10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

冬を呼ぶムラサキシメジ 

我が家の近くに、よほど詳細な地図でないと載っていない秘密めいた林があります。成田には沢山の古墳が見つかっていますが、そのひとつ。それも忘れ去られて放置されたような小さな古墳群で、背の高い杉が生い茂っています。その杉林の中に、クヌギやコナラの木が集まった、野球場くらいの広さの雑木林があり、僕はよく散策します。


P1090781.jpgP1090782.jpg雑木林は、地元の有志の方々の手によるのか、理想的に手入れされていて、ところどころに落ち葉がかき集められています。10月の下旬、その枯れ葉を押しのけながら、紫色の、小型ながら固く締まった茸が生えているのを見つけました。P1090757.jpg一昨年、別の場所で少しだけ穫れたムラサキシメジのようです。紫色の茸というと、フウセンタケの仲間に似たものがありますが、ツバがなく、傘の裏のヒダも紫色をしているのがムラサキシメジの決め手だそうです。


P1090792.jpgその日は、大小5個のムラサキシメジが見つかりました。落ち葉の下には白い菌糸がよくまわっていたのでそのまま触れないようにして、5日後、再び訪ねてみると、期待通り、またまた生えていました。一昨年初めてのムラサキシメジは小さいのが2つだけ、11月下旬でした。たぶん、もう時期が遅くて2つしかなかったんでしょう。今回の場所は、この後もまだ生えて来てくれそうな感じがします。


P1090826.jpgその他の茸の姿は、木に生えるものばかりで、地面にはもうあまり見られませんでした。目を凝らせばあるにはあるものの、特に大型の茸の数がグッと少なくなり、寂しくなった感じです。そうそう、10月の中旬までは蹴るとノコギリクワガタが落ちて来る木がありましたが、掛け布団なしには寝られなくなったこの1、2週のうちに姿を消したようです。まもなく紅葉の見頃、秋も終わりです。枯れ葉に混じるムラサキシメジの、明るさはあるものの無駄な光沢はない凛とした色彩は、そんな今の季節によくマッチしていると思います。


なお、ムラサキシメジは、ハルシメジのこのレシピに従ってマリネにしてみましたが、旨味も歯ごたえも共に豊か、とても美味しくいただけました。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/147-aafed398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)