05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

桃栗三年柿八年、プラム十一年 

IMG_3609.jpgIMG_3603.jpg我が家の庭に、深紅に染まったプラムが10個、実りました。植えてから実に11年目、ようやく、です。一昨年初収穫はできていたのですが、僕は海外出張中で目にすることはできず。しかもそれはわずか1粒だけだったので、今年が事実上初めての成功と言っていいと思います。


このプラムは「大石早生」という品種。早生、という名前がついているくらいなので、もっと簡単に実が獲れるものだと思っていました。初めて花を咲かせたのは植えて3年目の2009年。IMG_4027.jpgIMG_4007.jpgその時の記事はこちら。その後、年を追うごとに花の数は増えていくものの、右の写真のように結実する率が極めて悪く、花の後黄色く萎れてしまうのが半分以上。うまくいったように見えてもサクランボくらいの大きさになると落ちてしまうものばかり。そこそこの大きさまで育ったのが6年目、ですがこの時も、最後は熟す前に吹き荒れた5月の嵐に耐えられませんでした。


DSCN2270.jpg毎年失敗を重ねながら見つけてきた課題は主に3点。まずは受粉。花が咲くのはほぼ桜と同じ。でもその時には隣にある受粉樹の白梅は散ってしまっており、家の周囲でまだ咲いている遅咲きの梅かあるいは早咲きの桃の花を見つけてきては人工受粉させないといけません。が、花の時期がとても短い上、相性がいい花粉になかなか出会えていないようで、受粉の成功率は、20%くらい。隣の白梅は鈴なりに成るのに。



IMG_4007.jpg次に、夏場の虫対策。できれば薬は使いたくないものですが、非常に虫がつきやすく、いつのまにか毛虫やアブラムシが湧いて、葉が丸裸にされてしまいます。夏場に葉がなくなってしまえば、当然翌年の成果は望めません。アブラムシは、天敵のテントウムシを繰り返し放した結果住み着いてくれ、ある程度コントロールできているのですが。剪定して日当たりを良くし風を通すことで虫が発生しにくくするのを第一に、薬に頼ることもあります。


IMG_3570.jpg最後に真冬の剪定と施肥。プラムは、伸びて2年目以降の枝につく短果枝の花でないと結実しない、というのは頭では理解しているものの、実践となるとどう切ったら良いのか判断が難しいのです。まして、真冬だと庭に出る機会もなかなかなく、剪定はおろか、肥料を施すことさえ忘れてしまいがちになります。寒い時の手入れなど簡単な話ではないかと、外に出るのが気持ちいい今の季節には思うのですが。


IMG_3617.jpg冷蔵庫でしっかり冷やし、皮ごと味わってみました。噛んだ瞬間弾けて出てきた果肉は、酸味、甘味ともに申し分なく、本当においしかったです。来年からはもっと数を獲れるようにしたい。まだまだこれから!










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



スポンサーサイト

Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

身近な自然に 

1年で一番眩く心地よい、実に美しい季節になりました。その薫風に誘われ、休日の都度、少しずつ我が家の周りの自然に触れた5月下旬。


IMG_3344.jpgIMG_3351.jpgまずはお気に入りの「房総のむら」で、やっと見つけたセミの抜け殻。毎年この時期に出現するハルゼミのものです。江戸時代には関東の平野部に広く生息していたと見られるハルゼミですが、彼らの好むアカマツ林が消滅していくと共に姿を消し、成田市近辺では現在この「房総のむら」にしかいないのではと思います。ここに生き残っていることを知ったのは去年、愛猫の未々乃介の散歩に来た時。歌の下手なミンミンゼミ、とでも表したい「ムゼー、ムゼー」という鳴き声を、僕は生まれて初めて耳にし、これがハルゼミか、と感動しました。姿を目にしようと今年は通ってみましたが、個体数がとても少ないようで、アカマツ林のごく限られた場所で控え目な声だけを、しかも単発で聴けたのみ。輪唱する習性をもったセミなのですが。ただ鳴き声のする方を眺めていたら、運よく地上3mくらいの所に羽化した痕跡を見つけた、というわけです。


IMG_3356.jpgIMG_3352.jpg続いては川の中。玄関先に置いている水槽の中が長いことヌマエビとドジョウだけになってしまっていたのをなんとかしようと、メダカ採りに。成田市周辺の水辺はほとんどが外来種に占められ、メダカと思ってもカダヤシだったりすることが多いのですが、それでも細々とメダカが生息している小川があります。ショーゴが小さい頃から少しずつ採らせてもらっているのですが、今もカンタが網を入れればこの通り。もっとも、上からは姿が見えないので、掬いとるにはちょっとコツがいるようです。近くで休んでいた農家のおじちゃん達に、少年はこうでなくちゃ、と褒められたのも嬉しかった。


IMG_3370.jpgIMG_3372.jpg水槽にメダカを入れると上層で泳ぎます。もともといるヌマエビとドジョウは下層。中層を泳ぐ魚がいないのが寂しく感じ、ではモロコを捕まえてこよう、と今度はまた別の川に。モロコはなかなか採れないよ、というショーゴのアドバイスで、ペットボトルで作成した仕掛けも使用してみました。設置して3時間して引き上げてみたら残念ながら何もかかっておらず。IMG_3397.jpgただし、カンタが振り回した網には、モロコこそ入らなかったものの、モツゴ(クチボソ)1匹と、大小のヨシノボリ、そして小魚がたくさん。この魚、ハゼみたいに底にへばりついているけれど、ハゼよりも細面で、たまに底から浮いて泳ぐのですが、ウキゴリという魚なのだそう。


身近にもまだまだよく知らない生き物がいて、常に発見がある、というのはとても楽しいものですね。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0