04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

初めての船釣り 

ゴールデンウィーク明けの初夏。外で何かをするには最高の季節ですが、夏の茸や虫採りにはまだ早すぎ、我が家では特に決まった行事はありません。庭の草むしりや害虫退治をしたり、潮がよくなければまず釣果は望めない九十九里へ行ったり、と、その時その時でなんとなく過ごしてしまい、消化不良のイライラとあっという間に時が過ぎる焦燥感とに悩まされるのがお約束です。


それが、どうやら今後はそんな5月を過ごさなくてよくなりそうな遊びを、大学時代の友達に教えてもらいました。船釣りです。今までずっとやってみたかったものの、いきなり自分だけで行くのは気がひけていたところ、後輩の1人が誘ってくれ、仲間も募っての釣り大会と相成ったのです。


出船の場所は川崎。成田からは車で順調でも1時間ちょっと。う~ん、運転が特に好きなわけではなく、しかも休日は朝ゆっくり寝ていたい僕にはちょっと辛いドライブですが、友人達もあちこちから集まるし、また、船釣り唯一の経験者の後輩君は横浜市南部の、それこそ船を沖に出せばすぐ釣れる場所からわざわざ北上してきてくれるので我慢。ショーゴと朝4時台に起き、5時前に出発、船宿には無事6時過ぎ到着。


釣り自体久しくしていないという友人達も多い上、僕も船に乗れればなんでもよかったので、狙うのは、ビギナーにぴったりのライトタックルでのアジ。道具は救命具と長靴そしてクーラーボックスは持参したものの、肝心のタックルはレンタルにしました。というのは、僕の持っているロッドは外房用の長い長い投げ竿で、リールも当然スピニングリール。短い竿に両軸リールのセットで釣る船では全く使いようがないから。一式レンタルなんて格好が悪いなとも思いましたが、行ってみて驚きました。僕らのチームだけでなく、ほとんどのお客さんがレンタルしているのです。それもタックルだけでなく、救命胴衣に長靴まで借りていました。さらに船宿さんもそれが当然という対応ぶりで、イメージとは違ってれっきとしたサービス業。案外敷居は低いんですねぇ。手ぶらでも大丈夫なスキーと同じ。ま、流石に口調だけは海の男達って感じでぶっきらぼうでしたけれど。


150729_237060679735893_100002958882791_411933_28953690_n.jpg船のどこに陣取るのか、「釣座」も大事な要素のようですが、こちらは釣りさえできればいいのでどうでもよく、船長さんに促されるままに座りました。乗船証と引き換えに、仕掛けとコマセ、付け餌のアオイソメが配られました。それも料金に入っているのは知らなかった。半日で6000円て、案外お得じゃないかなんて思いながら、いざ出発!


IMG_0995.jpg船は快晴の東京湾を4、50分かけて南下、横須賀市の猿島沖へ。さあ初めて下さい、と言われてショーゴと友人の仕掛けをセットしてあげ、いざ自分も始めようとすると、その前にいきなりおまつり。それをほどくのに苦労し、なかなか釣りへたどり着けません。やっとほどけたと喜ぶ側から、ショーゴがことごとく他のお客さんに糸を絡めてしまいます。潮が流れているから止めない限り糸はどんどん出て緩んでしまう、それがいけないとわかって、重りが底についたら撒き餌を出しながら少し巻け、そして糸は常にピンと張れとレクチャーするも、ちょっと鈍いショーゴは、なかなか理解してくれません。おまけにこちらの苦労も気にしないで、キス、カサゴ、と底にいる魚を釣り上げて大喜び。それを釣っている限り、おまつりの可能性が高いのだ、狙いはもっと上だ、と怒る父。釣れているのに怒られベソをかくショーゴ。わかってくれよ~、君がそうしている限り、お父さんは釣りにならないのだ。


IMG_0992.jpgという親子喧嘩でほとんどの時間を使ってしまった気もするのですが、それでもやっぱり陸っぱりの釣りとは違いますねぇ。人生初のマアジはもちろん、イシモチ(シログチ)にキス、鰯まで小気味よいリズムで釣れました。ショーゴも最後の1時間を切ってから、ようやく僕の言っていることと思いを理解したのか素直になり、その途端、アジが。生簀で魚釣りしているようなもので、おまつりさえしなければ、クーラーボックス一杯にするのもわけないな、という感じでした。うん、釣れないのがわかっていても糸を垂らし、結局は波が寄せて返すのをただ眺めて帰ってくるばかりの陸っぱりより、ずっと楽しい!もっとも親子で釣った数は14匹だけでしたが。


IMG_0997_2.jpgその夜はお魚尽くしに。ちょっと大きかったイシモチとアジは、素人のなんちゃって姿造りに、IMG_1013.jpg他のアジは塩焼き、キスは小麦粉付けて丸揚げ、カサゴと鰯は味噌汁にして戴きました。自分達で釣った魚は、自分達で育てた野菜と同じく、なんということもない出来ながら、やっぱりとてもおいしかったです。きちんとさばけるか心配と言っていた友人達も、それなりに味わえたみたいでよかった、よかった。何匹かは惨殺体になってしまったのでしょうけれど。


今度は、1人で静かに、お腹いっぱいになるまでやってみたいです。刺身で食べておいしく、アラがまたたまらなくいい味を出す根魚、大きなカサゴや、マゴチなんかが釣りたいなぁ。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!



スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 釣り

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ヨシノボリは突然に 

ショーゴとカンタは、僕がそうであったように、生き物を捕まえてきては飼育する少年になってきています。P1120212.jpgもっとも、都会育ちの僕は、アメリカザリガニやクロヤマアリ、テントウムシといった本当に身近な誰もが知っているものを飼うしかありませんでしたが、自然豊かな成田で成長してる息子達とそのお友達は、時に近所の、護岸はしっかり工事されてしまった、僕にはとても入れないどぶ川にまで入り込み、もっとマニアックな生物を採集してきます。


P1130271.jpgP1130317_20120513210655.jpgその宝石が詰まっているのがこの水槽。水面にはメダカ、中層にタモロコ、底にはヌマエビがいます。メダカはもちろん買ってきたヒメダカではなく、天然のメダカ。そう、成田市周辺には、まだメダカがちゃんと生息しているのです。タモロコはメダカよりずっと大きく、捕まえるのも難しいのだそうで、これを採集すると、ショーゴは得意気です。ヌマエビは草の下の方を網で揺すると入って来るので簡単だとか。でも透き通った体で水底や草の上を這う姿にはとても癒され、水槽には必ず入っています。


P1130257.jpgそしてもうひとつ、僕も彼らが捕まえるまで知らなかった魚が。ハゼの一種、ヨシノボリです。去年ショーゴが、川でハゼを捕った、と初めて報告してきた時はとてもびっくりしました。気水域を好むハゼとはいえ、我が家そばの川は、河口まで30キロ以上あり、いくらなんでもいるわけがないと思ったのです。が、見せてくれた魚は確かにハゼ。で、図鑑を開いてみたら、淡水だけに住む小さなハゼというのがいるんですねぇ。ショーゴのお陰で知った魚です。ちなみに、この記事のタイトルは、あの日、あの時、あの場所で、会えなかったら、という意味を込めてみました。


1年を通し、死んで減っては捕まえてきて増えを繰り返しているこの水槽を、僕は導入当初のセットや、水質の悪化等への助言こそすれほとんど触ることなく、気にも留めずにいるのですが、ここへ来てさらに驚きの知らせが。ヨシノボリが卵を産んだ、というのです。しかもそれを親が必死に守っていると。


P1130215.jpg覗いてみると、確かに1匹のヨシノボリが潜む岩の裏側に、無数の卵らしきものが。しかも、モロコもエビも、隙あらばと岩場の周りをうろついており、それをヨシノボリが必死に追い払っていました。この親は、体が鮮やかに青みがかっていて、どうも♂のよう。調べてみると、やはり、産卵後に卵を守るのは♂とありました。


P1130302.jpgP1130303.jpg水槽の魚というのは、なんとも言いようのない魅力があり、しばらく飽かず見惚れました。この♂は、この岩場にいながら、たまに尾を振り、卵に新鮮な水があたるようにしているようでした。また、ちょっと餌をとりに留守にすると途端に敵がやってくるのですが、すぐさま戻ってきて、体の割に大きな口を開けて威嚇していました。実にたいした父親ぶりです。


P1130318.jpgちなみにその頃♀はというと、右の写真。産卵してすっかりスリムになっていますが、特に弱った風でもなく、また卵を気にするでもなく、砂底でのんびりしています。♀は産みっぱなしで何もしないようです。ああ、ヨシノボリに生まれなくてよかった。


淡水魚に詳しく、琵琶湖の固有種を外来魚から守ろうという運動をしている友人の「琵琶湖を戻す会」代表の高田昌彦さんに聞いたところ、ヨシノボリが狭い水槽での飼育下で産卵するのはそうあることではないんだそう。ま、水質や温度、岩の環境がたまたまうまく揃ったのでしょう。数日中にふ化するようです。といっても息子達にそれを育てるのは無理で、放っておけば、モロコやエビに片っ端から食べられてしまうのでしょうが、少しでも救出してあげて、もといた川に放そうと話しています。











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4