10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

インドネシア、虫の居所 

人生で初めて赤道を越え、インドネシアの首都ジャカルタへ出張に行ってきました。


実は僕は出発直前まで、ジャカルタのあるジャワ島が南半球に属するとは知りませんでした。東南アジアの国々の位置関係ってとても難しい、いやそもそも、行ったことのない土地の地図は頭に入りません。例えばアメリカのニューヨークやワシントンD.C.の正確な場所だって去年実際に訪れるまでわかっていなかったと思う、なんて白状したら、自分の無教養を晒すだけ?


P1140612.jpgP1140613.jpgで、東南アジアは、フィリピンが北の日本寄りの島々、ベトナムは去年行ったのでその西とわかる、シンガポールはその南でインドネシアはその東側...と漠然とした地理は把握していたはずなのですが、まさか赤道をまたぐとは。19年前、初めて日本を出て国境を越えた時同様、初の赤道越えはそれだけで胸踊り、下ろされている窓のシェードをこっそり開けて、地上を目を凝らして見ていましたが、P1140609.jpgそこに巨大な赤い建造物が点々と並んで赤い道を描いていた、ということはもちろんなく、どこのなんという場所かわからない大地が広がるだけで、本当にこれで南半球なの、というあっさりしたものでした(右写真)。到着後も、太陽が出ているのが北側で逆向きに右から左へ動く、というのを確認したかったものの、ほぼ真上から照りつけてきているもので見極めようがなかったのが残念。


日本には四季がある、と言います。それがどうした、パリにもニューヨークにも上海にもあるぞ、当たり前ではないか、まぁ、日本ほど鮮やかに変化はしないけれどね、なんて思っていたのですが、赤道直下もしくはその近辺では、季節は雨季と乾季しかないのだ、というのを、そこに身をおいてようやく理解した気がします。地球のこの位置では、四季の移ろいはありえません。1年中、雨の降る降らないの変化があるだけで、ずっと同じような気温が続くので、カレンダーが進んでいく感覚があまりなく、例えば、自分が何歳なのかもわからない人も結構いるのだとか。


さて、インドネシアは本来は「楽園」とも称される豊かな森林地帯。たくさんの動物、昆虫達が棲む場所です。P1140623.jpgでも僕の滞在は2泊、しかも仕事でですので、居たのはずっとジャカルタの都市部。ホテルの敷地内のトロピカルな木々が生い茂る公園を散歩したものの、好きな虫1匹たりとも見かけることがありませんでした。例えば日本にいるヒラタクワガタは、人類同様、この一帯が発祥の地。ここから海流に乗って南西諸島伝いに渡って来ながら各地で変化を遂げてきたのだとか。その証拠に、彼らは飼育してみると、他のクワガタとは比較にならないほど高温にも塩水にも強い半面、低温下では簡単に脚先、符節が壊疽してしまいます。本家の大きなヒラタクワガタ、自然の木についているのをこの目で見たいなぁ。


いつか、このインドネシアで虫採りをしてみたいものですが、今回みたいに「ラマダン」の時期は勘弁。「ラマダン」は約1ヶ月にわたるイスラム教の断食の時期。そう、東南アジアは、国境がほぼ宗教の分かれ目でもあるのも特徴のひとつ。インドネシアはイスラム教徒が大多数を占めています。で、敬虔なイスラム教徒は、この「ラマダン」の期間、朝の4時から夜18時まで、食事は愚か、飲み物も口にしません。仕事先の窓口担当者も、日中ずっと堪えていました。そして、18時、車中でラジオから流れる解禁のメッセージを聞いた途端に、水をがぶ飲み、ボックスミールを開け、煙草に火をつけていました。親日的な雰囲気が空港から溢れているインドネシアの人達に嫌われたくはなかったので、僕もそれに倣おうとしましたが、異教徒・観光客は無理にあわせなくてよいとのこと。どうぞ気にしないで普通にしていて下さい、と言っていただいたものの、喉を潤すだけで何かいけないことをしているような感覚が。P1140617.jpgそうそう、「ラマダン」の期間は、怒る、という感情をもつのもいけないのだそうです。「ラマダン」とは関係なく、そもそもインドネシア人は人前で怒ったりしないという評もありました。どんなに自分を律していても、虫の居所が悪くなることもあるでしょうに。インドネシアでは、クワガタも腹の虫も、いったいどこに?


最後におまけの写真。P1140723.jpg右はインドネシアのスーパーで見つけた日清のカップヌードル。パッケージが日本のものとあまりにも違うのが目を引き、手にしてみると、「チキン」と「ビーフ」の文字が。不思議でしたが、すぐに合点がいきました。イスラム教徒は豚を神聖なものとして食べないので、ポークエキスが入っているオリジナルのカップヌードルは売れないのです。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category: 西方見聞録

Thread: 海外旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/168-1567e170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)