06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

暑い夏には、よく冷やした龍井茶を 

前回の『淡いグリーンの烏龍茶』の続き。


中国南部、福建省で中国茶に目覚めた僕は、以後中国各地への出張の度に、それまでは大して気に留めていなかった仕事先や宴会で出されるお茶にアンテナを張るようになり、少し癖のある普耳(プーアール)茶や茉莉花(ジャスミン)茶も好んで飲むように。そうそう、普耳茶を初めとする後発酵茶の黒茶は、脂質を分解する作用があるそうで、一説には中国人はあれだけこってり系を食べながら肥満の方が少ないのは、黒茶のお陰だとか。


そんな中、一番のお気に入りとなったのは、上海や、上海に程近い浙江省の杭州に行くと出されるお茶。それは発酵させていない緑茶で、渋味と苦味のあるパンチの効いた味は烏龍茶よりもさらに美味しく、和食にもあうと思いました。その名は龍井(ロンジン)茶。聞いたことのない名前でしたが、なんと宇治茶、つまりは日本茶のルーツとのこと。なるほど、日本人である僕の感性にぴったりだったわけです。


P1140575.jpg龍井茶は宇治茶の祖先とはいえ、茶葉の形も煎れ方も少々異なります。蒸しているため鮮やかな緑色でフレーク状になっている日本茶では、急須を使い、必ず濾しながら湯飲みに注ぐのに対し、龍井茶は、左のように細長く丸まった少し褐色がかった茶葉で、これを、背の高いマグカップのような磁器にダイレクトに注ぎ、茶葉ごと飲む(食べる)のが日常的です。出された直後、葉が表面を覆い、その口当たりが気になります(写真左)が、中国の方は平気みたい。P1140359.jpgP1140356.jpg。もっともその時点で飲むのはむしろ軽すぎて美味しくないと僕は思います。葉が広がって下に沈殿したら(写真右)、ちょうどいい飲み頃。茶葉も飲まずに済みます。なお、中国でも正式な作法では急須を使い、濾します。ただその場合でも、湯飲みはやはり磁器で、小さなお猪口のようなカップです。


こういった飲み方については、長い歳月の中でそれぞれが育んできた文化の違いで、甲乙つけがたいですが、食後にホッとする意味で飲むお茶なら、日本の厚手の湯飲み(個人的な好みでは陶器)での方がいいかなぁと。対して、龍井茶は良質のものは何度も煎じることができ、長続きするので、ティーパーティーをするのにはふさわしいように思います。P1140570.jpgまた、日本茶よりもパンチの効いた味がしますので、冷やして飲んでもすごく美味しい。冷たいものは体によくないと考える中国人はあまりこんな飲み方をしないようですが、僕のお薦め。冷たくして飲む緑茶なら、日本のお茶より断然龍井茶だと思います。


そうそう、龍井茶は、流石中国、偽物も多いそうです。ですが、外国人の僕には偽物か否かはもちろんわかりません。P1140573.jpgでも茶葉の形が均一で新鮮、よい香りがするものであれば、龍井茶を名乗る緑茶はことごとく旨い、それは間違いありません。また、他にも高級な緑茶があちこちで生産されています。先日も、龍井茶だけでなく、試飲した結果なかなかおいしかった四川省の緑茶も買ってきました。買う時は、もちろん街のお茶屋さん(デパートにもたいがいある)で、贈答用の仰々しい入れ物ではなくパックに入ったもの、お値段は100g30元(約400円)くらいのものがお薦め。日本の普通のお茶の半値くらいですが、それでもかなり高級な部類で、濃い味が出るので冷やして飲むのに向いていますし、温かく煎じる時には何度もおかわりができます。これより安物になると茶葉がバラバラで当たり外れが大きかったり、味が薄くなるように感じます。


P1130998.jpgところで、中国の観光地やショーでは、お茶を入れるパフォーマンスも見ることができます。中国の伝統衣装を身にまとった男性が、長い注ぎ口の急須を手に、踊りを挟みながら、色んな体勢からお茶を入れるというもので、雑技団の中のプログラムに入っていることが多いと思います。僕はこのお茶のパフォーマンスもまた大好きです。少し頑張って練習すれば誰にでもできそうなレベルで、特段お茶を入れる以外すごいことはしていないのに、真剣にニコリともしないでやる馬鹿馬鹿しさ。先日パンダの故郷成都でこれを見て笑い転げていた時、この面白さと懐かしさは何なんだろうと考えてみたら、ドリフの「ひげダンス」と同じなんじゃないかと気がつきました。


読者の皆さんには是非、こんなお茶の文化からでも中国に触れていただけたらと願います。政府同士のやりとりを見ていると何かと白黒つけようとするばかりで、嫌になる日中関係ですが、我々庶民レベルの上では、中国はもっと身近で面白いところ。そうそう、白黒といえば、パンダの赤ちゃんは今年は残念な結果に終わりましたが、来年また生まれたら、「茶茶」なんていう名前はいかがでしょう?


にほんちゃ最後に、右の写真は、中国はじめ東南アジアで広く売られている「日本茶」。英語ではグリーンティーとありながら色は茶色。そしてレモン風味で10パーセント糖分カット、とまで書いてあります。えっ~!!と思わず叫んでしまう代物ですが、これが結構人気の飲み物。ま、僕たちも烏龍茶でも紅茶でも、同じようにカスタマイズしているんですから文句は言えませんねぇ。缶の紅茶なんて、ロンドン子が飲んだらなんと言うか...












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



スポンサーサイト

Category: 西方見聞録

Thread: 海外旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 4   

淡いグリーンの烏龍茶 

先週は2年半ぶりに北京を訪問したので、中国のお話を。


前にも書いた通り、中国は、仕事で行くようになるまで全く興味がない国でした。マイナスイメージが強かっただけでなく、上海はともかく、北京の位置さえよくわかっていなかったと記憶しています。ところが、何度も訪問したことで大好きになった面もいくつかあります。


その一番は中国茶です。


IMG_1148.jpg中国茶、というと、真っ先に浮かぶのは烏龍茶でしょう。僕が小学生の頃、サントリーや伊藤園が出したのが爆発的にヒットしたのを皮切りに、類似の製品が色んなメーカーから発売され、夏の冷たい麦茶に変わる飲み物として市民権を得ていったのだと思います。当時、僕の父も暑い夏にやたらと買ってきていたのを覚えていますが、僕はあの味があまり好きではなく、なんでこんなものが、という思いのまま、それ以外に選択肢がない場合に仕方なく口にする飲み物でした。


それが、初めて烏龍茶の故郷、福建省の一都市厦門(アモイ)を訪れた時に変わりました。仕事先との宴会で、最初に出てきた温かいお茶を飲んだ時、とてもよい香りと共に、上品な甘味と苦味がバランスよくあって、まるで日本茶のようでした。IMG_1143.jpgこれはおいしい、なんというお茶ですか、と尋ねたところ、え、日本人なのに知らないんですか、日本人が大好きな鉄観音ですよ、と。鉄観音って、サントリーの烏龍茶のCMにも出てくる、最高級茶葉でしょ?でもあれとは違って、目の前の鉄観音茶は茶色というよりはむしろ淡く緑がかった色をしているのですが。左の写真がそのお茶。どうです?


で、教えていただいたのが、茶葉を半発酵させて作る烏龍茶は、本来、新鮮ないいものになればなるほどグリーンが残っているものである、とか、鉄観音茶は広い意味で烏龍茶の一種ではあるけれども、烏龍茶とは切り離された、別個の高級茶葉のように扱われているのだとか、日本で発売されている烏龍茶は、缶の紅茶やコーヒーが本来の味とは違うように、中国にもともとなかった味なのだ、ということ。そういう情報ともども、目の前のお茶の味にすっかり感動した僕は、以来、行く先々で鉄観音茶や烏龍茶をいただくようになります。


面白いのは、中国にもサントリーの烏龍茶があり、色んなレストランで、青島ビールと並んで提供されています。IMG_1152.jpg逆輸入されたもので、本来の烏龍茶とは似ても似つかないものだけれど、これはこれでおいしい、ということのようです。ちなみに僕も、どういうわけか好きになり、今ではコンビニで食事にあわせて冷たい飲み物を買う時は緑茶の次に烏龍茶というほど。代わりに麦茶を全くといっていいほど飲まなくなりました、色んなメーカーが出しているようですが、やっぱりロングセラーのサントリー製品が一番かなぁ。にしてもサントリーは罪深いですね。文化をきちんとは伝えそびれているのに、他社の追随を許さない製品を確立して大儲けしてるんですから。


そんな鉄観音茶や烏龍茶ですが、もっと気に入っている中国茶があるのです。それは次回に。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category: 西方見聞録

Thread: 海外旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 2   

せせらぎを背に、ミヤマクワガタは飛ぶ 

梅雨の終わり、まだカブトムシの数が多くない今は、ミヤマクワガタ採りの絶好のシーズン。P1140253.jpg成田市周辺にはいないこのクワガタムシを捕まえに、今年もいつものフィールド、栃木県と茨城県の県境に広がるクヌギ林に行ってきました。実は、6月の末に1度訪れるも、例年はそこには少ないノコギリクワガタがなぜかチラホラ見られただけで空振り。先週末は怪しい雲行きの中目的地に着いたら土砂降りで万事休す。よって3度目の正直です。幸い、天気予報は晴れ、気温も上がりそう。出張帰りで貴重な休み、家でゆっくり休んでいたかった気持ちもあったのですが、ここを逃す手はないと、片道2時間半の遠出へ。


P1140256.jpg目的地は、栃木県の茂木町から茨城県の城里町にかけての那珂川沿い、紅葉の名所御前山付近です。関東髄一の清流として知られる那珂川水系は、水量が豊富、つまりそれだけ周辺の森林は潤っているということで、広大な里山に、関東平野では風前の灯となったミヤマクワガタがまだ多く生息しています。とはいえ見つけるのにはちょっとしたコツがあるみたいで、その証拠に、道の駅などで、結構なお値段がつけられ売られたりもしています。このブログにも「ミヤマクワガタ 捕まえ方」といったキーワードで訪ねて来て下さる方も多いのですが、採集のヒントはこちらにも詳しく書いてありますので、参考にしてみて下さい。


さてこのミヤマクワガタ。一番手っ取り早いのは夜、明かりに来ているのを拾うことかもしれませんが、特に関東では、このクワガタは日中にも盛んに活動します。それどころか、多種のクワガタがニッチの激しい奪い合いをしている山梨県あたりでは、ほぼ完全に昼行性だったりもするようです。僕のフィールドではそこまでではありませんが、P1140257.jpg昼夜関係なく活発に動くので、日帰りで明るいうちに採集することができます。まるで那珂川のせせらぎの音を楽しむかのように風の通る木の上の方にいるので、木槌でトントンと振動を伝えると、鳥の襲来から逃れる本能で落ちてきます。


落下してくるのは幹やある程度の太さの枝で樹液を吸っている虫。休んでいる虫は枝の葉の裏にいたりして、振動を伝えることが難しいので反応しないのです。そんなことを息子に説明しながら採集していた最中、嫁さんが林内の道をまさに飛んでいる♂を発見。流石、我が妻。P1140267.jpgP1140266.jpg上の写真は、それが近くの竹林脇の木の枝に止まった直後。長い足を折り畳んで器用に捕まっていますが、こういうのが木を蹴っても揺らしてもまず落ちて来ないやつです。で、ショーゴに、さあ1人で採ってみてごらん、と問いかけたら、右のように長い木の枝を拾ってきて、つつき落として捕獲しました。


満面の笑み。P1140270.jpg自力で捕まえる、というのは、相手がたとえ虫でもこの上なく嬉しく思うのは、男子の狩猟本能の成せる業なんでしょう。こうして捕まえたうち、息子達のお友達へのプレゼントと我が家で飼うのを含めた10数匹をお持ち帰り。ちなみに今回は、息子達が木槌を持って来るのを忘れたため、僕が蹴るしかなく、100本以上を蹴った右足が、とても痛い。汗も滝のように吹き出し、お茶をリットル単位で飲みました。


帰りは、いつもと違う温泉、『ごぜんやま温泉保養センター 四季彩館』へ。運良く16時から半額で、汗だらけだったのが嘘のようにさっぱりとして帰宅しました。たかが昆虫採集ですが、気持ちよく汗をかき、夏らしい良い1日になりました。














blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

柑橘はるか、再生なるか? 

6年目に入った我が家の庭。果樹を固めている一角は、ブルーベリー以外、今なお収穫に至りません。


とりわけプラムは、去年から花の数は増えてきて30以上咲くようになったものの、剪定が強すぎるのか、葉を茂らす窒素分が多すぎるのか、あるいはまだ若くて受粉する力が弱いのか、梅の花粉を複数回つけても受粉に至るのは1/3程度。P1130877.jpgP1080406.jpgしかも小さな緑の実が出来始めても、その後次から次へと落果してしまい、右の写真のようにそれなりに大きくなるのは1つ、2つがせいぜい。そして去年も今年もあと少し、というところまできながら、熟することなく落ちてしまいました。今年は季節外れの台風さえ来なかったら...


もっと駄目なのが、3年前に植えた柑橘「はるか」2年前に「花が咲いた」と喜んだのもつかの間、その後アゲハの幼虫にあっという間に丸坊主にされて以降、病気にでもなったのか元気がなくなり、去年は巻き返しを図って思い切った強剪定をしたものの、裏目に出たのか芽吹いてもすぐに萎れてしまう始末で、こちらのやる気もすっかり失せてしまいました。


P1140111.jpgで、今年になって完全に枯れたように見え、そのうち引っこ抜けばいいやと、ハーブコーナーのタイムが伸び、勢いよく取り囲むようになっても放置していたのです。そして昨日、そろそろ処分しようかと思いながら近寄った時、見つけてしまいました。木のかなり下の方から、去年は見せてくれなかった濃い緑の枝が1本、案外スクスクと育っているではありませんか。


P1140125.jpgそれを見て方針変更。もう一度チャンスをあげようと、周りのタイムを刈り込み、日光が十分当たるようにしてみたのが左の写真。綺麗にしてみたら、さらにもっと根本に近いところからも小さな枝が伸び始めたところなのもわかります。


P1140128.jpg幹には健康な柑橘類がもつ棘がなく、枝もかろうじてあるだけですが、果たして、ここからの再生はあるのでしょうか。どうせ今から何かを植えてもおいしい果実にありつけるにはまた数年かかるので、すでに3年を過ごしているこの木に賭けてみようと思います。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!


Category:

Thread: ナチュラルスタイル

Janre: ライフ

tb 0 : cm 0