10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ニイニイゼミ初鳴き 

成田市では、昨日7月5日、ニイニイゼミが鳴き始めました。これが聴こえるといよいよ夏が来たかな、と感じます。夜も寝苦しくなってきましたし。いつもは6月の終わりには耳にするのにちょっと遅い。普通なら、今日あたりヒグラシの声が聴かれてもいいはず。ひょっとして冷夏?


暑い夏よ、カモ~ン!!


東京の住宅地育ちの僕は、でもなぜか、小さい頃から暑い暑い夏の海や山が大好き。愛媛の今治で過ごした夏休みの影響なのでしょうか、その色、匂い、音、温度、全部が好きです。成田に居を構えたのは、ここには、海こそないけれども、完璧といえる夏があったから。春、ニホンアマガエルとニホンアカガエルの大合唱を聴くと夏が近づいたと胸が高鳴り、今の時期、蝉が鳴き始めると興奮を抑えられず、秋の虫の声とともに太陽が弱々しくなっていくのを嘆く、そうやって夏を中心に1年をとらえる僕に、成田は、愛媛にこそ叶わないけれども、素晴らしい環境が揃っています。


ここではまずニイニイゼミが鳴き始め、次にヒグラシの熱唱が楽しめます。これぞ、千葉の夏!東京都心部にはほとんどいないヒグラシが千葉に多いのは針葉樹林、つまり杉林が多いからのようです。彼らは広葉樹林にもいますが、杉林の方がよりたくさんいて、例えば今治だと平野部に針葉樹林がないので、遠く山の方から声がする程度。それを、成田では家にいながら、筆舌に尽くしがたい程美しい輪唱を耳にでき、朝なんてその声で眼を覚ますくらいなのですから、なんて贅沢なんでしょう。


おっと、今日はヒグラシでなく、ニイニイゼミの話。


この、「岩に染み入る」ような鳴き方の蝉ですが、ひとつわからないことが。関東で僕はこの声を聴きこそすれど、姿を目にしたことがないのです。いつも木の上の方から声がするだけ。育った目黒区でもそうでした。ところが父の郷里、愛媛の今治では、子供の背丈くらいの低いところにもペタペタついていて、網がなくても捕まえられるほどなのです。色々調べても、別に種類が異なるわけではないようで、はっきりした理由はわからなかったのですが、最近、もしかしたら、絶対数の違いによるのかなぁ、と思っています。どうだろう、正しいんだろうか?w


で、今日、夕飯前に近くの山で鳴いているのが聴こえたので、自転車で駆けつけましたが、やはり高いところにいるようで姿は見えず。


ついでにヒグラシの声もしないかと耳を澄ませましたが、まだのようでした。


夏本番まで、もうちょい、です。


ちなみに、蝉については税所さん(Zikadeさん)という方がとてもお詳しいです。ホームページは日本にいる蝉が網羅され、なんと鳴き声まで楽しめます。夏の自由研究のヒントにもなるでしょうし、暑くて寝られない夜に読み明かすのも楽しいはずです。ご本人にお会いしたことは残念ながらありませんが、@niftyの昆虫フォーラムで、色々教えて下さいました。虫を採るということに対する見識や教養も大変高い方(大学の先生だからってみんながそうであるわけではない!)で、たぶん子育てをしているお父さんお母さんには必ず得るものがあると思いますので是非どうぞ!


ニイニイゼミのページはこちら









記事が面白かったらクリックして下さい!


関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4   

コメント

No title

こんばんは。ついにニイニイゼミが鳴き始めましたか。例年よりも少し遅めかもしれませんね。子どもの頃の記憶だと、京葉地域では6月30日頃には鳴き始めたものです。

ニイニイゼミの姿を関東で見たことがないとのことですが、それはやはり個体数が少なくなってきたことが一番の原因でしょう。1970年代前半、江戸川区に住んでいた私のいちばん印象に残ってるセミがニイニイゼミです。土手に沿って植栽されていたスダジイの比較的低い場所に留まっていたものです。小学校低学年だった私が短いたも網で採っていたくらいですから。

こちらの近所の梨畑では、ニイニイゼミが鳴いている場所にはクワガタが結構います。ニイニイゼミのいる場所の地面は湿って腐食質も豊富ですが、いない場所の地面は乾燥して固まっています。そんな場所のスダジイの根元にはウスバカゲロウの幼虫の巣がよく見られます。年々そうした乾燥化が進んでいて、ニイニイゼミの声が遠のくのと歩を合わせるかのように、クワガタも姿を消しています。

宅地開発と温暖化のダブルパンチです。

まりもん #C0xdWXe6 | URL | 2008/07/10 00:58 [edit]

>まりもんさん

ニイニイゼミの初鳴き、7月までずれたのは、僕が意識しているこの10年来で初めてです。ヒグラシも1週遅かったですが、ま、たまたまということなでしょう。

そうですか、70年代前半には低いとこについていましたか。じゃあやはり個体数が減って、葉の茂らない下の方に止まる捕まりやすい愚かなのが減ったんでしょうねぇ。ちなみに8月に写真をアップしますが、今治ではクマゼミでさえ子供の手の届くところに群れをなしております。蝉採りに網は不要です。

ニイニイゼミは泥だらけになって地上に出てきますから、都市の公園の乾燥した土では生息しにくいんでしょう。目黒区の公園では、アブラゼミの抜け殻を見つけるのは簡単ですが、ニイニイゼミのはあまり見つからなかったものです。

そうそう、今日、でっかいノコギリクワガタのオスを見つけました。カブトムシもいました。夏本番です。別にブログをアップする予定です。

ガビー #- | URL | 2008/07/10 10:33 [edit]

No title

何を隠そう昆虫博士だった僕がこの話題に乗らない訳にはいきません!

実は蝉の話をしたらカープの話題以上かもwww
ニイニイゼミの抜け殻だけ何故泥が付いたままのかが謎だ?

taka #- | URL | 2008/07/27 01:03 [edit]

>takaさん

驚きました。カープが好き、高校野球好き、そして虫が好きな東京生まれでいらっしゃるとは。ちなみに僕は沖縄も好きで、修学旅行は旅行委員であることをいいことに、アンケート結果改ざんして沖縄にしましたし、新婚旅行は石垣島です。

ニイニイゼミが泥被って出て来るの、以前は、水辺が近い、湿り気のある土の中にいるんだろう、などと言われていましたが、最近では、羽化する際に乾燥するのを防ぐため、なんて言われているようですよ。

ガビー #- | URL | 2008/07/27 20:49 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/19-b9c3e632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)