03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

藤の花、クヌギの花 

僕の家の周りには、それほど大きくはないですが雑木林が広がっています。いや、雑木林が眺められるところに家を建てさせてもらった、というのが正しい言い方でした。そのあちらこちらで藤の花が見頃を迎えています。


P1180988.jpg藤は蔓性の植物、つまり木々に絡みついて育ちますので、手入れをしないと見栄えがしないと僕は思います。藤棚のように、人間が管理してあげて初めて遠目にも美しい姿となるのではないでしょうか。皮肉なことに、近頃成田の山林で藤の花がたくさん見られるのは、里山が管理されず本来なら伐られてしまうべき藤の蔓が野放しになっているからのようで、その咲き誇る全身はお世辞にも上品とは言えません。


P1180987.jpgP1180991.jpgですが近づいて眺めてみたら、そこはやはり古来愛でられてきただけのことはあり、実に美しい花です。光の当たり方で淡い藍にも紫にも映り、周りの元気な若葉に負けない艶があります、日本各地に藤の名所があり、藤まつりと称する行事があるのも納得です。


P1190001.jpgP1190022.jpg雑木林の中心的存在のクヌギは、藤とは対称的に花はとても地味です。庭でドングリから育てているクヌギは、5年目を迎えて初めて花をつけましたがそれが左の写真。穂が垂れ下がるのが雄花、枝先の葉の根本、腋の部分に赤くついているのが雌花です。雄花から飛んだ花粉が雌花について受粉すると実が成り、2年かけてドングリになります。ドングリの実はともかく、この花は雄花も雌花も率直に言って全く観賞するに値しないように思うのですが、どうでしょうか。


このように花のきらびやかさには大きな違いがあるものの、人の手が入って初めて活き活きとするのを思うと、藤とクヌギはよく似た存在なのではないかと、ふと思いました。手入れが行き届いた里山のクヌギは見ているだけで心穏やかになりますが、放置されれば直ちに深い薮に覆われ、そのうち照葉樹にとって代わられてしまいます。藤もクヌギも、そのままでいるよりはむしろ、人との関わりがあってこそ輝きを増す、そういうもので、だからこそ、長い歳月日本人の心象風景の1つとなってきたのかもしれない、そんなことを藤の花を楽しみながら考えた初夏の休日。


P1190013.jpgなお、コナラの木も同じように目立たない花を咲かせますが、我が家ではクヌギよりも若干早いようです。なので、クヌギはまだ葉が小さく、雄花が目立つのに対し、コナラはすでに葉が茂り出して、瑞々しく青々としています。どちらもカブトムシ・クワガタムシが集まる木としてよく知られ、よく似ていますが、この時期だけは姿が少し異なることにも、この春初めて気がつきました。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2   

空から見ると ~その30 空港12~ 

瑞々しい新緑と薫風が田んぼの水面を揺らし、なんでもない日常の景色がまばゆく輝く、実に気持ちのよい季節がやってきました。そんな心地よさとは裏腹に、新年度が始まってひと月が経とうとするこの時期は、新しい生活に対する緊張感や居心地の悪さから愛憎入り交じった様々な記憶が明瞭に残っているのは僕だけでしょうか。そんな中でも最も古い思い出の1つに、今から30年程前、ちょうど今のショーゴの頃の国語の教科書に、『雲仙から阿蘇へ』という紀行文があったことがあります。流石に細かい文面までは覚えていませんが、タイトルのリズミカルな響き、文に添えられていたツツジやミヤマキリシマの花そして阿蘇の草千里の写真が、なぜだか思い出されます。今日はその雲仙から阿蘇へと巡る一帯を、空港を軸に空中散歩してみましょう。


P1170816.jpgP1170814.jpgまずは長崎空港からいきたいところですが、ここはいつも真上を通過してしまい撮影がまだできていないので、代わりに佐賀空港、愛称有明佐賀空港。15年ほど前に開港しましたが、福岡空港にほど近くまた周りの有力な観光地からはどこからも距離があるため、やはりというか当然というか利用が伸び悩み、厳しい批判が。実際、空から見てもその閑散具合が想像できます。この左の写真、どこが空港だか、わかりますか?拡大してみて初めて滑走路が認識できますが...右に流れる川は、阿蘇山に源を発する筑紫次郎、筑後川。


P1180518.jpg佐賀空港の反対側に見えるのは島原半島。中心の雲仙岳は20年前、5年に渡る火山活動を起こし、その火砕流の映像は記憶に新しいところですが、その際に中心の普賢岳の脇に溶岩が隆起してできた平成新山1483mが最高点になっているのは今まで知りませんでした。一帯は今、「島原半島ジオパーク」として日本で初の世界ジオパークの認定を受けた「大地の公園」となっています。中央下の普賢岳から左側に流れた火砕流の痕が見えます。左隅の山は眉山。200年以上前の島原大変肥後迷惑と呼ばれる火山災害では、この山の山体崩落により有史以来日本最大の火山災害を起こしていますが、20年前の噴火の際はこれがあったために、その左の島原市は守られたそうです。沖に見える島々は天草諸島。島原半島と天草諸島は、日本史上最大の一揆、島原・天草の乱の地としても知られています。


P1170817.jpg飛行機はその後、熊本市上空を通ります。熊本は一人旅、家族旅行、友達との旅行、と3回も訪れたことのあるお気に入りの街のひとつ。その魅力はなんといっても加藤清正が築城した熊本城。漆黒の天守は格好よく、日本最大級の城郭の広さも見事ですが、一番は「武者返し」と呼ばれる石垣。丈夫へ行く程垂直になり、登っていったとしても途中で上が迫り出してくるような形になって登りきれない独特の石積みの技術は、築城250年余り経った後の西南戦争でも西郷隆盛軍の突入を阻み、隆盛をして「官軍に敗れたのではない、清正公に負けたのだ」と言わしめたそうです。


P1180522.jpgその熊本城公園を中心に捉えてみました。公園の右端にあるのは県営藤崎台球場。そのすぐ右側を鹿児島本線と鹿児島本線が上下に走っています。上部を左右に横切るのは白川で、左上隅にある水辺は水前寺公園です。



P1180526.jpgP1170820.jpg熊本空港、愛称阿蘇くまもと空港は、その名の通り、熊本市内から阿蘇の方へ20キロ少し登った、阿蘇山の入り口にあります。昨年、太陽光発電パネルの大屋根を設け、内装には熊本産の木材を使うなどリニューアルされたそうです。周辺の景観の良さもあり元々航空ファンには飛行機の絶好の撮影ポイントとして人気でしたが、最近では、ゆるキャラで人気のくまモン効果もあり、賑わっているようです。写真の左端に見えている赤茶けた山が阿蘇山の外輪山。その阿蘇山は、空から眺めるととても雄大で素晴らしいの一言なのですが、それはまた別の機会に。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: 空から写した風景

Thread: 旅先での風景

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   

アミガサタケの春も早い? 

毎年桜が散って少し経つと生えて来る春の茸、アミガサタケ、モリーユmorilleP1180729.jpg家の周りだけでこれほど沢山収穫できる上、美味しく安心して食べられ、しかも干してもなお良いという茸は他にはなく、我が家はともすると桜そっちのけでアミガサタケの話題で盛り上がる程。で、いつもだと4月20日前後から採れ出すのですが、今年は桜が1週間早かったからもしかしたら、と昨日、子供達と散歩がてら探しに行ってみたら、やっぱりもう生えていました!


P1180728.jpgまずはご近所のソメイヨシノの下にまとまって生えるマルアミガサタケ。5年前このブログ開設のきっかけになった茸です。最大で高さが10cmくらいにもなる大きなアミガサタケで、おまけに歯ごたえもあるので、フレッシュのままソテーするには一番のアミガサタケ。大きいくせに、傘がグレーがかっていて目立たず、案外見つけられないもの。昨日も、一見したところなかったのですが、1本目が目に入ったら次第に周りにも数本あるのが見えてきました。写真をクリックしてみて下さい。4本あるのわかります?昨日の時点ではまだこれから大きくなるような感じでしたが、とりあえず確保。


P1180732.jpgP1180731.jpg次は大きさこそ5cm程度と小さいものの、とにかく数が穫れ、しかも発生場所も複数見つけている黄色いアミガサタケ。ヨーロッパではイエローモレルYellow Morelなんて言われているみたいですが、日本ではまだ分類がされておらず、きちんとした名前がないアミガサタケ、それでいて成田市近郊ではこれが最も普通に見られるというのが、なんともミステリアスに思います。いつもゴールデンウィークが始まる頃にまとまって穫れ、去年は100本以上を採取しました。昨日は、去年新たに見つけた場所でポツリポツリと。太陽を浴びて黄金色に輝くフォトジェニックなアミガサタケ、あと10日もすればきっとあなたの身近なろころでもキラキラと生えているはずです。


P1180736.jpgIMG_0144_2.jpg収穫は全部で20本余り。そのうち状態のいいものを選別し(残りは陰干しへ)、去年干して保存しておいた出汁用とあわせ、鶏肉とアスパラガス、パルメザンチーズとでクリームパスタにして、旅に出て留守中の妻を除いた家族3人のディナーに楽しみました。








おいしいきのこ毒きのこ

おいしいきのこ毒きのこ
著者:大作晃一
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

春うららのザリガニ釣り 

季節の変わり目、というけれど、季節そのものが移ろいゆく、それが春。IMG_0123.jpgついこの間まで梅の花が凛と咲くのをコートの襟を立てながら見る寒々しい風景だったのが、桜の花を追い立てるかのように新緑が現れ、一気に鮮やかな風景へと変貌しつつあります。春の嵐が吹き荒れた今日は、強い南風とともに気温もグッと上がり、11月に植えたチューリップが力強さを増した太陽の下、色とりどりに眩しく咲き揃ってくれました。水の張られた水田からは、いつの間にかニホンアマガエルやシュレーゲルアオガエルの鳴き声が賑やかに響き渡るようになっています。ここから先は、ついつい初夏と呼んでしまう、そんな春の後半戦。


P1180714.jpg今日は剣道の稽古がないのでちょっと外に出て春を愛でようと思い立つも、風強く海はダメ。房総のむらで開催されている「さくらまつり」はもう桜が散ってしまったようなのでパス。そこで、家の近くにお弁当を持って繰り出し、ザリガニ釣りをすることにしました。ショーゴにはゼロからの道具づくりを指示。竹薮から若竹を切り出してきて、凧糸を結び、重りをつけるだけの簡単な工作ですが、持ちやすく把っ手までつけてくれました。教えもしないのに、成長したもんだ!


P1180709.jpgザリガニは釣ろうと思えばいくらでも釣れてしまうものなので、一番大きなのを釣り上げた人が勝ち、というルールにして、家族全員散り散りに。体が半透明な子供のザリガニではなく赤い大人のザリガニを狙って、土手の下や水の溜まり場に糸を垂らすも、まだ水温が低いからかあまり活発な動きはありませんでした。途中で妻の友人が幼子と共に参戦してきてより賑やかに。


P1180705.jpgP1180708.jpg卵を抱えた♀を釣っていたショーゴの勝ちで終わりそうなところで、僕がハサミの大きな♂を捕まえ、結局父親の貫禄勝ち。P1180713.jpg全身泥だらけで動きも鈍かったところからすると冬眠から覚めたばかりの個体のようでした。春風に吹かれてのんびりと、子供達とザリガニに遊んでもらった日曜日でした。


IMG_0133.jpgそうそう、近所には一昨日、公津の杜中学校が開校しました。内装に千葉県山武産の杉を使った3階建ての校舎に、緑に囲まれた各種グランドと、ハード面は文句のつけようのない素晴らしい学校です。幼かった子供達と野球や凧揚げをして遊んだ広大な空き地を思い出すと寂しさも少しありますが、気がつけば長男はもうすぐ中学生。お世話になる学校がこんなに近くにそしてこんなに綺麗にできたのはありがたいことです。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: 自然探索

Thread: 楽しく生きる

Janre: ライフ

tb 0 : cm 2