08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

アミガサタケパーティー 

成田近辺では、アミガサタケ(モリーユ)がいよいよ発生のピークのようです。P1120197.jpgGW前半の2日で、100本程のアミガサタケを収穫しました。1カ所あたりだと過去最高の大豊作だった一昨年にかないませんが、今年は新たに、生えるのではないかと目を付けていた3カ所でも見つけることができたため、収穫量は現時点で我が家の記録にほぼ並びました。持った籠が重かった!


P1120193.jpgIMG_0944.jpg新たに見つけたのもほとんどが黄色いトガリアミガサタケの系列と見えるもので、場所もまた、先日書いた通り下草が伸びておらず陽があたり風通しがよく、踏み固められていない桜の木の根本で、群生していました。P1120195.jpgここまで桜の木の周りで見つかると、何らかの共生関係にあるのではないかと思うのですが、右の写真のアシブトアミガサタケは、桜とは関係ない何の変哲もないところにポツンと1本だけ生えていたりしましたし、はたまた、銀杏の木の下でたくさん見つけるという声もあります。


P1120201.jpgこれだけ簡単に採取でき、かつ中毒しないとわかっていて、しかも周りに穫っている人がいない茸は他にありません。籠いっぱいに集めたのを見て話しかけて来られたり、写真を撮っていく方もいらっしゃいますが、皆さん、おいしいんですよ、の声にはあまり反応なさりません。いや、それでいいんです。ライバルはいないに越したことはありませんからね。


IMG_0954.jpg収穫したアミガサタケはそのまま加熱して食べる状態のいいものを選別。以前はカサゴのポワレのお供としてご紹介しましたが、今回は、豚ロースのステーキ。手順は似たようなもので、厚切りの豚肉をフライパンで焼いて取り出し、そこにバターとアミガサタケを入れてソテー、白ワイン、チキンコンソメパウダー、生クリーム、蜂蜜を入れてソースとし、フレンチに。シャンパンと共においしくいただきました。フレッシュのモリーユは、火を入れると弾力が増し、と同時に茶色い独特のおいしいエキスもたっぷり出してくれ、たまりません。


IMG_0953.jpg残りのアミガサタケ(写真の左側)はよく洗って砂や虫をとり、日陰で風にあてて乾かし始めました。夏場と違いこの時期は乾かしやすいのがまた助かります。1日目でもうカビないくらいにはなり、4、5日かけて体積にして1/4~1/5くらいになるまで干し切れば、この先1年楽しめます。


P1120189.jpgP1120190.jpgちなみに梅の木の下に発生するハルシメジも結構な量が採れましたが、こちらはマリネにすればおいしいのに、面倒になって焼きそばの具として使ってしまいました。去年と違い、同じ季節にアミガサタケが採れたばかりに雑な扱いになってしまいましたが、こちらもまた美味でしかも安全な春の茸です。









おいしいきのこ毒きのこ

おいしいきのこ毒きのこ
著者:大作晃一
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/159-b7bf17d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)