04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ぶどうの心得 

2年前に庭のテラスに作ったぶどう棚。その時に植えた2本のぶどうは、なんとか棚に到達するかしないかというところまで伸びただけで、まだ花はつけていません。


IMG_0665.jpg一方でもう7、8年前に義父に植えてもらった名もないぶどうは、去年初めて紫色の実を得たのですが、ほんの数粒で、綺麗な房にはならず、初収穫とは言い難い出来でした。それが今年はあちこちに花をつけており、初めてぶどうらしいぶどうができるかもと期待しています。


IMG_0664.jpg芽吹いて花穂をつける5月の手入れが一番大事になるようです。要らない新梢の、芽をかいたり摘芯して成長を止めたり。また、元気のない葉も取り除きました。そして、毎年、悩まされる毛虫と黒とう病。毛虫は見つけ次第やっつけるのでなんとかするとしても、病気は防ぎようがありません。色々調べてみると、そもそもぶどうを無農薬で作るのには無理があるとのことで、昨年からは止むを得ず農薬を使っていますが、その散布も行いました。


IMG_0662.jpgIMG_0663.jpg最後は今回初めて行うとても贅沢な作業を。いくつもついた花穂ですが、それを全部そのままにしていてはいい実が成らないどころか、最悪の場合自ら花を落としてしまうそうなので、適宜摘房していきます。さらに、残した房も、副穂と上部数段、そして下端も切り取る房作りの作業を行いました。右は作業前と出来上がった房。さて、今年こそ美味しい初収穫に至るのか否か。ぶどう、だけに、やっぱり心技体揃わないと実らないのかな?







blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




スポンサーサイト

Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4