10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

25年ぶりの三田祭 

先週末は、母校の学園祭「三田祭」に息子達と行ってきました。毎年、覗いてみたいと思ってはいたものの、深いつながりの所属もなければこれといった目的もないため、疎遠なまま。在校時でさえ積極的には参加しておらず記憶にあるのは大学1年生の時なので、25年ぶりではないかと思います。高校受験まであと3ヶ月を切ったショーゴに何か刺激を、という思いがきっかけでしたが、一番はしゃいだのは僕かも。


IMG_1669.jpg学園祭どころか、大学に足を運ぶのも20年近くぶり。今の職場は三田キャンパスからそう遠くはなく、三田駅も通勤経路上にあるのですが...。そんな愛校精神の希薄な僕も、駅を降りると自然と胸が高鳴りました。界隈の変容に驚きつつ、足取りも軽やかに正門である南門へ。と、そこには僕の知らない、ガラス張りの大きな建物が。そうか、南校舎建て替えられたんだ、と驚きはしたものの、それ以外は以前のままの面構えなので、割とあっさりと受け入れられ、いざ、中へ。


IMG_1671.jpg日本中の大学祭で1日あたりの入場者数がもっとも多いと言われる人混みをかき分け、階段を上ると、そこに広がっていたのは、僕の学生時代となんら変わらない風景。懐かしい!しかも不思議なことにそこに漂う匂いまでが昔と同じ。一気にノスタルジックな気分に浸りました。


祭を盛り上げている皆さんは、僕よりも20歳以上若い学生達。彼らには僕は、少年2人を連れたずっと歳上のお父さん。が、僕には彼らが、ほんの少ししか歳の離れていない後輩達にしか思えません。まるでつい最近までここに来ていたように錯覚します。もっとも、僕らの頃に比べて、皆さん揃って清潔感に溢れ賢そうに見えます。薄汚れた上着をだらしなく着たおじさん臭いっぱいの男や、ド派手な化粧をして髪をソバージュにまとめたイケイケ姉さん、なんてのはいません。今年世間を賑わせた事件を起こしましたが、少なくとも僕の目には、僕の頃よりずっとまともに映る学生さんばかりでした。そうそう、カンタがカープ帽を被っていたので、声をかけてくれる学生さんも多かったです。なんたって、この秋の我が広島東洋カープのドラフト1位加藤拓也投手は、今、このキャンパスに在籍中なのですから。カープに入る後輩が出るとは、本当に嬉しい。頑張れ、加藤君。


IMG_1672.jpgキャンパスの中を一通り回った後、OBの強力な母校ならではのお得な福引きをしたり、屋台のたこ焼きやハンバーガーを食べ歩いたりしながら、気の向くままに色んな教室を覗きました。写真展、似顔絵、性格診断、マジック、落語、芝居...。みんな僕らの頃にもあったものだけれど、やっぱり僕らよりもうまいような。さらには、当時はなかったものもありました。世界大会レベルのペン回し、すごいものがあるものだ。


IMG_1675.jpgあるいはずっと机の上の勉強だけをして来て、今も勉強しかしていない学生もいるのかもしれない。でも、そうじゃない面白い学生もたくさんいる。むしろ色んなことに興味を持ち、好きなことと真剣に向き合っているからこそ、頭が柔らかく、キラキラ眩しい。きっと、息子達はそれを肌で感じてくれたことでしょう。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


スポンサーサイト

Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

Tag: 三田祭 
tb 0 : cm 0   

香港の「の」 

10数年前、前職でその魅力に目覚めたものの、行く機会が年に1度あるかないかになっていた香港。再び縁あって今年、香港に2ヶ月に1度の割合で訪れるように。いつ行っても刺激的で、楽しく、香港担当は、本当に嬉しい。今日はその香港の話、香港の「の」の話。の?


中国大陸や台湾ほどではないものの、香港の街を歩いていると結構日本語を目にする機会があります。IMG_0538.jpg日本企業にとっても一大マーケットですし、日本への関心が強い方も多いので、当然といえば当然。例えば空港に降り立ってすぐ飛び込んでくる日本語が右のこのお店、「優の良品/AJI ICHIBAN」ではないかと。日本人には少し不自然に感じるこの店名は、狭い香港に100店以上あるというだけあって、至る所で目に入ります。香港企業のお店なのにあえて日本語を使ったのは、もちろんそれが香港人に魅力に映るからですが、その中でキーとなっているのは、間違いなくひらがなの「の」。


IMG_5032.jpg日本が好きな香港の友達によると、漢字の中に混ざり込む、日本独自のひらがながまずとても良く見えるのだとか。とりわけ漢字にはない丸みの部分が良いらしく、文字全体が丸い「の」が一番可愛く素敵なのだそう。となると、当然マーケットではその「の」を活用しているシーンが多く見られます。例えば左の写真。IMG_4153.jpg高級感漂わせたレストランの店頭ポスターは、ひたすら漢字が並ぶ中、たった1文字だけ入っているひらがなの「の」。これを入れたくてつけたタイトルという匂いがプンプン。こちらの「〜の選」という言い方は、僕達にはどこかおかしいもののとても便利らしく、日本の「元気寿司」もご覧の通り。言いたいことは伝わるけれど、高校生の英文和訳みたいなぎこちなさがあるのが面白い。


IMG_5033.jpgこちらは吉野家。やはり漢字を並べた中に少しだけ入れたひらがな、そしてマストアイテムの「の」。どこもおかしくない極めて真っ当な日本語になっているのは流石、グローバル企業吉野家。もっとも、「鯖の塩焼き」に「手作り鍋」、牛丼はどこへ行ったの?という話ではありますが。


IMG_0532.jpgIMG_0533_2016110321371139a.jpg日本の企業でさえ使ってしまうくらいですから、それ風に見せかけている香港企業となると使うのがもう必然で、カフェもラーメン屋もご覧の通り。どうやら4文字でタイトルをつけるのが最も注目されやすく、その内の1文字を「の」とするのが王道のようです。Homepage_News.jpg英語のofと同じ働きがあるというのは知っていて、それを念頭に言葉を作っているらしく、右のように言葉の前後を間違ってしまい(「季節限定の生姜シリーズ」ですよね、正しくは)、しかも「の」を目立たせたい余りに行替え箇所を間違えている、という例も。日本人いないんだろうなぁ、この会社。


IMG_4158.jpgそして、なんと世界のマクドナルドまでが、「の」に頼る。なお、「抹茶の旬」は一応秋とされていますが、この写真を撮ったのは真夏...。IMG_4175.jpgつまりは意味よりもまず「の」を入れることを考えた上でのコピーなのでしょう。それだけの威力を「の」は持っているとみていいようです。さらに下町の雑踏を歩いていたら右の看板も見つけました。足裏マッサージのお店のようですが、訳も分からず強調されている「の」。


DSCN4541.jpgIMG_0685.jpg香港までは成田から5時間ほど。航空チケットはANAで5万円程度で、LCCだと3万円台から入手できます。日本が寒くなるこれからがベストシーズン。皆さんも是非、愛される「の」を探しに香港へどうぞ。写真は空から写した香港中心部と、お薦めの和カフェ、「抹茶館」。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 香港

Janre: 海外情報

tb 0 : cm 0