06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

林道をゆく 

僕は、IMG_0022_20110828210154.jpg8月の終わりから9月のはじめにはいつも、虫好きの仲間と大人だけで上信越のとある山に行き、標高1000mの林道を歩くことにしています。目指すのはクワガタ。わざわざそんなところまで、しかもこんな時期に?と思われるかもしれませんが、いるんです、ヒメオオクワガタというクワガタが。


ヒメオオクワガタは、30年くらい前まではどこで何をしているのかわからない幻のクワガタでした。中学生の頃に出版された本にやっと生態について解き明かした解説が載り始めた、というくらい。今では、夏よりも秋、高山のブナ帯に局所的に生息しているクワガタで、日中、ヤナギ類の若い木の枝を傷つけて蜜を吸う、というのはよく知られていますが、野外で実物を見つけたことのある人はそれほど多くないのではないかな、と思います。P1080976.jpg僕自身、ヒメオオクワガタを自力で見つけた友人千葉のマスターさんに連れてってもらうまでは見たことがありませんでした。写真の右側は昨日採集して来たヒメオオクワガタの♂52mm。その名の通りオオクワガタを細身にしてかわいらしく仕立てたようなシルエットで、異様に長い足は、木の細い枝に掴まるのに適しています。比較のために並んだ我が家のペット、オオクワガタの「官兵衛」君がとても立派なので小さく見えてしまいますが、これでも特大の部類の個体。これを探しに行くのが、僕の夏のフィナーレの行事となっています。※官兵衛の名は、知将黒田官兵衛より。


もっとも、ただこのクワガタが欲しくてする遠出、というのとは、ちょっと違います。確かに最大の目的はヒメオオクワガタの採集ですが、ブナ帯の林道を歩くこと自体がとても気持ちがいいんです。


P1080940.jpg昨日は往復で20キロ、高低差300mの山道を7時間近く歩きました。決して登山ではなければ、トレッキングというほどでもない、通常の散歩の延長戦上にあるような山歩きですが、すでに紅葉し始めた淡く透き通った緑、ところどころに現れる小さな滝の音、ブナやシラカンバの木々の合間を時折駆け抜ける爽やかな風。そんな中を汗をかきながら歩くのは、最後はヘロヘロになるものの、なんとも言い様のない心地よさです。


生きものも色々いて、昨日は猿を見かけましたが、カモシカを見たこともあります。熊には出くわしたことがありませんが、新鮮な糞なら見つけています。もっとも、あまり不意には出会いたくない相手ですが。


P1080955.jpgP1080957.jpg虫だと、一番面白いのがエゾゼミの類い。メロディーはおろか抑揚すらなく、ただただギーと鳴く歌は、日本人の我々にすらノイズィーにしか聴こえませんが、網をあてるととてもおかしなことが。このセミはたいていなぜか逆さに止まっており、おまけに飛ぶのがものすごく下手なため、虫採り網は上から被せずとも、下にあてがうだけでポロリと落ちて来てしまうのです。そして網に入るとそこからうまく飛び立てないので、こんな写真を悠長に撮ることが可能に。P1080930.jpgこの性質はきっと、危機的状況に出くわした時、上に飛び立つとかえって無防備になるので、薮となっている下に落ちるようになったんじゃないかななんて思います。ちなみに写真はたぶんアカエゾゼミの♀。いつもよりたくさんいたところを見ると、夏の歩みが今年は少し遅いのかな?また、昨日は羽が退化して飛べないミヤマフキバッタの仲間もたくさんいました。彼らもどこかのんびりしていて、簡単に捕まえることができます。


P1080960.jpgP1080950.jpg僕は植物の知識はまるでないのですが、マスターは詳しく、色々教えてくれます。昨日はこの釣鐘型の花を見つけて、これは珍しい、写真撮っといた方がいいよ、と。ツルニンジンといい、根は貴重な山菜なのだとか。あとは、野生の紫陽花、ガクアジサイがたくさん咲いていました。観賞用の紫陽花は、日本原産のこのガクアジサイを改良して作られたそうです。IMG_0027_20110828205724.jpgちなみに紫陽花には、実は毒性があり、食べたら死に至ることもあるのだと。毒、といえば、昨日は咲いていませんでしたが、もっともっと怖い、有名な強毒の植物も見つけたことがあります。右の写真の青い綺麗な花、これがあの有名なトリカブト...。


P1080942.jpgP1080945.jpgえっと肝心のクワガタはというと、冒頭の♂はこんな風にキョロキョロしているところを捕まえました。どうです?なかなか雄大でかっこいいでしょう?林道の谷側のヤナギやヤシャブシの若木を丁寧に見ていくと見つけることができます。下は崖になっているので、クワガタ採りにしては珍しく虫採り網が必要。網を下にあてがい、上からつついて落としてネットに入れます。昨日は合計で3匹の♂を採集、2匹を飼育のために持ち帰りました。♀が採集できせんでしたが、ヒメオオクワガタの繁殖はとてつもなく難しく僕はまだ成功していないので、まぁ、いてもいなくても同じかな、と。他にもアカアシクワガタミヤマクワガタスジクワガタをゲットしました。


体力も気力も尽き果てるくらい歩き、ついには夏が去っていくのになんとなく諦めがついた、そんな林道での昆虫採集でした。













blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 3   

コメント

まいどです

おお!素晴らしいガビーさんらしい記事!

とうことで、一昨日上海から戻ってきました。
上海ではブログにアクセスできないからキツイですね。
ところで、いい山歩きしてますねぇ。
ヒメオオクワガタですか?
見たことがありません。
鳥取にもいるのかなぁ?
今年はノコとミヤマばっかりでした…。
ところで熊、いるんですか?
ツキノワでも結構どう猛なんでしょ?

しかし、自然が好きですねぇ。
いい大人の趣味だと思いますよ。
ここらの部分も、私とかなり志向が合いますね。
もっともガビーさんの知識や経験にはかなわないけど…。
セミは、今年は蜩ばっかり捕ってました。

で、本日も息子とトノサマバッタ捕り…(笑)
特大10匹獲得ですわ。

mizokichi #- | URL | 2011/09/05 00:32 [edit]

>mizokichiさん

mizokichiさん、お返事遅くなってすみません。昨日
ロンドンより帰国しました!

ヒメオオクワガタは、少ないながら山陰の山にもいるみ
たいです。ただブナ帯自体がすごく少なそうなので、
見つけるのは至難の業かも。むしろ、mizokichiさん
のお住まいの県の方が、見つかるみたいです。熊は、
喋りながら歩いているこちらには近づいてこないので、
友人と一緒だと安心です。

自然の中で汗をかく程、楽しいアクティビティはない、
そう思います。mizokichiさんが成田に来て下さっ
たら、さぞ楽しいだろうなぁ!

ガビー #- | URL | 2011/09/11 09:35 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/09/24 14:44 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/143-99123722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)