さくてリリースしてあげたのもあるけれど、唐揚げサイズのいいお土産が10匹程。そしていつしかアイナメを釣りに来たのを忘れ、2人で五目釣りに。カレイ、ハゼ、イシガニ等があがり、十目越えを達成。


自分の家の周りでこんなに沢山釣れたことは初めてだし、天気は快晴で気持ちがよいし、気の置けない友人も一緒だしで、これを満喫と言わずしてなんと言う、というくらい楽しんでいた午後14時頃、その日一番の当たりが。IMG_0920.jpg前兆からして強い当たりだったので思わず身構え、次の当たりで激しく合わせてみたら、左右に踊る踊る!反射的にこれこそがアイナメの首振りダンスなんだと解得したように思います。で、一気に引き抜いてみたら、27cmの正真正銘のアイナメ、やったっ!


アイナメを釣りに来たのだから、釣れるのが当たり前、なのでしょうが、狙っていた魚が思っていた以上のサイズでかかった嬉しさは、なんとも表現しようがありません。そして、このサイズの本物のアイナメを釣って初めて、朝釣った深紅の魚はクジメだとはっきりわかりました。尾の形が全く別物なのが見比べたら一目瞭然。


DSCN1801.jpg2人で30匹以上を手に、日の入り前に納竿。帰宅するや、一気にさばき、1時間半で、姿造り、塩焼き、素揚げ、味噌汁にしておいしく食べました。アイナメは、プロの方々を真似て、本当は昆布で締めて1日置いた上でもっと美しい姿造りにしたかったのだけれど、この喜びを一番分ちあいたかったショーゴが翌日から修学旅行で不在になってしまうので。見栄えは今イチ、そして鮮度が良過ぎて余りある歯ごたえながら、目に映った光景、手に残る感触が重なり、なんともいいようのない旨さでした。IMG_0928.jpg












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4   

コメント

ポン級一歩手前の立派なのを釣りましたね!何年も食べてないので羨ましい。

ムギ #- | URL | 2013/12/05 12:16 [edit]

>ムギさん

そう、あと3cm欲しかった!次回の目標です!

J.A.ガビー #- | URL | 2013/12/06 05:46 [edit]

大漁ですね!

わ~!すごいですね!!
私がアイナメを釣ったときは、船釣りで電動リールだったので、
地面についたらかかるといった具合で、引きの楽しみも狙う楽しみもなく。
テトラ下からそんな大物が出てきたら・・・想像するだけで武者震いしますね。

私は寒いのが苦手なので、最近は留守番が多く、
夫ひとりで勝浦や千葉港に行っていますが、まったく釣れていません^^;
ルアーのみで釣ろうとしているのもあるのでしょうが、
十数人はいる周りの餌釣りの人も釣れていないようで・・・
タイミングが悪いのか、場所が悪いのか・・・

今度は鹿島を勧めてみようかな・笑

あゆ. #5wmSjz6k | URL | 2013/12/10 09:13 [edit]

>あゆ.さん

僕も寒いのは大嫌いで、冬というだけで憂鬱なんですが、何せ遊べるのは今だけ
なので。12月に入ったこの時期に釣りするのも初めてです。もう1回だけ行くつ
もりですが。

アイナメのブラクリ釣りは半分ルアーみたいなものなので、ルアー釣りでも釣り
やすいんじゃないかと思います。根魚を専門に狙っている人もあまり見ませんか
ら、ライバルも少ないし。にしてもあそこまで大漁になるとは僕もびっくりでし
た。

千葉港で釣りができるのなら、我が家から最短距離の釣り場になります。何がい
るんでしょう?カレイ?スズキ?


J.A.ガビー #- | URL | 2013/12/10 19:14 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/224-cf1a5712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)