10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ヤマドリタケモドキ、のモドキ 

昨日は千葉県立房総のむらの里山観察会「野生きのこの観察」に参加して来ました。P1150726.jpgここのところ急に涼しくなると同時にまとまった雨もあった好条件下、大豊作でした。一見してあちらこちらに茸の姿が目につき、かつてこの観察会では経験したことのない程。全部採っていったら切りがないので、我が家は、もう十分馴染みがある食べない茸類は採取をやめ、自分達が持って帰りたいものと、食べられるか否か同定できないおいしそうなものに絞って集めることにしました。


自分達が持って帰りたいうちの一番は、イグチの類い。ヤマドリタケモドキムラサキヤマドリタケを筆頭に、アカヤマドリイロガワリ等、フランス料理で使うセップ(イタリアではポルチーニ)の近縁達です。日頃もこれらばかり追っているので、判別もまぁだいたいできるようになりましたが、よく似ているのだけれどちょっと違う、食べられるのかなこれ、という茸が見つかることも多々あります。それを調べることでまた新たに茸を覚え、同定力は上がります。過去にもそうやってウラグロニガイグチミドリニガイグチブドウニガイグチ、といった、毒はないようだけれども食べても美味しくない茸が頭に入りました。


P1150774.jpgP1150739.jpg今回も、あっヤマドリタケモドキだっ、と思って小躍りして手にしてみたら、う〜んなんか違うなぁ、という大きいイグチが、しかもたくさん見つかりました。傘が厚くしかもその色が薄いなぁという感じですが、でもヤマドリタケモドキも図鑑ではこういう感じのが載っていたから可能性はゼロじゃない、ただ、ヤマドリタケモドキにしては柄の編目の彫りが深いなぁ、でもムラサキヤマドリタケだってこれくらいはっきりした模様をしている...こんな具合に、自分の持っている知識と食べられるセップの仲間であって欲しいという願いの間を行ったり来たりしたのですが、傘の裏の白いヒダに触れても変色することがないヤマドリタケモドキに対し、この茸は少し褐色に変化することで、違う種類であるのは間違いない、でもなんだろう、と講師の吹春俊光先生の鑑定に委ねることに。


P1150743.jpg結果は、ホオベニシロアシイグチ、という食べられるけれど少し酸っぱい味のする茸だそう。傘の表面の色の濃淡には個体差があるのであてにならないようですが、やはり真っ白の柄の編目がはっきりと隆起しているのと、管孔がうっすらと紅色で傷つけると褐変することが決め手でした。ヤマドリタケモドキと見間違え、がっかりさせられることが多い一番の茸、という参加したベテランの評もありました。ああ、たくさん発見したのに残念。欧州の針葉樹林に生える本家のセップ・ポルチーニは、和名でヤマドリタケと呼ぶのに対し、日本のものは広葉樹林で見つかるため、ヤマドリタケモドキとまるでまがい物であるかのようなかわいそうな名前がつけられてしまっていますが、この「ガッカリポルチーニ」ホオベニシロアシイグチこそ、モドキではないかと...。


P1150758.jpgショーゴが得意とするテングタケ類がたくさん見られた一方で、食べておいしいイグチ類は意外にも集まりませんでした。それらはどちらかというと、秋のというより、夏の初めと終わりの茸なので、もう時期が過ぎてしまったのかな、と思っていたのですが、P1150775.jpg今日、家の近くに探索に出かけた息子達と嫁さんは、ヤマドリタケモドキ、ムラサキヤマドリタケ、アカヤマドリを、右の写真の通りに持ち帰りました。我が家の周りでここまで一気に採れたのは初めてです。う〜ん、僕も見たかった。こんなに一気に食べられないから、スライスして干さないと。


IMG_1336_20120930193529.jpgP1150773.jpgP1150777.jpg大きなマントカラカサダケの幼菌を手にご満悦のカンタ。駐車場そばの草原にニョキッと生えていました。おいしく食べられるそうですが、ちょっと不気味。持ち帰りはしたものの、食べずに水を含ませた脱脂綿とともに容器にいれて、台風が過ぎ行く中、傘が開いていくのを観察しています。







おいしいきのこ毒きのこ

おいしいきのこ毒きのこ
著者:大作晃一
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る








blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4   

コメント

No title

わぁ~♪すごいですね!

房総のむらできのこ観察会もやっているんですね。知りませんでした。
きのこ狩りは大好きで、子どもの頃によく家族と出かけていたのですが、千葉に来てからは春に家の周りに出るアミガサタケ以外、採ったことはないんです。
近くでもそんなに立派なヤマドリタケが出るんですね。

カンタ君がみつけたきのこ、大きくてかわいいですね~。
でも、やっぱり食べるのは躊躇しちゃいますね・笑

あゆ. #5wmSjz6k | URL | 2012/09/30 22:53 [edit]

>あゆ.さん

房総のむらのきのこの観察会は、主催者こそ違えど、秋に3回くらいあるの
ですが、今年は「むらの自然」という企画展がある関係か、昨日ので終わり
みたいです。でも、茸の世界で高名な吹春先生が昨年からここの勤務になっ
たので、もし身近で採れたわからない茸があれば、もっていけば見てくれる
と思います。

あと、千葉はなぜか茸ファンが多い土地らしく、千葉菌類談話会、という茸
マニアの研究会があります。上の子は4歳の時にそこにスカウトされたので
す。ホームページもあるので、見てみて下さい。茸の世界では全国に知られ
た会だそうです。観察会もやっています(去年までは房総のむらでもやって
ましたが、今年はありませんでした)。

ヤマドリタケ系は、今年は当たり年みたいで、色んな方のブログを見ている
と特にムラサキヤマドリタケがたくさん採れているみたいです。絶対に見間
違わない茸なのでお薦めです。うちの近くでは見つけたことなかったのです
が、今日、息子達が採ってきましたので、あゆ.さんのご自宅近くでも絶対
にあります!是非是非、千葉でも茸の世界へ。

J.A.ガビー #- | URL | 2012/09/30 23:09 [edit]

こんにちは!

はじめまして!きのこの話題なので、おもわずコメントいれさせてもらいました。


私の住むスロバキアでも、きのこ狩りが盛んで、毎年6月ごろと、これからの時期に収穫に行きます。この写真にある裏側が黄色いきのこを、多く収穫します。

乾燥してスープ用にしたり、塩茹でして冷凍して保存したり、酢漬け(瓶詰め)にしたり。

日本名を知らなかったので、ものすごくうれしいです。
勉強になりました!ありがとうございます!!

ポンセ #- | URL | 2012/10/04 06:48 [edit]

>ポンセさん

はじめまして!

と言いつつ、mizokichiさんのお仲間ですよね?、僕、よくブログ見させてもらっています。海外にはしょっちゅう出ているのですが、流石にスロバキアにはご縁がなく、へぇ、と驚きながら読ませていただいています。まさか茸の話に食いついて下さるとは思わず、嬉しいです。

本場ヨーロッパでのヤマドリタケの採取、いいですねぇ!羨ましいです。そうそう、スロバキアといえば、ヨーロッパミヤマクワガタという昆虫マニア垂涎のクワガタの分布域でもあり、森の探索はさぞ楽しいことでしょう。是非、ブログでご紹介下さい。

今年こちらはヤマドリタケ系は豊作みたいですが、残念ながら僕はほとんど家にいないため、全然採りにいけません。もっぱら子供達が採って来たのを食べるだけです。

J.A.ガビー #- | URL | 2012/10/05 20:08 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/177-b3ee6b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)