06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ムラサキヤマドリタケ、ついに現る! 

7月。茸もクワガタもシーズンに入り、家の周りの散策では飽き足らない季節に。例年通り、北関東の雑木林に行って来ました。震災以来、初の遠出です。決して意識的に自粛していたわけではなく、ただ、被災地域のこと、余震のこと、原発のこと、仕事のことなどを考える日々の中、なんとなくそういう気分になれず、休みは家で過ごすように。そうしているうちに、僕も息子達も大好きな夏に突入してしまい、ようやくちょっと出るか、と。


P1080424.jpg向かった先は、勝手知ったる栃木県の益子町から茂木町にかけてです。右は益子町から宇都宮方面の眺め。西は日光連山、東は八溝山地に囲まれ、中央に鬼怒川が通っています。広大なクヌギ林が広がる上、雷雲の発生場所で毎日のように夕立があるので、自然がもの凄く豊か、茸採りにもクワガタ採りにももってこいの場所です。ちなみにご覧の平野部ではノコギリクワガタが優先種で、ここから山間部に入り、林が常に潤っているような環境になると、ミヤマクワガタばかりになります。その境目にある益子町は、林によって捕まえられるクワガタが変わる、とても面白い場所です。


成田から稲敷IC経由で車を走らすこと2時間、北関東道の桜川筑西ICで降りて益子町へ。自宅周辺では声を聴き始めたばかりのニイニイゼミが合唱する中、怖い怖いオオスズメバチに混じってノコギリクワガタがすでに何匹も見られました。成田ではまだ少ししか発生していないノコギリクワガタも、競争の激しいここでは6月早々に出て来て今からが最盛期です。もっとも、♂が目立ちましたので、今年はちょっと遅れ気味とみました。


P1080421.jpgP1080432.jpgクワガタ採りと共に、茸採りもするので忙しい我が家。益子の山で、不意に目に飛び込んで来たのは、傘がクリーム色の大きな茸。柄を見た瞬間、あっ!と声が出ました。紫の編目タイツは、疑いようもなく、念願のムラサキヤマドリタケです!去年はこの茸を採取するのを最大の目標に掲げながら、溶けかかりの老菌を見つけただけ。秋になって立派なのを2つ頂戴して食することこそ達成したので、今年こそ自分達の力で、と願った矢先、あっけなく穫れてしまいました。おいしいフレンチ食材、ヤマドリタケの仲間のうちで、これだけはっきりと見分けができる種類はないでしょう。しかも東アジア圏固有種だそうで、ポルチーニ/セップ茸の本場ヨーロッパの人々の知らない美味、とでもいえるのが、ちょっと嬉しく贔屓にしたい茸です。


P1080447.jpgP1080436.jpg1本出ると次は続けて、とまるで野球選手のヒットのように、その後林を移動しても、ムラサキヤマドリタケを発見。生憎傷み出していて採取はできませんでしたが、去年まで見つからなかった場所で3本、合計4本を見ることに。対して期待していた他の茸は、まだ寂しい状況で、タマゴタケも写真のを含めたった3本。ヤマドリタケモドキはゼロ。ムラサキヤマドリタケが最も普通種です、とばかりに目につきました。あるいは当たり年なのでしょうか。


P1080435.jpg益子の山、そして茂木の山にはミヤマクワガタもいました。こちらも♂ばかり、しかも小型が多かったところを見ると、発生はやや遅れているような感じがします。いつも樹液を巡って喧嘩をしているシーンでも撮影したいと思っているのですが、僕のフィールドは背の高い木が生い茂った林なので、なかなかそういう機会がありません。そんな中、昨日は、足元のひこばえの葉陰で休む♂をショーゴがめざとく発見してくれました。う~ん、いつ見てもこの姿、かっこいい!自然が織りなす最高の造形美だと僕は思うのですが、いかがでしょう。


大汗をかいた後は、温泉に限ります。去年書いた栃木県の真岡井頭温泉もいいですが、今回は、茂木町から車で30分弱の、茨城県城里町の「ホロルの湯」へ。公共の日帰り温泉施設です。周りは雑木林に囲まれ、キャンプ場も併設されているので、いずれ泊まってみたいなぁ、とも思っている所です。僕らは温水プールで泳ぎ、ジャグジーで体をほぐし、温泉で汗を流して、すっきりとして帰路へ。水戸ICから2時間かからず帰って来ました。とても充実した日帰り小旅行でした。今日はへばって1日寝てましたが。


「ホロルの湯」の割引券はこちらをどうぞ。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

No title

見つけられたキノコの価値はよくわからないのですが、小さな子どもが入ってクワガタ採集できるようなクヌギ林を知っているということは、ある種の財産かも知れませんね。
そんな場所がいつまでも残っていますように。

ムギ #- | URL | 2011/07/04 23:44 [edit]

>ムギさん

ホントにねぇ、手入れがされた本来の姿のクヌギ林って貴重ですよねぇ。

成田には雑木林は結構ありますが、たいがい竹薮に覆われてしまっています。

ガビー #- | URL | 2011/07/05 20:43 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/136-90735b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)