06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

栃木県のご当地茸、チチタケ 

「近いうちにもう1回」と書いて1週間。IMG_0353_20130715104814.jpg3連休の2日目、絶好の天気予報、ここを逃す手はないと、再び那珂川流域の雑木林へ、茸とクワガタムシを採りに行ってきました。前回より少し早く出て、翌日が休みなので帰宅も少し遅くなりましたが、まわった所は、茨城県城里町の温泉「ホロルの湯」を含め、ほぼ同じ。狙うのも引き続きセップ/ポルチーニの仲間とミヤマクワガタです。探すのはこんな感じの林。爽やかな風が吹き、心地よい森林浴になる...はずが、虫を追いかけていると汗が滝のように出ます。


P1200082.jpg先週は、日中35度を超える酷暑のためかミヤマクワガタはほとんどおらず、暑さや乾燥に強いノコギリクワガタやコクワガタばかりでしたが、少しだけですが気温の下がった昨日は、ポツリポツリと見られました。が、期待していた場所はどうやら先行者がいたらしく、不発。IMG_0355_20130715104004.jpg例年通り息子達のお友達にあげる分も、と1日中木槌片手に汗を目に染みらせて頑張ったのですが、そこまでは採集できませんでした。先週は姿を見なかったカブトムシの姿も目にしました。我が家でも先週、飼育しているカブトムシが全て羽化して活動開始、今日はアブラゼミの初鳴きも。いよいよ夏本番のようです。


P1200068.jpg茸の方は、どちらかというとクワガタ採集の方に力がいってしまったこともあり、欲しいイグチ類は見つからず。一番盛り上がったのは、こちらチチタケクヌギの木々の下、少し崖になっている部分に広く群生していました。この、中心が窪み、成長すると漏斗型になるベニタケの仲間は、食感がボソボソで食べて旨いものが少ないようで、僕らはほとんど関心がありません。が、足元にたくさん生えている茶色いビロードのような綺麗な茸に、これは、と傷つけてみたら、白い乳液がボトボトと出て来たので確信、集めることに。P1200070.jpgチチタケは、この特徴故に「乳茸」と名がついた茸で、とても不思議なことに、栃木県では「チタケ」と呼び、マツタケ並に重宝され、採取に熱中する余り命を落とす方が出るほどの大人気ながら、全国的にはさっぱり、という、まるでどこぞの地方の国会議員のような内弁慶ぶりです。実際、僕は以前、栃木県に住んでいた折、食する機会はありましたが、そこまで熱狂的になる理由は今ひとつ理解できませんでした。


P1200097.jpgとはいえ、自分で採るとなるとこれまた話は別で、食べられるのがはっきりしているとなれば、収穫して自分で調理して味わってみたくなります。傘と柄が同じ色をしており、勢いよく出て来る白色の汁が時間の経過と共に茶色く染みになっていく、という明快な特徴をした状態のいいものを選んで収穫したところ、200g程に。近くの産直施設では、この半分くらいで1000円近い値がしていたくらいですので、もし、僕が栃木の人間だったら、この喜びは果たしてどれくらいだったことでしょう。


P1200100.jpg調理も栃木の郷土料理「ちたけそば」に倣い、炒めた茄子とともに、醤油、みりん、日本酒で煮込んで汁に。なるほど、加熱すると食欲をそそる匂いと共にいい味が出てきます。少し濃い目の味付けにして一晩寝かし、冷やしてから冷たいぶっかけうどんにアレンジしていただきました。う〜ん、確かに醤油にあったしっかりした味が出ています。独特の旨味があり、それでいて嫌な癖がない感じ。おいしいです。でも、やはり食感はよくなく、例えばお金を出してまで食べたいかというと...。


茸は放射能物質が蓄積されやすく、特に日光や那須高原産チチタケでは高い数値が出ていたりもしますが、僕らの採取した地域のものは暫定基準値内に収まることが多く、繰り返し食べるわけでもないので、食べてしまいました。が、たぶん今後、狂喜して食することはないんじゃなかろうかと。僕の中ではタマゴタケと同等か少し上くらいの評価、世間では凄く美味しいとも言われているけれど、どうかなぁというのが結論です。


「ホロルの湯」の割引券はこちらをどうぞ。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

お祭りよりも花火よりも 

一昨日の土曜日、インドネシアのジャカルタから早朝、成田空港へ降り立つや否や、赤道直下のインドネシアよりも暑い、と感じたのも無理もありません。成田では例年より2週間も早く梅雨明けとなったのですね。成田市の一大イベント「祇園祭」は毎年この時期に開かれますが、生憎の雨模様というのが普通で、梅雨が明けていた、なんてのは聞いたことがありません。


さて、我が家は昨日、その「祇園祭」には目もくれず、いつもの通り、栃木・茨城の県境に、虫採りと茸採りに行ってきました。夏を彩るお祭りや花火は、遠くで見ている分には決して嫌いではないのですが、人混みが苦手なのです。普段は割と社交的ではないかと思うのですが、休みの日に人の波にもまれ、おまけに誰かに不意に会う、というのは避けたく、故にそういう夏の定番イベントには、まず出かけません。代わりにこの、虫と茸を追いかける夏は、もう我が家では定番の行事となりました。


P1200052.jpgいつもなら6月に1度は行くのにそれが叶わなかった今年。そこでまずはミヤマクワガタを採集することを第一目標とし、行き先は、成田から車で2時間余りの、那珂川流域のクヌギ・コナラの雑木林に。同時に探す茸は、もちろん夏の茸の王様セップ・ポルチーニの類い。中でも、簡単に見分けがつき、最高においしいムラサキヤマドリタケを狙うことにしました。で、流石梅雨明けという青空が広がっていたはずが、到着するや否や、雨。といっても悲嘆することはありません。この一帯は雷雨の多いところで、天気がよいと必ず雨雲が発生します。時には午前中から「夕立」となったり、それが1日に3度も4度も起きたりします。そしてその雨があるが故に、乾燥と暑さに弱いミヤマクワガタも生息できますし、色んな茸が発生するのです。そんなことを息子達に説明していたら、じきに雨は止みました。


P1200049.jpgクワガタの採集方法は、広大な林の中を、木槌片手にトントン木に振動を与えては落ちてきたのを拾う、という簡単なものですが、昨日は35度を超える酷暑が祟ったのか、落ちて来るのはミヤマクワガタよりも暑さに強いノコギリクワガタとコクワガタばかり。大きな♂が落ちる時に枝や葉に当たって出るドサッという音はしませんでした。きっとミヤマクワガタには暑過ぎて、樹液に来ることなく葉の裏ででも休んでいたのでしょう。葉に止まっているものは振動が伝わらないので落下してこないのです。なんとか見つけたのは、木槌を使ってではなく、目の届く高さの樹液にいたペア。


P1200042.jpgP1200043.jpg茸は、我が家のシンボル的なタマゴタケのちょうど食べ頃の蕾状態のものをたくさん見つけた後、大本命のムラサキヤマドリタケも。写真左の全身紫色のが幼菌。これが成長していくと右のように傘が黄色くなっていきます。P1200054.jpgムラサキヤマドリタケは、一見とてもおいしそうには見えない派手な外観ながら、味は日本のヤマドリタケ類の中でも最上とも言われているイグチで、夏の初めというよりは梅雨の合間、そして、秋雨の頃に多く見られます。成田の我が家周辺にも生えるようなのですが、僕はまだ見つけていません。


P1200062.jpgP1200056.jpg虫に茸に、林の中を右へ左へ上から下へ探しまわる作業はなかなか大変で、言うまでもなく汗びっしょり。で、最後には茨城県城里町の「ホロルの湯」で綺麗さっぱりするのがこの日帰りの旅のいつもの流れ。湯上がり後少し寛いでいたら突然真っ暗になり、激しい落雷と共に豪雨に。ほらね、また来た。でも20分もすると雲が切れて明るくなり始め、さっきまでの猛暑が嘘のように爽やかな風が吹き抜けるようになった中、家路につきました。


茸は採れたけれど虫はさっぱりだったし、親子揃って遊べるのも今だけなんだろうから、近いうちにもう1回行きたいなぁ。


「ホロルの湯」の割引券はこちらをどうぞ。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4