09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

鯵、アジ、あじ 

10月初旬の3連休は、カンタと、夏休みの四国以来の海釣りに。この秋は釣りするチャンスがなかったので、贅沢して船に乗ることにしました。お世話になるのは昨秋カサゴ釣りで利用した船橋の内木丸さん。IMG_5179.jpg当初は土曜日夕方のカサゴ狙いに参加するつもりが、カンタの剣道の出稽古が入ったため、翌日曜日のアジ釣りに変更。6時半までに集合、とのことだったので少し早めにと6時15分頃に到着したものの、もうすでに大方のお客さんは待機済みでした。


IMG_5189.jpg船長さんの素晴らしいレクチャーがあった後、7時過ぎ出港。IMG_5192.jpg1時間程で、東京湾アクアラインの人口島「風の塔」付近へ。しばらくさまよってから、ゴーサインが出たので、小さい群なのかなと期待せず仕掛けを投入したら、カンタの竿がすぐ反応。もう来たの、と驚くや否や僕のもしなる。釣れたのは20cmに満たない小型ながら、体高のある黄色い鰭の美味しそうな黄金アジです。やった!


IMG_5194.jpgと、喜びに浸る間もなく、カンタにも僕にも次々にかかりました。隣の方のロッドは海面に突き刺さるようにしなり、なんだなんだと引き上げたら、現れたのはイナダ。僕は備え付けのたも網で援助。おじさん、電動リールでよかったねぇ、手動では巻き上げられなかったかも。その間にも、僕らの竿も揺れ続けています。どうやら海の底ではアジの群れを襲うイナダがいて、ちょっとしたパニックになっているみたいで、船の上もお祭り状態。8時過ぎからの2時間半でカンタ33匹、僕23匹を釣りました。


もう帰ってもいいと思ったくらいの釣果ですが、カンタに負けているのが気になる。船のスタッフにもお子さんの方がうまい、父ちゃん頑張れ、と。手返しよく仕掛けを落としてはすぐ魚がかかるのですが、無駄な力が入っているのか、バラしてしまうこと多数。対してカンタは確実で、ダブルヒットも上手に取り込み、差はなかなか縮まりません。潮が下げ止まると反応鈍くなり、移動し始めた11時半の時点で、カンタ40匹、僕29匹。


IMG_5206.jpg船は「海ほたる」の側へ。船長さん曰く、今度は型がいいアジがいるはず、とのこと。ですが、さっきまでの当たりが嘘のように反応がありません。アクアラインの下をうろうろしながら釣り糸を垂れるも、少しカサゴを釣った方がいただけで、みんな静か。レーダーには魚群が映っているそうなのですが、ほとんど何も釣れませんでした。が、やっと一息つけて、おにぎりを食べることができ、ホッとしたというのが本当のところ。


13時頃、再び「風の塔」の周りへ。潮はまだ動いていないから釣れないんじゃないかという予想とは裏腹に、またまた釣れる、釣れる、今までの無反応が嘘のよう。しかもまるでサバのような大アジをあげる人も出てきて盛り上がる船上。僕らも大きいのをと願うものの、最大でも23cmのアジでした。IMG_5212.jpgが、2人で100匹が見えてきたので、仕掛け等は変えず、まるで漁をしているかのように釣りを続けます。カンタは左腕が痛くなってきたとかでペースが鈍り、僕が猛追。が、結局追いつけず、14時半納竿。綺麗にアジばかり、カンタ56匹、僕49匹、2人で105匹、やった束超えだぞ!で、こんなにたくさんどうするんだよ!誰が捌くんだよ...お父さんだよ。


帰宅したのは16時過ぎ。留守番していたショーゴの手も借り、鰓と内臓を掃除し、洗い、水気をとって、6匹ずつ袋に詰める作業を3人でしていきました。まるで水産加工業者。それをカンタにご近所へ配りに行かせ、僕は自分達の夕飯作り。できたのは20時半。へとへとに疲れました。


IMG_5232.jpgIMG_5220.jpgIMG_5236.jpgまずは、12匹をお刺身、そのアラは骨せんべいと味噌汁に。また、小さなアジ12匹を唐揚げにして楽しみました。計24匹。3人でイルカにでもなったかのように食べましたが、秋の黄金アジはやはり旨い!IMG_5222.jpg翌日は、揚げたアラでパスタにしたり、開いて天日干しにしたのを焼いたり、丸揚げして南蛮漬けにしたりと、また20数匹を、さらにその翌日も同様にして、70匹近く残していたアジをなんと3日でほぼ食べきりました。また、ご近所さんからはぶどうや柿、ソーセージなんかをお返しにいただいて、わらしべ長者になったみたい。


ただ、やっぱり一束は処理が大変です、今度釣りに行く時は、もっと大物狙いにしようと思った次第です。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

香港人の好きな色 〜その2 パープル〜 

前回の、香港の色についての考察の続き。


強いコントラストの鮮やかな配色が好きな香港の人達が、最も好んで使う色は、紫系です。それも、日本で古来高貴な色として使われる深紫ではなくもっと鮮やかな明るい系統、いわゆるパープルが一番。そして、それに近いピンクや、明るい青、赤も目につきます。


KIMG1494.jpgKIMG0328.jpgまずは身に纏っている色が違います。特に女性の着ている衣服にはこれでもかと紫が目立ち、そこにピンクや黄緑を重ねていたりします。服だけでなく鞄も。日本で鞄屋といえば、黒、茶中心で、グレーや緑、赤ワイン色が続くような感じですが、香港の店頭を見て下さい。ここでも目をひくパープル系。


KIMG0271.jpg身につけるものだけでなく、空間にも紫系を使います。前回ご紹介した香港航空のキャビンの色はまさにその一つ。赤を強めにしているのは、恐らく機内は冷えやすいので暖色系寄りにしたためではないかと思いますが、紫と赤の中間の色合いです。驚くべきはマッサージチェアの販売店で、なんと紫と青がありました。日本では絶対にない色遣いではないでしょうか?濃紺ならわかりますが、もっと明るく派手な色あいです。ちなみに僕は紺の服が好きですが、香港の仕事仲間に、僕の紺のセーターの感想を求めたら、死んでいるみたい、と言われました。


KIMG0279.jpgこれらの好みは、どうやら子供の頃から好んで与えられているためらしいことが、おもちゃ屋を覗いてみるとわかります。パープル、ピンク、そしてそれに近い水色が目立ちませんか?色遣いが偏っている分、もっと雑多な色あいの日本のおもちゃ屋に比べて、どこかまとまった印象さえあります。


KIMG0016.jpgまた、日本では食べ物屋さんは、普通目につくところに青系は配しません。食欲を減退させる色だからです。バックにさりげなく濃紺を使っていたり、食器の縁どりに紺のラインがはいっていたりはしますが、いずれも、それにより、食べるものを映えるようにしたいための色遣い。ところが香港では、紫も青も主役になりえます。KIMG0723.jpgマクドナルドの店頭で見かけたポスター、これには強い違和感をもたないでしょうか?また、食材そのものに青を使っても不気味には思われず、むしろ好意的に受け取ってもらえるということも。右の写真は人気の高級ハンバーガー屋の看板商品。このティファニーブルーのハンバーガー、僕は食べたいとは思わないんだけどなぁ。


KIMG0478.jpgどれだけパープルがキーカラーたりえるのかに気がついたのは、たまたま通りかかった結婚式場に出くわした時です。赤いマットにはしっくりきますが、それに紫の絨毯を合わせるというセンスは、僕達にはない。IMG_1868.jpgDSC_1220.jpgしかも花にはピンク、台には藤色が使われているのにも注目です。おめでたい席にはこれでもかと赤と紫を使うようです。なのでクリスマス商戦でもご覧の通り。日本であれば、赤、白、緑ですが、香港では、赤、白、紫という配色が目につきます。


IMG_3237.jpg極めつけはこちらの着ぐるみでしょう。紫のクマのキャラクターは、日本ではありえない、絶対にない。しかも着ている服は補色となる真っ黄色。これだけみても、僕の主張は間違ってないと思っていただけるのではないかと思います。当然僕ら香港で仕事をする人は、ここをコントロールすべきなわけで、僕は最近、紫系統をいかに見せて誘い込むかをいつも意識しています。


香港に限らず異文化に触れる際には、こんな風に、色にも着目してみると、面白い発見があるかもしれません。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0   

香港人の好きな色 〜その1 コントラスト〜 

香港の街はとても煌びやかに見えます。IMG_3934.jpgいったい何がそう感じさせるのか、太陽が真上から降り注ぐから?高層ビルに空や海が反射しているから?夜には横方向だけでなく縦方向への明かりも多いから?それらも要因ではあるのですが、屋内に入っても鮮やかに感じるのです。いったいなぜなのか、ずっと考え続けて、一番大きいのは色の好みと思うようになりました。


具体的には、香港人は、強いコントラストを使ったビビッドな配色を好むようです。そして、明るい紫色や輝く青が大好きこの2点が僕らと感性の違うところ、というのが結論です。


今日は、色の強いコントラストの例を見ていきましょう。


IMG_5086.jpgIMG_4969.jpgまずは、新興の航空会社、香港航空のカラーリング。赤と黄色の組み合わせは、日本ではほとんど見られないものですが、どちらも中華圏では古くから大切にされている色で、言うなれば最強の組み合わせ。中国人という扱いには激しい拒否反応が出る今の香港の人達ですが、こんなところには昔の名残が見られます。で、機内に入ると、壁から床、椅子に至るまでとことん赤紫で、天井や一部の壁の白地とで強弱がついています。ちなみに、CAさんの制服も紫に赤という眩しいもの。いずれも日本人の目には少しきつく感じないでしょうか。


KIMG0499.jpg次に空港から市街地にむかうシティバス。黄色に赤、青とこれでもかと原色を重ねています。通行人からの視認性を高める意味では最高かもしれませんが、日本では考えられないカラーリングでしょう。実際、僕が子供の頃、都バスが黄色地に赤のラインをまとわせた派手な外装(青は入っていませんが)にしたものの大不評で、3か月でアイボリー地に赤、さらに後には赤から黄緑に塗り替えられました。


DSC_1107.jpg他にも、アジア最大のドラッグストアチェーン「Watsons」。その店名サインは、輝く青緑に赤。加えて店内も統一感のない派手な色遣いで、香港の街中でよく目に飛び込んできます。日本でそれまでの薬局イメージを覆し、ひたすら目立つことで知名度を上げていった「マツモトキヨシ」は、このチェーンを参考にしたはずです。


香港では中国本土と違い、中間色も好まれます。ただし、そのどれもが淡くなく、強い。しかも、こちらも補色関係にある色を合わせることで、さらにビビッドに見せたがるようです。KIMG0273.jpg日本の、上品さあるいは地味さを表現するための中間色とは違うのだと思います。例えば、右の写真。日本でなら、白を使っていたり、オレンジを使っていたりというのが頭に浮かびますが、どれもモノトーンですよね。対して香港の携帯電話会社の店頭は、右の通り、光る水色に、ピンクや黄緑が入り乱れます。どれも原色ではないですが、とり合わせることで激しい色映えに。


その中核を担っているキーカラーが、明るい紫なのですが、それは次回に。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0