06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

2011 今治の夏 ~海からの恵み~ 

今年の今治滞在では、いつになく釣り三昧で過ごしています。そこにエネルギーを注ぐ分、いつも燃えるヒラタクワガタの採集にもほとんど出ていません。その一番の理由は、僕がいつも行く茨城県の鹿嶋港や外房には震災の爪痕がひどく残っていて、春以来魚釣りができなかったから。ショーゴと2人、日本さかな検定「ととけん」への勉強を通じ魚を捕りたいという気持ちが高まっていたのに、それができずにいたので、夏休みのずっと前からとことん釣りをするぞと心に決め、僕は釣り竿を新調までしました。もっとも、悲しいことに、嫁さんが滞在初日に踏みつけてまっ二つにしてしまい、結局使えなかったのですが。


ショーゴは、滞在している今治湯ノ浦ハイツで開催されている自然体験プログラム「おもいっきり釣り!」で、去年の夏、まろさんに投げ釣りの基本を教えてもらったものの、1年もやっていないので忘れてしまったため、今年も参加。IMGP1316_20110815204225.jpgをかしやスタッフ、ハリーさんに、道具の準備から投げるところまで全部自分1人でできるように仕込んでいただきました。こういうのって、子供は、不思議な程、親以外の人の言うことをよく聞きますよねぇ。P1080805.jpgP1080835.jpgハリーさんの丁寧なご指導の後、張り切って釣り始めると、いきなりシロギス2匹をゲット。夜にも、僕の父親とショーゴと3人で湯ノ浦の浜へ。今治滞在で初めての夜釣りでは、父親がタイワンガザミを釣り上げました。ショーゴは泳いでいるフグを手づかみで捕まえるという離れ業も。そのスピード、他のことにも活かして欲しい。


一方僕も、まろさんに弟子入り。彼は、インタープリター(自然案内人)として自然の色々な側面を見せるのが職業ながら、時間があれば釣り糸を垂れたいという太公望。仕事の中でも釣りについてとなると、力の入り具合、目の輝きが明らかに違ってきます。去年の5月には、メバル釣りをしている最中、60センチの真鯛を釣り上げ、子供のようにはしゃいでいたこともあります。(その様子はこちらを)


通常のプログラム「おもいっきり釣り!」は、サブタイトルに「がんばらんでかまんのよ~」とついている通り、釣りが最終目標の技術を身につけるものではなく、釣りを通じて海の美しさや素晴らしさに親しんでもらうのが最大の狙いとなっている、とてものんびりした企画なのですが、他にお客さんがいなかった昨日の午前中、僕だけに特別に技術講座を開催してもらい、ルアー釣りを中心にフィッシングの理屈と奥深さを学びました。いわく、魚がいつどんな時にどこにいるのかがわからないといけないと。いわく、フィッシュイーターの目の前に来たものに飛びつく習性を利用しているけれど、最近は匂いつきの餌釣りに近いルアーもあるのでそこから入った方がいいと。いわく、高級な道具よりも、まずはロッドとリール、糸、ルアーのバランスが大事であると。そんなこんなをたくさんの道具を触らせてもらいながら勉強し、また、ノーネームノットも手取り足取り教えてもらいました。先生、ありがとうございます。


P1080844.jpg成田から僕が行く外房や鹿島灘は、瀬戸内海よりも波が遥かに激しく、また手軽な釣り場となる漁港や防波堤が少ないため、今治の砂浜でやるちょい投げをそのままできる場所がものすごく限られていますが、ルアー釣りができるようになれば、太平洋の広い砂浜が釣り場にできるので、今後、身につけていきたいと思います。なんとか来年の夏までにはマゴチかヒラメを1匹釣りたい(そして食べたい!)。まろさん、弟子からの報告をお楽しみに!来年は一緒に島に行きましょうね、お休みの日に。(写真は釣り師のまろさん)


P1080873_20110815203952.jpgP1080856.jpgそうそう、幼稚園児のカンタはまだ泳げず、釣りも教えていないのですが、いつもの泳ぎながらの手釣りをやりたいというから持たせてみたら、数分たたないうちに、右の通りに。兄のショーゴ同様、初めて自分で釣り上げたのがチヌ(キビレ)になるとは。これを手釣りで釣るのはとても難しいはずなのです。僕でさえ、1回の滞在で1度成功するかどうか。なのに続けて、嫁さんも歓声をあげ、その手には同じくキビレ。習ってないのになぜ釣れる?その後、僕とショーゴは必死に釣り、僕は無事1匹ゲットしましたが、ショーゴは今年はチヌはボウズ。来年への大きな宿題です。


P1080906.jpgそして、30年来お世話になっている今治湯ノ浦ハイツの板前さん、すごいのです。カンタが釣った15センチに満たないキビレを、こんなに綺麗な姿造りに!カンタはもちろん、一家大感動。


今治の海は、今年も、僕達に色んなものを授けてくれた、そんな気がします。


*自然体験プログラムは、8月21日(日)まで開催中です。詳しい様子は、をかしやさんのブログを見てみて下さい。













blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






関連記事
スポンサーサイト

Category: ようこそ今治へ

Thread: 香川・愛媛・高知・徳島

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 6   

コメント

No title

今年も今治のすべてを満喫されてますねぇ~!
泳ぎながらの釣りはとても楽しそうなので一度やってみたいのですが、もう子どもは付いてきてくれません。

ムギ #- | URL | 2011/08/13 09:46 [edit]

>ムギさん

泳ぎながらの釣りは、ロッドを使う釣りとはまた違った楽しさがあります。

自分が波に気持ちよく漂っている時に来るコツコツという感触はたまりません。それが
チヌの幼魚になると、竜宮城まで引っ張ってってくれるような強さで、誰でも興奮する
と思います。

是非、一度今治に来て下さい。

ガビー #- | URL | 2011/08/13 20:45 [edit]

久しぶりのまいど

ガビーさん!
ご心配かけてすみませんでした。
復活しました。
早速のコメントも身に染みて感謝!謝謝!
いろいろバタバタで、決定打は殆ど中国滞在で
自分のブログもガビーさんたちのブログも
全くアクセスできなかった…。
これからも、今まで通りよろしくお願いします!

で、今治ですか?釣り三昧ですか!
自分は鳥取です。
昨日、鳥取港で釣りをしましたよ!
岩ガキと白いか三昧です、こちらは…。
明日東京に戻ります。
暑いですが、どうぞ気を付けてね。

mizokichi #- | URL | 2011/08/17 01:13 [edit]

>mizokichiさん

いやぁ、復活は本当に嬉しいです。そして、コメントありがとうございます!

連絡がつかなくなったら、もうほんとどうしようか、僕のこのマニアックなブログを
やめて、偽サイト「明日は海外出張?海外旅行?」でも作っておびき出そうか、とも
思ったくらい。こちらこそどうぞ、今後もよろしくお願いします。

鳥取は今まで全然ご縁がなかったのですが、mizokichiさんのお陰で少し身
近な存在に。お魚検定でも、「シロイカ」「イワガキ」はもちろん、「アゴ」に「松葉ガ
ニ」、そして「ばばちゃん鍋」まですっと頭に入りました。あと、ヒラメの名産地でも
ありますよねぇ。釣りしたら楽しそうだなぁ。

もう東京でしょうか。また仕事の始まりですね。お互い頑張りましょう。僕は再来
週、1ヶ月ぶりのヨーロッパです!

ガビー #- | URL | 2011/08/17 21:14 [edit]

No title

海釣り羨ましいです。

私は今年も帰省せず、名古屋で夏を過ごしたので、ガビーさんの「今治の夏」を見ると羨ましくて、羨ましくて(笑)

うちの鯉次郎も、最近、釣りに興味があるようで、安い釣竿を買ってやると、それを持って近くの水路に行きたがってます。まだ釣れるのは釣り堀の鯉とザリガニくらいなんですけどね。

夏には帰省できなかったですが、秋の祭りの時期に帰ってみようかと画策中です。ガビーさんは新居浜・西条あたりの秋祭りご存じですか?全国的には無名ですが、私の中では岸和田のだんじりなどより上だったりします。機会があればぜひ。

ニュービギニング #t8akqkqw | URL | 2011/08/29 01:00 [edit]

>ニュービギニングさん

いやぁ、羨ましいのは僕の方こそです。あんな素敵な海を見て育ったなんて、ほんと羨ましい!

生憎、秋に帰ったことはないんで、東予の秋のお祭りのことは全く、です。が、いつかしまなみ海道の秋のイベント、スリーデーマーチには参加したいと思っているので、その時には是非。僕の分も楽しんで来て下さいませ。

秋の瀬戸内海も綺麗なんだろうなぁ。

ガビー #- | URL | 2011/08/30 21:30 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/142-cc3cd45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)