10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

タイムの時間 

普段できない「贅沢な時間」を過ごしている僕は、庭の手入れにもいつになく余裕が。DSCN0526.jpg例年通りチューリップを植え、ふと脇を見た時、ハーブコーナーのタイムが山になっているのが目に留まりました。元々は、汎用性が高いタイムは常に庭にあれば便利と、DSCN0492.jpgいただきものの10cm程の小さな枝を地面に挿したところから始まったものでしたが、あっという間に大きな株に成長、放っておくとどこまでも広がっていくのが嬉しいやら迷惑やら。写真の向こう側に見えるのは、一昨年、梅の木の根本を守るために少しだけ株分けしたタイムですが、2年でもうこの通り。


DSCN0496.jpgで、葉が枯れる冬の間に小さく刈り込むようにしているのですが、そうだ、葉が活き活きしている今のうちに、ドライのタイムを作ってみよう、と思い立ちました。刈り取ったタイムは被っている土埃をよく洗い流し、新聞紙の上に広げ、屋内の風通しのよいところに。毎日天地返しをして万遍なく乾くようにします。ちなみにタイムの香りは揮発性なので直射日光にあてたり、オーブンの余熱で一気に乾かそうとすると、持ち味が半減してしまうようです。


DSCN0746.jpgDSCN0738.jpg1週間もすると手にしただけでパラパラと葉が崩れるくらいに乾燥したので、それを丁寧に葉と枝に分けていきます。とても根気のいる地味な、あまり僕の得意ではない作業でしたが、芳香が立ちこめることもあって、1時間くらい没頭してしまいました。そうしてできたのが両手一杯くらいある、渋いグリーンのドライタイム。


DSCN0749.jpgハーブの空き瓶2つに入れましたが、それでも余ったのでビニール袋に小分けし、友達にもお裾分け。肉にも魚にもあい、加熱すると他の臭いを吸い取るように香りが立ち上がりそして消え、決して強い匂いを残さないので、臭み消しにこれほど有用なハーブはない、僕はそう思います。また、フレッシュの上品な香りには勝てませんが、ドライでも十分楽しめるのもいいところ。年を越す辺りの寒さで一旦茶色くなるのですが、今年は冬の間も我が家の食卓で大活躍しそうです。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




スポンサーサイト

Category:

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4   

贅沢な時間 

紅葉が見頃を迎えている成田。僕はこの夏、DSCN0523.jpgDSCN0446.jpgふいに転職することを決め、今は有給休暇を消化しているところ。先々への不安はゼロではないものの、何もしなければ何も変わらない、そんな思いから職場を移して新たなチャレンジをしてみることに。思いもかけず深く惜しんでくれる方々が沢山いらしたのが大きな励みになり、気持ち的にはとても安定し、普段できなかったことをじっくり楽しむ贅沢な時間を過ごしています。暮れゆく秋の美しさを愛でるのもその1つ。


DSCN0582 - バージョン 3今日は、僕のお気に入りの場所、房総のむらで開催されている「写生コンクール作品展」にショーゴの絵が入選し、飾られているというので行ってきました。夏の房総のむらの風景画で、本人の解説では、豊かな緑を様々な色と筆遣いで描き分けているところや、空もベタな青ではないところ、DSCN0585.jpgそして赤いトンボをアクセントに配置しているところなどがポイントだそうで、なるほど上手いなぁと感心。もっとも、妻の血が濃く出たのか絵だけは得意でそこに向上心もある彼としては、北総地域の狭い対象だから選ばれたに過ぎない賞、なのだそうです。先日の剣道での初勝利でも感じましたが、僕とは違い、嬉しさについては割と冷静に受け止める人に育っているみたい。


DSCN0604_20131123173035038.jpg美術に触れた後は園内を散策。7月から10月には色んな茸が見られ、観察会も実施される場所ですが、もうすでに秋の茸シーズンは終わったようです。晩秋に見られるムラサキシメジさえ目にすることなく、DSCN0600.jpg見つけたのは、倒木に生えていたナラタケのみ。でも、この辺りで最も手入れがされている雑木林は、どこまでも青い空とまだ力が残っている太陽の下、より一層美しく、歩いているだけでじつに気持ちがよくなりました。


DSCN0605.jpg子供達はというと、その綺麗な景色に見とれることもなく、広い園内を汗を滴らせながら追い駈けっこ。DSCN0597.jpgパワーはあるもののもさっとしたショーゴは、身軽ですばしっこく木々の間を縫うように走るカンタをなかなか捕まえることができません。その姿はまるで熊と猿。恐らく直線で足を比べてもカンタの方が速いのではないかと。ま、一度捉えてしまえば、右のようになり、最後はカンタが泣いて終わるのですが。


DSCN0352.jpgこうして家族揃ってのんびりと過ごせる休日も、この先もう沢山はないとても貴重なことなのかもしれません。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0   

初めの一本! 

すでに1週間が経ってしまいましたが、4日の文化の日に、成田市文化祭剣道大会が開催され、ショーゴとカンタが「玉造剣友会」の仲間と共に参戦しました。


IMG_0781.jpg剣道歴2年半のショーゴは3度目の出場で、同じく1年半のカンタはデビュー戦です。ショーゴは過去、団体戦、個人戦ともに、勝利はおろか一本をとることさえできていません。一昨年はなすすべもなく文字通り秒殺され、去年は抜き胴が決まりかけたもののそこまで。勝ち負けの前に、まず綺麗な一本を決めるのが目標です。DSCN0317 - バージョン 2カンタは道場の先輩のお兄ちゃんお姉ちゃんに比べるとまだまだで、団体戦のメンバーにも当然入れず個人戦のみの参加。まぁ、大勢の前で試合をする、その緊張感を経験するのだけでよし、と思っていました。先生方によるとカンタの方が勘がよく、将来強くなりそうだ、なんていう声もあるのですが、正直僕にはその感じはわかりません。右は兄弟での稽古シーン。


DSCN0279 - バージョン 2剣道を好きではあるけれど、普段からどこかもっさりした動きのショーゴ。加えて幼い頃から人見知りも激しく、人前でかなりあがってしまう子なのですが、経験を積むというのは効果絶大ですね、いつもと違いキビキビとそして堂々とした所作。DSCN0341 - バージョン 2ウォーミングアップの際、緊張しているのかな、と声をかけても、どうやったら勝てるかしか考えていない口ぶりに、いけるのではないかと期待。「始めっ」の言葉がかかるやよく動き、よく攻め、そしてついに、審判の手を2度挙げさせ、一本勝ち!


ところが、試合後はあまり喜ばず。なぜだと尋ねたら、団体戦なので、自分は勝ったけれどチームは負けた、それが大将として悔しいのだと。いやぁ、成長したなぁ!そんな子ではなかったのに。とても驚きました。一本勝ちはとても嬉しかったけれど、その言葉が出てきたことがさらに嬉しかった父でした。その後、個人戦でも一本勝ちで1勝。2回戦では強い子に負けてしまいましたが、なかなか見応えのある剣道を見せてくれました。


DSCN0335_201311112122479c1.jpgDSCN0336_20131111212250220.jpgカンタの方は、こちらはもともと前に出て行く度胸はある子ながら、やはり初陣は固くなったようで見せ場も作れず惨敗。幼稚園の頃に比べて、最近少し兄貴のようなズボラなところが出て来ているのですが、剣道の稽古にもそういうところがチラホラと。来年初勝利をあげるためには、普段からもう少しちゃんとしないといけないように思います。ま、いい経験をしたのは間違いありません。立ち姿はなかなか綺麗だったし、右側の写真のように、背の高い上級生相手に、果敢に挑んではいっていたし。


二人共、2週間後の24日には昇級の審査があります。ショーゴは1級、カンタは3級へのチャレンジです。ちなみに20年以上1級だった僕も、この3月、晴れて初段に。剣道に限らず近い将来何かと追い抜かれていくのでしょうが、そう簡単には抜かせない父親でありたいと思っています。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!






Category: ファミリー

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

ドングリからなる木に、ドングリが 

庭のシンボルツリーが台風で倒れてしまったのを機にドングリから育て始め、昨年の春にも話題にした庭のクヌギの木に、DSCN0218_20131102225136d39.jpg数こそ少ないもののドングリが成りました。芽吹いてから3年目だった昨年は、「花はまだ」と書きましたが、実際には、桃栗3年の言葉通りにわずかながら咲き、結実していたようです。というのもクヌギのドングリは、2年かけて熟すそうなので。このドングリは、昨年春の花の実なのです。


DSCN0223.jpg幹の直径は5cm、背丈は3メートルをそれぞれ超えました。もはや引っこ抜くのはもちろんのこと、子供に折られてしまう心配もありません。海釣りのロッドのようにとてもしなやかなので、例えば僕が蹴り倒そうとしても無理かもしれません。一応、強風に煽られても大丈夫なように、シュロ縄で緩く支えてはいますが。


DSCN0146.jpg今年の秋は激しい台風に繰り返し見舞われ、あちこちで土砂崩れや冠水の災害が起きた成田市。我が家も強烈な風雨に晒され、家の前を流れる川が溢れ一面水浸しになり、ちょっと身構える程でした。近所の小学校が避難所として解放される、という経験も初めてしました。が、この木はそんな厳しい天候にも負けることなく、子孫を残すまでに成長してくれました。まだ一人前の風格はありませんが、とてもあのミニトマト程の小さな実から育ったとは、植えた僕でさえ思えないほどになっています。


DSCN0195.jpgこの木からはまだ数個だけですが、庭の隅にあるミニ雑木林からは相当な数のドングリが落ちてきます。そのままにしておくと芽吹いてしまって大変なことになるので、今年も息子達に拾い集めてもらったところ、バケツに半分にまでなりました。毎年量が増えていきます。縄文時代の人達はこれを食べていたようですが、そんなにおいしいものではないそう。そもそも、僕は栗が苦手なので、う〜ん、何か良い使い道はないかなぁ。近所に動物園でもあれば寄付できるのですが。


チューリップの球根を植える準備も始めました。窓いっぱいに広がっていた外の緑も色褪せてきました。まもなく冬がやってきます。









blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 4