06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ヒグラシの羽化 

梅雨が明け、セミの声も賑やかになって来ました。成田では、朝の4時頃、ヒグラシの大合唱で起こされます。彼らの好きな薄暗い針葉樹林とクヌギ・コナラの雑木林が程よく混ざっているからか、北総地域は、ヒグラシの里と称したい程、数が多いのです。一般に、物悲しく独奏する夏の終わりの象徴という誤ったイメージが広まっていますが(俳句で秋の季語にもなっていますが)、本当は、ニイニイゼミに続いて6月の終わりに鳴き始め、しかも輪唱するのが得意なセミ。悲しいというよりは、美しく爽やかと評してあげるべきかもしれません。朝、この精霊のような声で目が覚めると、ああ日本の夏だ、幸せだなぁ、と思うのは僕だけ?


セミの羽化は何度見ても感動的。去年9月、ツクツクボウシの羽化の連続写真を撮影した時に、来年はヒグラシを撮ろうと思いました。ヒグラシのは見たことがないんです。そこで、今年は7月上旬から羽化する直前のセミの幼虫を捕まえてこようと探しているのですが...。ヒグラシは、アブラゼミやニイニイゼミのように都心の公園の地面のような何もない地面のようなところで発生することはなく、自然環境豊かな林の下草のあるところで、しかも高さ30センチくらいの葉の裏で羽化するので、発見しにくいんです。最初、セミの抜け殻さえなかなか見つかりませんでした。背の低いカンタが見つけてくれてから、ようやく発生の多い場所を突き止めたのですが、それでも幼虫が捕まえられません。親同様、用心深いように思います(ヒグラシの成虫も逃げ足が速く、虫採り少年達にとってハイレベルの虫です)。足音を消し、目を光らせ、耳をそばだてて探しても、家に連れて帰る幼虫を採集することができていません。


セミの羽化は、風のない暑い夜がベストコンディションなので、梅雨明けで蒸し暑いここのところは毎晩探しています。一昨日には、羽根を伸ばしているヒグラシを初めて見ることができました。もう少し早ければ捕獲できたかもしれませんでしたが、間違いなく手の届くところまできたという感があり、今夜も夕飯もそこそこに、家の前の林に出向いてみました。ショーゴは野球のオールスターに夢中だったので、カンタを連れて。そうしたら、ちょうど羽化し始めたばかりのところに遭遇、カンタと2人、暗闇の中、蚊の襲来にもめげずに、観察して来ました。


P1060193.jpgP1060194.jpgP1060198.jpgP1060199.jpgP1060201.jpgP1060205.jpgP1060210.jpgP1060213.jpg













羽化の仕方は他のセミとは変わりなく、胸から頭を出して来て、30分弱でぶら下がり、後ろ足を広げ10分ほど休憩。同じくらいの大きさのツクツクボウシに比べ、全体的に水色が強い特徴があります。腹弁が見え、腹部も大きいので、これは♂ですねぇ。


P1060216.jpgP1060217.jpgP1060220.jpgP1060224.jpgP1060225.jpgP1060231.jpgP1060238.jpgP1060243.jpg













逆さにぶら下がったままだった幼虫が足をばたつかせたかと思うと、すっと上を向きました。あまりにも素早くて、その瞬間のシャッターチャンスを逃してしまいました。それからは10分もしないうちに、綺麗に羽根を伸ばして、羽化完了。明日の明け方までに体を乾かして飛び立ちます。


彼が美声を響かせてくれるのは、3日後くらいから。実はセミは、羽化してすぐは鳴けません。捕まえた♂が鳴かず、しかも綺麗な羽根をしていたら、それは羽化直後だと思っていいです。もう一つ、セミの寿命も、実は1週間ではないんです。もっと長生き。その証拠に、ヒグラシの羽化は8月の上旬くらいまでですが、9月になっても声はします。ショーゴよ、カンタよ、世の中の常識が実はたいしたことなかったり誤っていたりするのは、虫の観察からだってわかるんだぞぉ。


*セミについては、税所さん(Zikadeさん)のホームページがお薦めです。ヒグラシの解説はこちら









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




関連記事
スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

コメント

∩・∀・)こんにちは~

私も数年前に蝉の羽化を観察しましたよ。
クマゼミだったんですが、変化の速さに驚きました。
なるほど、セミって夏の間、生きてるんですね。
すぐ死ぬって思うのは餌のせいかもしれませんね。
だって、生木を餌に飼えませんからね。

筋肉料理人 #- | URL | 2010/07/29 21:12 [edit]

>筋肉料理人さん

コメントどうもありがとうございます。

流石に夏の間中というわけにはいきません。また、虫、小動物、ヒト、と天敵が多く、平均寿命は1週間くらいではないかと思います。子供が飼うとすぐに死んでしまいます。ただ、上手な人が飼育すると3週間くらいはもつそうなのです。植木鉢に小さな木を植え、それを網で囲って飼うという本格的なものですが...。結局のところ、野外でどれくらい生きるのかはまだよくわかっていないのですが、1週間で死ぬ、というのが誤りであるらしいことは間違いないようです。

クマゼミ、鳴き方が素敵で大好きです。もうすぐ帰る愛媛であれを聴く午前中が、夏の一番華やかなところです。

ガビー #- | URL | 2010/07/30 05:58 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gabee.blog50.fc2.com/tb.php/106-c7264ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)