08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

雑木林のカラーズ 

台風の通過とともに一気に涼しく秋らしくなった成田市。家の周りの雑木林には続々と馴染みのある大型茸が生えてきました。


IMG_0704.jpgIMG_0732.jpgIMG_0725_2013092913285773e.jpgクヌギやコナラの緑の中で一際目立つ赤い色タマゴダケ。6月から10月まで真夏の一時期を除き長く見られますが、一般的なのは左のようにややオレンジがかったもの。それが、昨日見つけたのは、今まで見た中で一番と言える程の、見事なまでの真っ赤。IMG_0756.jpgまるで我が広島東洋カープの初のCS進出を祝しているかのような「赤ヘル」カラーで、かつ、柄もいつになく太く立派なタマゴタケでした。その「卵」から顔を出したばかりのものを持ち帰り、濡らした脱脂綿と共に瓶に入れておいたら、1日で右のように成長しました。



IMG_0722.jpg次に目についたのは、真っ白な茸、シロオニタケ。全く他の色の要素を持たないような純白でかつ表面に棘のある姿は、ウエディングドレスというよりは白装束を連想してしまう危険な雰囲気です。そのためか長く食毒不明だった茸。IMG_0762.jpg今では、毒成分はあるものの致死力があるわけではないところまでわかっているようですが、食べてみようという気持ちには全くなりません。この秋は大豊作なのか、例年よりもひとまわり大きく感じるシロオニタケが、広い範囲に生えていました。


IMG_0727.jpg沢山生えていたといえば、もう一種、超大型の茸アカヤマドリもあちらこちらに。その黄土色ひび割れた独特の傘は、丼くらいある大きさも相まって、遠くからでもよく見えます。僕の大好物でこのブログでも度々取り上げている広義のポルチーニ/セップの仲間で、おいしいと言われる茸ですが、虫にとっても特別に美味なようで、たいがい傘が開き始める頃には、虫にたかられ、管孔(傘の裏)は溶け出し、嫌な腐敗臭を出し始めていることが多いのが惜しい。今回も10数本、たぶんキロ単位で発見するも、1本として満足な状態のものは採取できませんでした。


IMG_0703.jpg対して、1本だけながら状態もとても良いのが採れたのはムラサキヤマドリタケ。今までは家の周りでは見つけたことがなかったこの茸を1本だけ、収穫できました。この紫色もまた、大変毒々しく、お世辞にも美味しそうには見えないのですが、僕が自力で採れる茸の中で最上の味のポルチーニ/セップの一種。薄くスライスして香りを楽しむのもよし、そのままソテーして歯ごたえを味わうのもよし、干して旨味たっぷりの出汁をとるのもよしの、実に素晴らしい食菌です。人間同様、茸も見かけだけでは判断できないものなのです。近い種類のアカヤマドリに比べると、発生の条件に注文がつくようで、梅雨の初めの頃と、夏から秋へ移ろう9月中旬の限られた期間に生えるように僕は感じています。


IMG_0742_2.jpg落ち葉が積み重なった腐葉土の中から、どうしてこんなにもカラフルな茸が出て来るのか、実に不思議で神秘的。そもそもなぜこんな派手な色をしなければならないのかもわかりません。林の中で茸を追いかけていると、茸にまつわる神話が古今東西に渡りある理由が、なんとなくわかる気がしてきます





おいしいきのこ毒きのこ

おいしいきのこ毒きのこ
著者:大作晃一
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/217-520db987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)