06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

成田発 It's My Style!

千葉県成田市から、毎日を楽しく豊かに上々にする僕なりのスタイルを、広く世に問う!(大袈裟なw)

 

ミンミンゼミの羽化 

昨夏に予告したミンミンゼミの話。今日はまず、羽化の様子を。


P1080684.jpg成田の我が家の近くに、ミンミンゼミがピンポイントで発生するケヤキの大木があります。昨夜7時過ぎ、その根本に羽化のために歩き出しているのを探しに行ったら、いましたいました、全身緑がかった、ミンミンゼミの♂の幼虫。持ち帰ってクワガタ飼育用のクヌギの木に掴まらせたのですが、羽化場所として気に入らないようで、徘徊すること2時間半。その間、同時に捕まえて来たアブラゼミの幼虫は同じタイプの木ですんなり成虫になったので、もしかしてこの幼虫は、成虫になれない個体なのかとやきもきしましたが、爪がよりひっかかるウレタン素材に掴まらせたらようやく落ち着き、22時過ぎ、羽化開始。


P1080700.jpgP1080704.jpgP1080709.jpgP1080714.jpgP1080715.jpgP1080717.jpgP1080719.jpgP1080721.jpg














前半終了。ここで逆さになったまま10分くらい間を置きます。セミの羽化で一番の難関は、最初の胸が割れる所ではないかと感じています。というのも、林の中でよく、頭が出るところまでいかず、固まって死んでいる個体を見かけることがあるのです。黄緑に金粉をまぶした涼しげで高貴なコントラストが、流石ミンミンゼミですねぇ。


P1080729.jpgP1080732.jpgP1080734.jpgP1080737.jpgP1080741.jpgP1080745.jpgP1080748.jpgP1080756.jpg














畳まれていた時に白っぽかった羽は、伸ばし始めると透明に。そして4時間後にはもう、最後の写真のように綺麗に仕上がり、地震に驚いて飛んでいました。そして、羽化から半日後、手で捕まえたら「ギュッ」とひと鳴き。庭の木に止まらせたところすぐに元気よく飛び去っていきました。


P1080763.jpg手元に残ったミンミンゼミとアブラゼミの抜け殻。大きさはほとんど同じですが、見比べると両種の違いがよくわかります。左側がミンミンゼミ右側がアブラゼミです。まず、若干全体の色が異なります。アブラゼミの方が褐色が強くややギラギラしています。そして、腹部ミンミンゼミは丸くふといのに対し、アブラゼミはやや細長くなっています。これは成虫と同じ特徴です。


P1080768.jpgP1080767.jpg顔も違います。左側のミンミンゼミは泥のついた鼻の部分が大きく丸いのに対し、右側のアブラゼミは正面がまっすぐ。そして触覚の節が均等に並ぶミンミンゼミに、体から第3節目が長く全体的に毛深いアブラゼミ。


我が家の周辺ではアブラゼミの方が圧倒的に多く、見つかる大きな抜け殻はほとんどがアブラゼミ。ところが、不思議なことに、今回ミンミンゼミの幼虫を見つけた木の周辺だけではミンミンゼミが優勢です。実はミンミンゼミは、身近にいながら好みの生息場所がよくわからないセミでもあります。いや、むしろ身近にいるからこそわからないことが表に出やすいのかもしれませんが、次回はそれについて。












blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!








スポンサーサイト

Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

待つことも大事 

「あっ!、でっかいカブトムシっ!あれ採りたいよっ~!」


見上げると太いクヌギの木の7、8mくらいの高さのところに、大きなカブトムシの♂が。蹴ってもダメ、長い枝でも届かず。カブトムシなんかいつでも採れるじゃん、と言う僕の声には耳を貸さず、ショーゴもカンタもいつまでも諦めません。都会育ちの僕と違い、毎日恵まれた自然の中で遊んでいるくせに、見つけた獲物は何が何でも手にしてみたいようです。男の子の狩猟本能なのかな。



P1080501.jpgと、そのカブトムシ、陽射しが眩しくなってきたのか、突然木をゆっくり下り始めました。







P1080502.jpgもう少し、もう少し。我慢、我慢。カンタ、静かにっ!気づかれちゃうよ






P1080503.jpgほうら、届いた、やったぜっ!






P1080504.jpgねぇ、パパ、待つことも大事なんだねぇ!





場所はいつも行く栃木県茂木町の山。目的はカブトムシではなくミヤマクワガタの採集で、10匹程捕まえました。うち半分を持ち帰り。ただ、今年はどうも大型のクワガタが少ないように感じます。ミヤマクワガタは死骸含めても2週前同様、中型までばかりでした。いつもだとカブトムシがどっと出て来る今の時期には、そのカブトムシと互角に戦える大きくて勇敢な♂が姿を現すのですが。P1080517.jpg成田の家の周りのノコギリクワガタも小さめの個体しか見ていません。ミヤマもノコも、今年の春ではなく去年の夏に地中で羽化し、1年近く休眠してから外に出て来るので、あるいは昨夏の酷暑が影響しているのかも。大きな個体程、温度変化による羽化までの死亡リスクも高いので。もっとも地温はそうは変わらないとも思うので、本当のところはわかりません。代わりに丸々太ったカブトムシをたくさん見ました。カブトムシは去年の夏に卵から孵り、晩秋までにどこまで大きく成長するかが大事なので、あの暑さがプラスに働いたのかもしれません。クヌギの切り株から生えたひこばえには、ご覧のようなカップルが鈴なりでした。


たかが昆虫採集、されど昆虫採集。子供にも大人にも、色んなことを教えてくれたり考えさせてくれます。いやぁ、しかし暑かった!











blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!







Category: 自然探索

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

2011 今治の夏 ~お気に入りは今治のキビレ~ 

成田は今日、平年より10日以上早く梅雨が明けました!


それを祝福するかのように、嬉しい通知が我が家に。P1080463 - ハ#12441;ーシ#12441;ョン 4第2回日本さかな検定、愛称「ととけん」に、父子で合格です。ショーゴは3級、そして僕は2級も受かりました。(写真左は僕の、右はショーゴの合格通知)ショーゴは、72点で、順位では1218人中1006位ですが、まぁ、大人に交じってでのこの成績ですから誉めてあげていいでしょう。むしろ9歳での「ととけん」3級合格は、最年少記録に結構近いのではないかと。P1080462.jpgP1080461.jpgP1080460.jpg僕はというと、3級は97点、ランキング34位、2級でも85点で187位と、父の威厳を保つには十分なまずまずの結果に。正直言うと、3級は息子のためにも自分のためにも満点をとりたかったなぁ、とちょっと残念な気も。来年は、ショーゴはちょっと難しいかなぁと思うけれど2級に、僕は2級合格で有資格者となった1級にチャレンジ!。


P1080470 - ハ#12441;ーシ#12441;ョン 2合格者には名刺を作れるという特典があり、早速申し込み。名刺には、お気に入りの魚や魚料理を記載することができるのですが、ショーゴはそこに「今治のキビレ」と入れました。生まれて初めて自分で釣った魚だから思い入れがあるのでしょう。名刺を渡した相手の大人が、キビレって何?という反応するのが、今からちょっとワクワクします。僕の名刺も彼に習って、もらった相手が一瞬固まるものと考え、「瀬戸内のホゴ」に。瀬戸内海の夏のホゴは、生でも煮ても焼いても、汁にしても実においしいですよねぇ~って、ホゴってなんの魚かわかりますか?


僕らが「ととけん」を受け、合格するに至ったのは、言うまでもなく今治の夏のお陰。今年ももうすぐ、あの大事な時間がやってきます。大げさにいえば、陸、海、空、すべてで楽しむ至福の時が、もう楽しみで楽しみで。ショーゴもカンタも、子供の頃から僕がそうだったように、半年以上前、いえ、去年の秋から指折り数えて待ち焦がれています。


yunoura2011flyer.jpgそんな僕らの強い味方が、自然案内のスペシャリスト、をかしやのまろさん&たまさん。今年も、僕の愛する今治市湯ノ浦で自然体験プログラムを開催してくれます。「がんばらんでかまんのよ~」(がんばらなくていいんですよ~)って、いまばりのゆるキャラバリィさんも応援。自然のものを活用して遊ぶのに、夏休み程いい時はなく、僕はそれができる親子でいたいと思うのですが、プロが見せてくれる自然遊びは、ひと味もふた味も違います。僕なんか、毎年参加してるのに、ほぅ、とか、へぇ、ばかり言っています。ちなみに子供向けのようでいて、大人が感動してしまう、そんなプログラムです。夏をどう遊んでいいか迷っている皆さん、今治にいらっしゃいませんか?


そうそう、まろさんは、この1年で全国ネットのTVにも出る今治の名士になってしまったし、たまさんは、産後半年経ってないから講師はできないでしょうし、もしかして、僕らの行く日に定員オーバーになったらどうしよう、なんて心配もしています。ま、その時には、人数超過分のお手伝いはするので、どうかよろしくお願いします、まろさん。特に、「おもいっきり釣り!」はなんとしても。


をかしやさんのサイト今治湯ノ浦ハイツのサイトも是非見てみて下さい。また、去年までの様子は当ブログの「ようこそ今治へ」に詳しく書いてあります。


さて、キビレとホゴは釣れるんかいねぇ~?


banner2.jpg







blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!





Category: ようこそ今治へ

Thread: 香川・愛媛・高知・徳島

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 4   

ムラサキヤマドリタケ、ついに現る! 

7月。茸もクワガタもシーズンに入り、家の周りの散策では飽き足らない季節に。例年通り、北関東の雑木林に行って来ました。震災以来、初の遠出です。決して意識的に自粛していたわけではなく、ただ、被災地域のこと、余震のこと、原発のこと、仕事のことなどを考える日々の中、なんとなくそういう気分になれず、休みは家で過ごすように。そうしているうちに、僕も息子達も大好きな夏に突入してしまい、ようやくちょっと出るか、と。


P1080424.jpg向かった先は、勝手知ったる栃木県の益子町から茂木町にかけてです。右は益子町から宇都宮方面の眺め。西は日光連山、東は八溝山地に囲まれ、中央に鬼怒川が通っています。広大なクヌギ林が広がる上、雷雲の発生場所で毎日のように夕立があるので、自然がもの凄く豊か、茸採りにもクワガタ採りにももってこいの場所です。ちなみにご覧の平野部ではノコギリクワガタが優先種で、ここから山間部に入り、林が常に潤っているような環境になると、ミヤマクワガタばかりになります。その境目にある益子町は、林によって捕まえられるクワガタが変わる、とても面白い場所です。


成田から稲敷IC経由で車を走らすこと2時間、北関東道の桜川筑西ICで降りて益子町へ。自宅周辺では声を聴き始めたばかりのニイニイゼミが合唱する中、怖い怖いオオスズメバチに混じってノコギリクワガタがすでに何匹も見られました。成田ではまだ少ししか発生していないノコギリクワガタも、競争の激しいここでは6月早々に出て来て今からが最盛期です。もっとも、♂が目立ちましたので、今年はちょっと遅れ気味とみました。


P1080421.jpgP1080432.jpgクワガタ採りと共に、茸採りもするので忙しい我が家。益子の山で、不意に目に飛び込んで来たのは、傘がクリーム色の大きな茸。柄を見た瞬間、あっ!と声が出ました。紫の編目タイツは、疑いようもなく、念願のムラサキヤマドリタケです!去年はこの茸を採取するのを最大の目標に掲げながら、溶けかかりの老菌を見つけただけ。秋になって立派なのを2つ頂戴して食することこそ達成したので、今年こそ自分達の力で、と願った矢先、あっけなく穫れてしまいました。おいしいフレンチ食材、ヤマドリタケの仲間のうちで、これだけはっきりと見分けができる種類はないでしょう。しかも東アジア圏固有種だそうで、ポルチーニ/セップ茸の本場ヨーロッパの人々の知らない美味、とでもいえるのが、ちょっと嬉しく贔屓にしたい茸です。


P1080447.jpgP1080436.jpg1本出ると次は続けて、とまるで野球選手のヒットのように、その後林を移動しても、ムラサキヤマドリタケを発見。生憎傷み出していて採取はできませんでしたが、去年まで見つからなかった場所で3本、合計4本を見ることに。対して期待していた他の茸は、まだ寂しい状況で、タマゴタケも写真のを含めたった3本。ヤマドリタケモドキはゼロ。ムラサキヤマドリタケが最も普通種です、とばかりに目につきました。あるいは当たり年なのでしょうか。


P1080435.jpg益子の山、そして茂木の山にはミヤマクワガタもいました。こちらも♂ばかり、しかも小型が多かったところを見ると、発生はやや遅れているような感じがします。いつも樹液を巡って喧嘩をしているシーンでも撮影したいと思っているのですが、僕のフィールドは背の高い木が生い茂った林なので、なかなかそういう機会がありません。そんな中、昨日は、足元のひこばえの葉陰で休む♂をショーゴがめざとく発見してくれました。う~ん、いつ見てもこの姿、かっこいい!自然が織りなす最高の造形美だと僕は思うのですが、いかがでしょう。


大汗をかいた後は、温泉に限ります。去年書いた栃木県の真岡井頭温泉もいいですが、今回は、茂木町から車で30分弱の、茨城県城里町の「ホロルの湯」へ。公共の日帰り温泉施設です。周りは雑木林に囲まれ、キャンプ場も併設されているので、いずれ泊まってみたいなぁ、とも思っている所です。僕らは温水プールで泳ぎ、ジャグジーで体をほぐし、温泉で汗を流して、すっきりとして帰路へ。水戸ICから2時間かからず帰って来ました。とても充実した日帰り小旅行でした。今日はへばって1日寝てましたが。


「ホロルの湯」の割引券はこちらをどうぞ。










blogram投票ボタンにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ



色々なブログランキングに参加しています。もし記事が面白かったら、上の投票ボタン各種か、下の「拍手」をクリックしていただけたら嬉しいです!




Category:

Thread: 散策・自然観察

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2