10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

昭和の匂いのするミャンマー 

近年、軍事政権がその門戸を開放し、日本企業の参入が相次ぐ注目の国ミャンマー。首都はネピドーですが、経済の中心地は旧首都ヤンゴン。先月、そのヤンゴンに初めて出張に行ってきました。


P1170457.jpgミャンマーについては映画『ビルマの竪琴』と、アウンサンスーチーさん、そして今治市出身のジャーナリストで反政府デモを取材中凶弾に倒れた長井健司さんのことくらいしか知らなかった僕は、他の東南アジア諸国と同じように、明るく人懐っこいけれど刹那的で持続力には欠ける人達の国なのではないかなぁ、そして民主化も一時的なカモフラージュかもしれず、いつ何が起きても、それこそ滞在中に拘束されて帰れなくなる可能性もゼロではない、とも思いながら訪れたのですが、その僕のイメージとは全然違っていました。


P1170546.jpgまず空港から市内へ向かってすぐに気がついたのが、街の清潔さ。東南アジアの国々はどこも、ゴミのポイ捨てを法律で罰するシンガポール以外、お世辞にも綺麗とはいえませんが、ヤンゴンの街中にはゴミが全くと言っていい程ありません。建設中の道路や建物が多く、土埃こそ舞っていましたが、ゴミが散乱しているのは繁華街でさえ目にしませんでした。僕が一緒に仕事をした仕事場でも、割ときちんと整理整頓がなされており、綺麗好きな国民性と見受けられました。浄、の観念のある仏教の国だからかも、などと考えましたが、でもタイだってインドだって仏教国なんだよなぁ。


P1170560.jpg次に、人々の照れ屋ぶりに驚きました。仕事場でもほとんどの方が挨拶しただけでうつむいてしまうし、ホテルの周辺を散歩していても、アジアでありがちなまとわりついてくる物売りが全くいません。シャイなのはベトナム人と通じるものがありますが、でもかの地では、積極的にお金を得ようと接近してくるやり手の人はいます。後で聞いたのでは、恥かしがり屋であると同時に、外国人に無闇に話しかけたりするのを禁じる法律もあるからだそうですが、細かい法律がたとえあってもないに等しい周辺諸国の無秩序を思えば、実に対照的でした。


さらに一緒に働いてみた限りでは、指示に忠実で勤勉、強い自己主張をしないようです。恐らくそれは軍政による教育のせいで、何かを命じられても疑問に思ったりせず、例えばお世辞にも良いとはいえない労働条件にさえ不満を口にすることは少ないようですし、他人と諍いを起こすことなく働いています。自分の力を目の前の作業以外に向けず、言われたことだけをきちんとやる、決して手を抜かない、という真剣さ。それと同時に、外国人の僕がいることもあって必要以上の緊張をしているようでもあり、とにかくリラックスさせようと努めたのですが、2日かけても肩の力を抜かせることができませんでした。


P1170544.jpgP1170547.jpgP1170549.jpg清潔好きで内向的、そして真面目。そう、まさに戦後の日本のようでもあります。長いこと紛争が絶えず、今なお事実上軍部が掌握している国にはとても思えません。そうそう、街中には、日本で使われなくなったバスがそのままの塗装で走っており、これで建物が日本風であれば、そのまま『ALWAYS 三丁目の夕日』の世界に見えるかも。なぜか神奈川県のバスが多く、京急バス、横浜市営バス、神奈中バス、相鉄バスを見つけました。道路が右側通行なので、車体の右側の中央に乗降口を新たにつけ、またメンテナンス上の問題があるらしく、エンジンカバーを開けて爆音を轟かせて走っていました。


P1170552.jpg交通の半分以上がこれらのバスとタクシー。自家用車となると途端に新し目の、それも高級車になるのが印象的でした。道路には信号もほとんどありません。僕の滞在した高級ホテルでさえ、電気も十分な供給量がなく、ましてやネットがつながる環境も整っていませんでした。そして流通網もないも同然で、例えば食べ物は、海外のものは言わずもがな、国内のものでさえ新鮮で良質のものを手に入れるのは容易ではないようです。ASEANを牽引するタイ、ベトナム、インドネシアの3国と大きく差がついてしまっています。もっともそれらインフラ面を整えていく援助をし始めた日本ですが、そこを埋めるのが果たして彼らにとって幸せなことなのかどうか...。


P1170542.jpgこの国の伸びしろが大きいのは間違いありません。このまま外国からの刺激を受けていけば、近い将来大発展をすることになるはずです。それと同時に、この素朴で穏やかなところが維持されたのならば、これほど素敵な場所は他になかろうなどと思いましたが、それはきっと相反する要素で、同時には成立しえないはずとも...。いつまでも男性がスカートを身につけ、ホテルマンでさえビーチサンダルのような履物を履き、街をいくお坊さんが深く敬われる所であって欲しいなぁと願わずにいられません。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!








関連記事
スポンサーサイト

Category: 西方見聞録

Thread: 旅先での風景

Janre: 旅行

tb 0 : cm 4   

コメント

No title

ミャンマー(ヤンゴン)が「ゴミのない綺麗なところ」というのは
意外でした。
やはり、テレビや新聞、ネットの情報だけでは
現地に行ってみないと分からないことも多いのですね

くっちゃん #- | URL | 2013/01/24 20:47 [edit]

>くっちゃんさん

いや、綺麗さにはほんと驚きました。そして、アジアで一番平和なんじゃないかと
錯覚するくらい静かですし。

ところでくっちゃんさんのジャカルタ紀行、楽しませてもらってますよ!バスだけ
のヤンゴンに比べると、千代田線や東急線が走っている分、大きく発展しているの
がわかりますよねぇ。それこそ中心部なんかものすごいビル群で、初めて訪れた時
には驚きました。

僕もジャカルタには去年2回行っていますが、プライベートではないので、電車は
見れずじまい。踏切を横切る時に、来ないかなぁ、と期待してたんですが。

J.A.ガビー #- | URL | 2013/01/24 21:26 [edit]

まーいど

ガビーさん!!!
ミャンマー、自分もこの記事読むまでイメージと全然違いました。
インドネシアやフィリピンみたいなところだとばっかり思ってました。特に某国で嫌な思いで仕事をしている自分にとっては、本当に新鮮でこういう人たちと仕事をしてみたいですね。
だけど今は、広告の需要がないんですわ、この国で…。

mizokicchi #- | URL | 2013/02/13 00:09 [edit]

>mizokichiさん

まいど!ブログの世界に、お帰りなさい。

僕らもまだそう商売になる国ではないんです
が、間違いなく伸びる国です。中国から東南
アジアにシフトする製造業は多いですが、こ
こかベトナムです。フィリピンはノリがあう
好きですが、計画性ないし治安も悪い。イン
ドネシアとタイは勤勉性や協調性、グループ
でやることの効率性に欠けます。Tシャツな
んか買っても、ベトナム製は他よりいいです
し。

今いるインドは、基本汚くて話にならないと
思いきや、恐ろしくできる人々もいます。僕
の仕事先については、ほとんど褒めるところ
しかないですし、日本人以上のものを作るす
ごい腕利きもいます。街中の無秩序とのギャ
ップが激しいです。

いずれにせよ、中国は上海以外はもう上がり
目はないのではないかとみています。

J.A.ガビー #- | URL | 2013/02/14 03:46 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/191-f8d8ec11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)