08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

待つことも大事 

「あっ!、でっかいカブトムシっ!あれ採りたいよっ~!」


見上げると太いクヌギの木の7、8mくらいの高さのところに、大きなカブトムシの♂が。蹴ってもダメ、長い枝でも届かず。カブトムシなんかいつでも採れるじゃん、と言う僕の声には耳を貸さず、ショーゴもカンタもいつまでも諦めません。都会育ちの僕と違い、毎日恵まれた自然の中で遊んでいるくせに、見つけた獲物は何が何でも手にしてみたいようです。男の子の狩猟本能なのかな。



P1080501.jpgと、そのカブトムシ、陽射しが眩しくなってきたのか、突然木をゆっくり下り始めました。







P1080502.jpgもう少し、もう少し。我慢、我慢。カンタ、静かにっ!気づかれちゃうよ






P1080503.jpgほうら、届いた、やったぜっ!






P1080504.jpgねぇ、パパ、待つことも大事なんだねぇ!





場所はいつも行く栃木県茂木町の山。目的はカブトムシではなくミヤマクワガタの採集で、10匹程捕まえました。うち半分を持ち帰り。ただ、今年はどうも大型のクワガタが少ないように感じます。ミヤマクワガタは死骸含めても2週前同様、中型までばかりでした。いつもだとカブトムシがどっと出て来る今の時期には、そのカブトムシと互角に戦える大きくて勇敢な♂が姿を現すのですが。P1080517.jpg成田の家の周りのノコギリクワガタも小さめの個体しか見ていません。ミヤマもノコも、今年の春ではなく去年の夏に地中で羽化し、1年近く休眠してから外に出て来るので、あるいは昨夏の酷暑が影響しているのかも。大きな個体程、温度変化による羽化までの死亡リスクも高いので。もっとも地温はそうは変わらないとも思うので、本当のところはわかりません。代わりに丸々太ったカブトムシをたくさん見ました。カブトムシは去年の夏に卵から孵り、晩秋までにどこまで大きく成長するかが大事なので、あの暑さがプラスに働いたのかもしれません。クヌギの切り株から生えたひこばえには、ご覧のようなカップルが鈴なりでした。


たかが昆虫採集、されど昆虫採集。子供にも大人にも、色んなことを教えてくれたり考えさせてくれます。いやぁ、しかし暑かった!











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!







関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/138-acbe447a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)